人生にゲームをプラスするメディア

尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』はなぜ、このタイミングでリマスター版の発売に至ったのか。キーマンにお話を伺ってきました。

ソニー PS4
尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】
  • 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

シリアスとコメディが混ざり合った独自の世界観と、類を見ないユニークな戦闘システムで、多くのゲームファンを魅了した『END OF ETERNITY』(以下、『EoE』)。その名作が4K/フルHDに対応した『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』として、PS4とSteamのダウンロード専売にて、2018年10月18日に発売されます。

「最高にハマった」「何もかもが早すぎた」「リーンベル可愛い」などなど、多くのゲームファンを魅了した本作ですが、なぜこのタイミングでリマスター版の発売に至ったのか。インサイド編集部はその理由を探るべく、2人のキーマンにたっぷりとお話を伺ってきました。中々のボリュームになってしまいましたが、『EoE』ファンには堪らないものとなっているはず。ぜひ、お付き合いください。

なぜ今、『EoE』がリマスターされたのか


向峠慎吾氏(写真左)と勝呂隆之氏(写真右)

──まず始めに、自己紹介をお願いできますか。

向峠氏:向峠です。僕は『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のプロデューサーをしています。

勝呂氏:勝呂です。原作のPS3/Xbox360版ディレクターをしていました。よろしくお願いします。

──今回の発表は驚きました。なぜ今、リマスター版を制作したのでしょうか?

向峠氏:きっかけは『スターオーシャン4 –THE LAST HOPE-』のリマスター版を2017年11月に発売したことでした。このプロジェクトで元々あったタイトルをリマスターしてPS4とSteamに出すという経験をしたのですが、終わった後に「他に何かリマスターできるタイトルはないの?」という流れになりまして。そこで、『EoE』が良いんじゃないかということでセガさんにお話したところ、「トライエースさんがやるならどうぞ」となった次第です。本音を言うと、これで売れて、続編制作につながったらうれしいです。

──PS3/Xbox360版ではセガさんがパブリッシングに入っていましたが、今回は完全に自社だけですか?

向峠氏:そうですね、パブリッシングもトライエース。セガさんは監修という形で関わって頂いています。

──勝呂さんは『EoE』をリマスターしますと聞いたときはいかがでしたか?

勝呂氏:発売からずいぶん経ちましたが、続編を出してほしいという声もありましたし、改めて新しいユーザーに届ける機会が得られたのは嬉しいなと思います。


──今回はSteam版も発売されます。やはり、海外でのヒットも狙っていますか?

向峠氏:Steamも今はプラットフォームとして無視できないですよね。海外でも売れてほしいと思います。

勝呂氏:PCだとプラットフォームが移り変わって遊べなくなるという事が少ないので、作った側としてはコンシューマー機より嬉しいかなってところもあります。

──海外の評判はいかがですか?

向峠氏:海外も反響がでかくて驚いています。

──当時も海外ユーザーからの反響は結構あったんですか?

勝呂氏:そうですね、ハマる人とはまらない人、ボロクソ言う人とやっぱり極端。別れがちな感じではありました。

向峠氏:今だったらアリだったんじゃないかなと思うんですけどね。リマスター作業の中で感じたのですが、2010年当時に発売されたタイトルとしてはクオリティ高いなあと。ムービーも、今見ても全然見劣りしない。4K化をしてるんですけど、ほとんどそのままアップコンバートしただけなのに、遜色無いんです。

──リマスター版は、どこらへんが大きく変わっているのでしょうか?

向峠氏:ゲーム自体は素直に原作重視です。内容で変えたところはないですね。特徴を挙げるとすれば、PS4版でもPC版のように、被写界深度やブラーなどを細かく設定できるようにしました。普通なら、ゲーム側で最適化された設定を一つ用意するだけですが、色々と画面設定もこだわりたいユーザー向けに、そういう仕様になっています。

──ユーザーとしてはありがたいですね。

向峠氏:4k化ってやっぱ負荷が高いんです。解像度で言うと描画が9倍になるわけです。そうするとマシンスペックは相当必要で、PS4 Proでもフルフルでエフェクトをいれると結構しんどい。極限まで最適化はしましたので、最大限のパフォーマンスは出せてると思うんですけども、フレームレートを最優先にしたい方もいるでしょうし、そこに配慮した形です。

──基本的には、コンテンツの部分は当時のままですか?

向峠氏:当時のままで十分いいと思ってます。「ちょっと難しいから簡単にしよう」なんて下手に弄ると、原作の良さが無くなっちゃうので。

次のページ:唯一無二な戦闘システムが生まれた背景を振り返る
《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

  4. およそ20年ぶりに最新ハードで蘇る『シェンムー I&II』―“伝説のゲーム”と呼ばれる所以とは

  5. 【吉田輝和の絵日記】暗殺ステルスACT『ヒットマン2』毒殺・撲殺・偽装事故死なんでもアリ!覗きもあるよ!

  6. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  7. 『GOD EATER 3』「アクション体験版 改」が11月29日に配信開始―製品発売後の追加無料アップデートも実施決定!

  8. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  9. 『JUMP FORCE』「ONE PIECE」「ドラゴンボール」など人気キャラがニューヨークで激闘を繰り広げる大迫力のTV CMを公開!

  10. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

アクセスランキングをもっと見る