人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ 3枚目の写真・画像

『サイレントヒル』や『零』などの日本のホラーゲームに影響を受けたインドネシアのホラーゲーム『DreadOut』。そんな本作の開発チームが手がけるVRホラーゲーム『DreadEye』が、VRゲームを公開するサービス「WEARVR」にて無料公開されています。

ゲームビジネス VR
【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ
【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 人気FPSチームのスポンサーや新型ディスプレイを続々発売 ― 積極的にゲーミングに取り組むBenQインタビュー

    人気FPSチームのスポンサーや新型ディスプレイを続々発売 ― 積極的にゲーミングに取り組むBenQインタビュー

  4. 遂に日本上陸!タッチペンでプレイできる携帯ゲーム機「GP2X」シリーズが10月26日発売決定

  5. ドワンゴ、MAGES.を子会社化 ― 意思決定の迅速化やグループシナジー効果の一層の強化を図るため

  6. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  7. 【昨日の人気記事チェック】任天堂、7月のバーチャルコンソール配信タイトルを公開(6月29日)

  8. 【CEDEC 2010】「意見の9割は“つまらない”というものだった」-大ヒット作『怪盗ロワイヤル』開発秘話

  9. 【BEST OF TGS AWARD 2013】激戦のFPS/TPS部門は『ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー』

  10. 【CEDEC 2010】『ファイナルファンタジー14』のアニメーション制作事例

アクセスランキングをもっと見る