人生にゲームをプラスするメディア

『FF7 リメイク』ついに公開された“女装クラウド”の感想は?「骨太なおなご」に寄せられたコメントまとめ【読者アンケート】

『FF7 リメイク』最新ムービーにて公開された“女装クラウド”について、反響を調査したアンケート結果を発表!

ソニー PS4
『FF7 リメイク』ついに公開された“女装クラウド”の感想は?「骨太なおなご」に寄せられたコメントまとめ【読者アンケート】
  • 『FF7 リメイク』ついに公開された“女装クラウド”の感想は?「骨太なおなご」に寄せられたコメントまとめ【読者アンケート】
  • 『FF7 リメイク』ついに公開された“女装クラウド”の感想は?「骨太なおなご」に寄せられたコメントまとめ【読者アンケート】
  • 『FF7 リメイク』ついに公開された“女装クラウド”の感想は?「骨太なおなご」に寄せられたコメントまとめ【読者アンケート】
2020年4月10日発売予定のPS4対応ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKE』。本作の新トレーラームービーとテーマソングが、先日1月31日に公開となりました。


以前より原作『FF7』に登場したシーンがどのようにリメイクされるのか注目を集めていましたが、その中でも特に印象的だった「クラウドの女装イベント」の様子が今回のムービーにて初公開。新たなグラフィックで生まれ変わったクラウドの姿に、多くの反響がありました。

そこでインサイドでは「『FF7 リメイク』の女装クラウドを見て、どう思いましたか?」というテーマでアンケートを実施。今回はそのアンケート結果と、皆さんから寄せられたコメントを紹介いたします。沢山のご回答ありがとうございました!

アンケート結果は「イケメンが隠し切れない」が過半数に


アンケートの結果、クラウドの女装姿については「ちょっとイケメンが隠し切れないのかも……」という回答が60%で大多数を占めました。

寄せられたコメントでは「男らしさが消えてないような」「ポリゴンの女装クラウドの可愛さには負ける」と、格段にリアルになったグラフィックによって、クラウドの可愛さよりも隠し切れない男らしさを感じたユーザーの方が多かったようです。


クラウドのイケメンさには中性的な要素もありますが、ドレスを着たことでたくましい肩幅や喉仏がより際立つ結果に。「元の髪型と三つ編みお下げのバランスが…」というコメントのように、独特のツンツンヘアーを残した髪型が気になる方も多かったようです。

■「ちょっとイケメンが隠し切れないのかも……」へ寄せられたコメント
・クラウドならもっとガッツリ女装しても良いと思う。
・懐かしいですよね。あのシーン。
・声がそのままで笑いました。でも、本音が漏れてしまった感じだから
・可愛いよりはキレイ。だけどイケメンは隠せてないよね~。


女装具合への好意的な意見から、可愛いと絶賛のコメントも



「イケメンが隠し切れない」を選んだ意見の中でも「変に可愛すぎなくて好印象」と、決してマイナス印象ではないコメントも見られました。2番目に多い25%を占めた「多少“骨太”だけど、好みでございます宜しくお願いします」という意見と合わせ、絶妙なバランスの可愛さを楽しんでいる方も多いようです。

■「多少“骨太”だけど、好みでございます宜しくお願いします」へのコメント
・あえて骨太なのがそれが良い
・当時は分からなかったがクラウド子さん美人だよ
・イケメンの女装素晴らしいです(/▽\)♪ありがとうございます(///ω///)♪

そして今回のアンケートで一番の少数派となった「めっちゃ可愛いし美人やん!今日のお嫁ちゃんはキミで決まりっ!」は11%に。とはいえムービー中でも『パーフェクト!』『可愛い~!』というセリフが登場しているように、作中ではなかなか好評なようですので、世界観にフィットした感想と言えるかも知れません。

■「めっちゃ可愛いし美人やん!今日のお嫁ちゃんはキミで決まりっ!」へのコメント
・俺と結婚してくれーーーーー!!!!
・兎に角カワイイ!
・可愛いし綺麗だけど筋肉がちゃんとある分男の女装感がいい感じにあってそれがまたよい
・可愛いすぎるクラウドに昇天しかけました。



ということで、今回ご協力いただいたアンケートでは、生まれ変わったグラフィックで描かれるクラウドのイケメンさが再確認される形に。隠し切れない“女装感”については、もっと可愛くしてほしいというコメントもあれば、そこがまたイイという意見もあり、評価が分かれました。


もともと原作での本イベントはクラウドが女装のためにアイテムを集めるという過程も重要で、収集の成果によって女装のクオリティが変化するという要素も。この辺りがどうリメイクされているのかも気になるところです。

果たして『FF7 リメイク』では、今回公開されたクラウドの姿以外にも女装のバリエーションがあるのでしょうか。改めて4月の発売が待ち遠しくなる結果となりました。
《ハル飯田》

よく遊び、よく喋る関西人 ハル飯田

1993年、大阪府生まれ。一旦は地元で公務員になったものの、ゲームが好きすぎて気付いたらフリーライターに。他メディアではeスポーツ選手や競技シーンの魅力を発信することに注力したり大会でキャスターを務めたりもするのだが、インサイド&ゲムスパではもっぱら好きなゲームについて語ることで安らかな気持ちになっている。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

    『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

  2. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  3. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  4. 『ELDEN RING』「魔術師セレン」の素顔はホントに可憐だったのか?そのヒントが、学院の「討論室」にあった

  5. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  6. 『Ghost of Tsushima』冥人ではなく、武士として蒙古に立ち向かえ! “誉れある武士プレイ”を進めるうえで役立つ「6つの心得」

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 20周年を迎えた『アークザラッドIII』を思い出す─このゲームは悪くはない、ただ終わった作品を強引に続ける力がなかったのだ

  10. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

アクセスランキングをもっと見る