人生にゲームをプラスするメディア

『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!

2020年1月16日に発売予定のPS4『神田川JET GIRLS』のプレイレポートを掲載。可愛いキャラクターたちと、本格的なジェットレースが堪能できるアクションレースゲームが登場です。

ソニー PS4
『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!
  • 『神田川JET GIRLS』プレイレポ―青春をかけたジェットレースは「ガチ」そのもの!

マーベラスとKADOKAWA、EGG FILMがメディアミックス展開を行っている新プロジェクト『神田川JET GIRLS』。同名タイトルのアクションレースゲームが、2020年1月16日に発売されます。

手掛けているのは、『閃乱カグラ』『VALKYRIE DRIVE』で知られる高木謙一郎氏をはじめとしたスタッフ陣。鳴子ハナハル氏が原案を務めたキャラクターたちの青春群像劇が描かれます。

放送中のTVアニメではキャラクターたちにフォーカスし、かなりお胸がアグレッシブなことになっていますが、ゲームでは彼女たちの物語はもとより、非常に作り込まれたジェットレースが楽しめるようになっています。今回はそのレースパートをメインに紹介していきましょう。

想像以上にレースが本格的!


個性豊かなキャラクターたちに目がいきがちな作品ではありますが、本作はジェットレースがかなり本格的、かつクオリティの高いものになっています。

レースの舞台となるのは、架空の近未来東京にある8つのオリジナルコース。難易度や時間帯によってコースが変化するので、同じエリアでも多彩な景色を見られるのがポイント。秋葉原や浅草橋などの(人によっては)見慣れた風景が、ゲームの中でどのように描かれているか楽しむのも一興です。


レースには、ジェットスキーを操縦する「ジェッター」と、他のチームを攻撃する「シューター」の2人1組で参加。プレイヤーは、そのどちらも操作することになります。両方とも操作するのって大変じゃない?と思うかもしれませんが、その点もバランスよく作られていますよ。

ジェッター


基本となるのはジェッター、つまりジェットスキーの操作です。スタートダッシュやドリフト、速度が上昇する「ドリフトブースト」など、レースゲームの基本的な要素が抑えてあります。著名なレースゲームを遊んだことがある人ならすぐに馴染めるでしょう。細かいところでは、機首の上下でスピードが出たり、曲がりやすくなったりするという水上レースらしい要素もあります。

本作ならではのシステムとして挙げられるのが「E.P.Dゲージ」。画面右下にある六角形のゲージで、これを消費するとブーストや必殺技が発動できます。ゲージは時間経過やドリフト、コース内にあるリングを通過すると上昇するので、普通にレースをしていれば溜まります。逆に言えば、いつ何に使うかが重要です。


コース内に設置されたジャンプ台を使うと、「トリックアクション」が発動し、加速したり、一定時間無敵になったりといった効果が得られます。ジャンプした瞬間にL/Rスティックを指定の方向に倒せばいいだけなので、操作は簡単。可愛いカットインが入るのもうれしいですね。


シューター


前方・後方のレース相手を攻撃できるシューター。武器となるのは、常時所持している「アサルトライフル」と、アイテムBOXから手に入る「ウェポンアイテム」です。

アサルトライフルはマシン正面にのみ攻撃可能で、ジェッターモード時に○ボタンひとつで射撃。一度に複数発を撃ってくれますし、リロードも自動で行うので、難しい操作はありません。


一方、ウェポンアイテムはショットガンやグレネード、バウンドボールなど8種類あり、すべて後ろを向いて攻撃するシューターモードで使用します。各ウェポンアイテムは射程やダメージ量が異なり、それぞれが特徴的。追い上げてくるレース相手をいかに攻撃するかがポイントです。といっても、攻撃範囲内の敵マシンを自動で攻撃してくれるので、シューティングゲームのようなエイムはあまり必要ありません。


攻撃を受けるとマシンの「チャージシールド」のエネルギーが減少し、0になると「シールドブレイク」が発生。一定時間、大幅に減速してしまいます。レース相手に攻撃を当てるのがシューターの役目ならば、敵の攻撃をうまくかいくぐるのがジェッターの腕の見せどころと言えるでしょう。


後ろを向いている間、操縦はどうなるの?って思いますよね。実はシューターモードのときは、自動で操縦してくれる親切設計なのです。独走状態のときにシューターモードになることはほぼありませんが、複数のジェットスキーが近接したレース展開だと、攻撃のことも考えながら走ることになるので、かなり白熱します。自分の前後両方の相手に干渉できるという点が、本作のレースを盛り上げているのです。

文章で説明すると要素が多く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、いざプレイしてみるとすぐに慣れます。特に本作は、非常に丁寧なチュートリアルが用意されているので、ぜひ一通りやってみてください。

8校のストーリーはボリューム満点


本作は、ジェットレースというスポーツがメジャーになった近未来の東京が舞台という世界観。この中で、さまざまな少女たちがジェットレースのマシンとともに青春を駆け抜けます。

メインとなるのは、伝説のジェッターを母にもち、自分自身もジェットレーサーを夢見る少女・波黄凛と、彼女のパートナーとなるクール系美少女・蒼井ミサ。元気いっぱいで人懐っこい凛と、ちょっぴり不器用なミサのコンビは見ていて微笑ましく思うほど。彼女たちが主人公となる「浅草女子高校編」は難易度も低めで、初めてプレイする人にはぴったりです。



凛やミサの他にも、本作には8校16人のキャラクターたちが登場し、それぞれを主役にしたストーリーが堪能できます。ティーンエイジャーらしく色々なことで悩んだりしながらも、ジェットレースと向き合う様は青春そのもの。アニメ版とは展開も異なる、爽やかなストーリーを楽しみましょう。

登場キャラクターは一部を除いて全員巨乳です

ちなみに、このストーリーモードで表情豊かに動くキャラクターたちのルックスは、カスタマイズすることが可能です。例えば凛を別のキャラクターの髪型にしたり、他の子の衣装を着せたり、さらには髪や肌のカラーまで変更可能。衣装やアクセサリーは、ストーリーモード中のレースで好成績を出すと追加されます。ちょっと露出多めな服にして、たゆんたゆんと揺れるお胸を堪能しながらストーリーを楽しむこともできますよ。



そして、カスタマイズはジェットレースのマシンも可能。デカールやカラーリングを変更したり、自分好みのセッティングにチューンすることができます。渋くゴツい見た目のマシンに美少女を乗せるというロマンも実現できるのです。


カスタマイズに必要なポイントは、ストーリーモードと「課外活動」(ミニゲーム)で獲得可能です。特に課外活動は簡単操作で大量のポイントをゲットできますので、マシンやキャラクターをあれこれいじりたい人は、こちらでガッポリ稼いじゃいましょう。


一番の魅力はやっぱりレース!


ストーリー、キャラクターなどさまざまな魅力をはらんだ本作ですが、やはり一番楽しいのはレースだと感じました。いざプレイしてみれば操作も複雑ではなく、つい何度も走りたくなる感覚は、本作でもしっかり感じられます。

コースや対戦相手、難易度を自由にセットして遊べる「フリーモード」では、ストーリーモードの序盤よりもかなり緊迫したレースが展開され、本作のレースパートを思う存分楽しめます。ジェッターモード、シューターモードそれぞれの練習にもうってつけです。

となると、最終的に行き着くのはやはり「オンライン対戦」。多くの対戦ゲームと同じように、CPU戦と対人戦はまったく違うものになるはず。より可愛く、より速くカスタマイズしたキャラクターとマシンを持ち込んで、熱いレースを楽しみましょう!
《ばかいぬ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』2020年のロードマップ公開!6月までに2つの大型アップデートを実施【UPDATE】

    『モンハン:アイスボーン』2020年のロードマップ公開!6月までに2つの大型アップデートを実施【UPDATE】

  2. 『モンハン:アイスボーン』×「USJ」コラボクエスト公開!話題の「イージャン」はLINEスタンプにも進出【ステージイベントまとめ】

    『モンハン:アイスボーン』×「USJ」コラボクエスト公開!話題の「イージャン」はLINEスタンプにも進出【ステージイベントまとめ】

  3. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

    『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  4. 『GUILTY GEAR -STRIVE-』最新トレイラーで「ファウスト」のバトルスタイル公開!雰囲気の一変した彼に何があったのか?

  5. 『Apex Legends』期間限定「3人称視点モード」開催!

  6. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』新たに「チップ=ザナフ」&「ポチョムキン」参戦決定!2人のプレイスタイルを紹介する最新トレイラー公開

  7. 『モンハン:アイスボーン』天の竜人手形も入った「MHフェスタ'19-'20東京会場 開催感謝!アイテムパック」配信開始

  8. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

アクセスランキングをもっと見る