人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】

アルバトリオンに初戦で敗れたハンターは約86%……「最強の古龍」は伊達じゃない!

ソニー PS4
『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】
  • 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオンの初見クリア率は約11%! 初戦の狩猟結果&先駆者たちのアドバイスを紹介【読者アンケート】

インサイドでは、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に実装されたばかりの第4弾追加モンスター「煌黒龍 アルバトリオン」に関して、「アルバトリオンに初見で挑んだ結果はどうだった?」という読者アンケートを実施していました。

アルバトリオンは、『モンスターハンター3』で初登場した「最強の古龍」と称される強力なモンスターであり、「存在するだけで天災を起こす」と言われるほどの実力を持っています。シリーズを通してもトップクラスの強敵であるアルバトリオンに、最も討伐難度の高まる「初戦」で勝てたハンターはいたのか? 結果発表です!

初見クリア率は約11%! 「アルバトリオンに初見で挑んだ結果はどうだった?」結果発表


今回のアンケートでは146名のハンターから回答をいただきましたが、その中で「一度も力尽きずに討伐!我こそがモンスターハンター!」が4.1%、「何度か力尽きたけど、勝利!」が6.8%と、初見でのクエストクリアに至ったのはわずか10.9%でした。

惜しくも敗れてしまった「見事に散りました。半端ねぇよ、あいつ…。」は85.6%、残りの無回答が3.4%。アルバトリオンとの初戦ではほとんどのハンターが敗北しています。


アルバトリオンの必殺技とも言える「エスカトンジャッジメント」が猛威を振るっており、マルチプレイで挑んだハンターたちを一撃でクエスト失敗にする様子がTwitterなどで話題になっていました。

この大技は「属性ダメージをアルバトリオンに与えていくと弱体化できる」という仕組みでしたが、アルバトリオンの動きに慣れていない初戦では攻撃のチャンスも減るため、弱体化できないまま受けるパターンが多かったようです。

また、弱体化できたとしてもダメージは確定で受けるうえ、なんらかの回復を行わなければ倒れてしまうようですね。初見でこれらに即対応できるのは限られたハンターのみでしょう。


見事初見で勝利した「何度か力尽きたけど、勝利!」の6.8%、そして、エスカトンジャッジメントを1発目から攻略してみせた「一度も力尽きずに討伐!我こそがモンスターハンター!」の4.1%には、大きな拍手を贈りたくなりますね。おめでとうございます!

先駆者たちによるアルバトリオン戦のアドバイスを紹介!



今回のアンケートでは、あわせて「これからアルバトリオンに挑むハンターへ向けたアドバイス」も募集していました。寄せられたアドバイスの中でも特に多かったのが、「持っていく武器の属性を意識すること」です。

エスカトンジャッジメントを凌ぐためには、前述した通り属性ダメージを与えて弱体化させる必要があります。そのため、状態異常系や無属性の武器は論外とされているほか、火力よりも属性値を重視した方が良いというアドバイスもありました。

属性は氷、炎が良い!爆破とかの状態異常はダメだありゃ。
大事なのは属性値だ。火力じゃない。


なお、アルバトリオンが行う属性変化は「炎活性状態」「氷活性状態」「龍活性状態」の3つですので、炎活性時によく効く氷属性、氷活性時によく効く火属性、どの状態にもある程度は効く龍属性の武器がオススメされています。龍属性やられ対策のために「属性やられ耐性」を忘れずにとのこと。

また、アドバイスによると龍活性状態中にできる「角の部位破壊」を行えば、アルバトリオンの属性変化を抑制できるそうです。通常は「炎→龍→氷」ですが、角を破壊すれば「炎→龍→炎」と同じ属性を繰り返すので、1つの属性武器で攻めやすくなるんだとか。

頭の角を破壊して、即死攻撃はアステラジャーキーを持っていって!あとは慣れ!
属性やられ耐性つけてきて!

攻撃面以外では、エスカトンジャッジメントの回復手段として「アステラジャーキー」と「癒しの煙筒」がオススメされています。マルチプレイ時には、全員で集合して「癒しの煙筒」を設置すればやり過ごせるとのこと。

アステラジャーキーは友達
1段階でもいいので属性抑制は必須です! そのあとは4人固まって癒しの煙筒を置けばエスカトンジャッジメントもやり過ごせます!

ソロプレイ/マルチプレイでの挑戦に関しては、マルチプレイを進める声が多いです。ただし、ソロの方が狩りやすいという声もあります。マルチプレイでは、エスカトンジャッジメントの対処を失敗すれば1発でゲームオーバーという危険性も秘めていますので、意思疎通のとれない野良パーティーだと事故が怖いですね。

自身の無いハンターさんはマルチ必須(知り合い推奨)
マルチよりもソロで物理ゴリ押し(エスカトンは死ぬ前提)やった方が勝てます。

この他にも、アルバトリオンの攻撃に対するアドバイスや応援の声が寄せられています。これからアルバトリオンに挑戦予定のハンターは、これらのアドバイスを参考に初戦クリアを目指してみてはいかがでしょうか。

エスカトンジャッジメントを三回撃たれる前に殺すのがいいと思います。
火力馬鹿装備じゃダメだ。整備で転身着回しが良さそう。
転身3秒で切れることがあるから使うタイミング気をつけて。
覚醒武器より皇金武器のが良い。
属性ダメージは角以外にも有効!
氷片手剣で挑むも見事に散りました…属性値もりもりで行かないと厳しそうですね。
落とし物集めで武器だけ先に作るのが良いかも(落とし物と角素材で作れるので)
大技以外は理不尽じゃないので、落ち着いてどうぞ。
範囲攻撃が多いから、なるべく回避性能をつけた方がいい。隙があったらクラッチでダウンを狙い頭を集中攻撃すれば、エスカトンジャッジメントでは死なない。個人的にライトボウガンのソロの方が狩りやすいと感じた。
ソロならナナのライトボウガンで。マルチなら強い人のとこ入ってヒーラーしながら隙を見てしばく。自分はソロで30分、その次マルチで15分でした。
徹甲ライトで生命保険付ければ勝てます!
変に野良に行かない方がいいかも。20回くらいやってるけど全然ダメ。1回も勝てない。敗因としてまず属性じゃないとダメ。最悪属性武器と言われてる弓などじゃないとキツい。状態異常や無属性は、即蹴って良い。なめてる人ばかり(状態で勝ちたいなら野良でやるな)あとダメージを受けること。当たり前だけど回復する分遅れるからどんどんキツくなる。あとジャーキーや回復煙筒は、持ってくと良い。あと恐らくだけど四人回復の煙筒使って早食い広域化でジャーキー連打で弱体化してないエスカトン耐えれる可能性があるかも?(非推奨)
何度負けても凹まない。
諦めないで!
気合で乗り切れ。
とにかく頑張れ!
導きの青い星が輝かんことを。



なお、アルバトリオンの特別任務をクリアしたハンターは、アルバトリオンの素材を入手できるイベントクエスト「宵の恒星」と「明けの死星」を受注可能になります。

このクエストでは、アルバトリオンが「宵の恒星」ならば炎活性状態で、「明けの死星」ならば氷活性状態で最初に登場するので、角の部位破壊を含めればある程度属性を絞れ、狩りやすくなるでしょう。

ちなみに、「宵の恒星」と「明けの死星」はプレイヤー毎でどちらか1つが出現し、1日ごとにもう一方へ切り替わります。
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF14』のフリートライアルが太っ腹すぎて“イイ!”─多くの先輩プレイヤーが涙した「蒼天のイシュガルド」までガッツリ遊べる、その魅力を徹底解説

    『FF14』のフリートライアルが太っ腹すぎて“イイ!”─多くの先輩プレイヤーが涙した「蒼天のイシュガルド」までガッツリ遊べる、その魅力を徹底解説

  2. 『モンハン:アイスボーン』新ベリオロス装備を纏ったオトモはまさに白騎士!サラッサラな長髪、優雅?な佇まいをビューモードで追いかけた

    『モンハン:アイスボーン』新ベリオロス装備を纏ったオトモはまさに白騎士!サラッサラな長髪、優雅?な佇まいをビューモードで追いかけた

  3. 『FF7 リメイク』のモブや広告から見えてくるミッドガルの恐るべき社会状況と文化─本当にプレート上層は裕福で幸せなのか【特集】

    『FF7 リメイク』のモブや広告から見えてくるミッドガルの恐るべき社会状況と文化─本当にプレート上層は裕福で幸せなのか【特集】

  4. PS Storeサマーセールの目玉は『FF7リメイク』だけじゃない!―『ドラゴンボールZ KAKAROT』など、他にも注目タイトルがずらり

  5. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  6. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. 次のコラボは我々と!ゆるふわサバイバル『Fall Guys』へケンタッキーやホッケーチームなど多数のラブコール

  9. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

  10. つかみ取れ王冠、注目のゆるふわサバイバルACT『Fall Guys: Ultimate Knockout』アトラクション24種大紹介!【特集】

アクセスランキングをもっと見る