人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC2012】「音の見える化」作業効率の向上と、今後の課題~バンダイナムコ「NUSound」の事例 8枚目の写真・画像

バンダイナムコスタジオの社内サウンドフレームワークシステム「NUSound 3.0」。CEDEC2012、3日目に開発チームの黒畑喜弘氏と中西哲一氏により「システムのもたらした効率化と、今後の課題について」のセッションが行われました。

ゲームビジネス その他
【CEDEC2012】「音の見える化」作業効率の向上と、今後の課題~バンダイナムコ「NUSound」の事例
【CEDEC2012】「音の見える化」作業効率の向上と、今後の課題~バンダイナムコ「NUSound」の事例

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

    ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  2. モンハンを愛するアーティスト達が集結!CDが発売決定

    モンハンを愛するアーティスト達が集結!CDが発売決定

  3. はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

    はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

  4. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  5. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  6. 【MSM2009】ソフトウェア開発におけるカラーユニバーサルデザインの重要性

  7. 体験型エンタテインメントの市場を広げる方法とは?事例から探る SIG-ARG04レポート

  8. 英国任天堂が1000万ユーロのキャンペーンを開催

  9. セキュリティのG Data、PSNからの個人情報流出を受け今後の対策などを発表

  10. サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

アクセスランキングをもっと見る