人生にゲームをプラスするメディア

『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意

「バーバラ」「ノエル」「重雲」「ベネット」とデートができるんです!ただし、ハッピーエンドもあればバットエンドもあるかも?

ソニー PS4
『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意
  • 『原神』お、おい、バーバラとの距離が…!願望的コンテンツ「デートイベント」が実装決定―まずは4名の個別シナリオを用意

miHoYoが手掛けるPC/PS4/スマホ向けオープンワールドRPG『原神』。本作が3月17日に配信するVer.1.4アップデート「風花の招待」にて、新コンテンツ「デートイベント」が実装される予定です。

3月6日に発信された公式発表によると、この「デートイベント」では、特定のプレイアブルキャラクターによる個別シナリオを楽しめるとのこと。似たコンテンツと言える「伝説任務」に対し、こちらはキャラクター個人をよりピックアップ。併せて公開中の「先出し動画」では、普段と異なる“選択肢のUI”や“好感度らしきハートマーク”の存在も確認できます。なんだか恋愛ゲームみたいな雰囲気ですね。


なお、この「デートイベント」は常設コンテンツとなる予定で、第1弾では「バーバラ」「ノエル」「重雲」「ベネット」に個別シナリオが用意されます。各キャラクターのスクリーンショットも公開されており、重雲が子供に懐かれているのを微笑ましげに眺める旅人、ベネットと冒険に出かける旅人、ノエルと勉学に励む旅人、バーバラと仲睦まじく散歩する旅人……ちょっと最後!見せつけちゃって!もう!


Ver.1.4予告PV「風花の招待」でも、デートイベントの一端が紹介されています。ベネットは「冒険だ、冒険!」と大喜び。ただ前述のスクリーンショットから推察するに、その不運体質ゆえか大雨に見舞われるみたいですね。


「もしお邪魔でなければ、ご指導いただけませんでしょうか」とノエル。動画やスクリーンショットでの一コマを見るに、旅人から騎士のなんたるかを学んでいるのでしょうか。それにしても2人っきりで勉強とは、旅人も隅に置けませんね(パイモン?知らないなぁ……)。


重雲は子供の前で「息苦しい…」と一言。肝試し大会も関わってくるようです。現状の情報では不明な点が多いですが、アイスを食べて「ふぅー。生き返った」と言っている姿が可愛いのでオールOK。


そしてスクリーンショットでは露骨なまでにデートを表していたバーバラ。「ジン」とのツーショット写真を眺めながら、「自分で言うのも恥ずかしいんだけど…」とどこか悩ましげ。映像では誰から隠れているのかも気になりますね。



ところでご紹介し本コンテンツは「伝説任務」画面の横に追加されるようで、「伝説任務」開放に必要な「伝説の鍵」が同画面にも表示されていることから、同じアイテムが開放条件として必要になるのかもしれません。キャラクターごとに「達成したエンディング:0/6」といった表示も見られるので、恋愛ゲームのような選択肢分岐がありそうですね。実際にシナリオルートらしき画面も見られます。

関連記事:『原神』Ver.1.4「風花の招待」予告PV公開―モンドの祭典「ウィンドブルーム祭」開幕!メインストーリー「魔神任務」もついに更新
期待が高まるデートイベントは、3月17日配信のVer.1.4アップデート「風花の招待」にて追加予定。同アップデートでは、この他にも様々な催しが行われます。別途記事にてアップデート内容をまとめていますので、こちらも合わせてご確認ください。
《茶っプリン》
茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

    にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

  2. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

    「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  3. PS5所持者は「PS Plus コレクション」も要チェック!『モンハン』『ブラボ』等のPS4名作19タイトルがより快適&追加費用なしで遊べるぞ

    PS5所持者は「PS Plus コレクション」も要チェック!『モンハン』『ブラボ』等のPS4名作19タイトルがより快適&追加費用なしで遊べるぞ

  4. 女性ファンから見る『龍が如く』の魅力ー「お母さん視点、桐生ちゃんはもう息子みたいな感じ」【龍好き女子座談会】

  5. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  6. 『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

  7. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  8. 『P3D』&『P5D』の収録曲が発表!―ダンススタイルがわかるキャラクター情報も!

  9. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  10. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

アクセスランキングをもっと見る