人生にゲームをプラスするメディア

スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感

スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』は音ゲーが苦手でも楽しめるのか?推しのVtuberを応援したい一心でチャレンジ!

任天堂 Nintendo Switch
スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感
  • スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感
  • スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感
  • スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感
  • スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感
  • スイッチ『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』推しのVtuberのために腕を振りまくれ!“太鼓”にすら挫折した音ゲー初心者がハマるサイコーな爽快感

タイトーは、ニンテンドースイッチ用ダウンロードソフト『グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』を発売しました。

これは、スマートフォン向けとして発売され、後にアーケードゲームとしても展開し人気を博している音楽ゲーム『グルーヴコースター』の最新作です。本作はシリーズ初となる家庭用ゲーム機向けの作品で、Joy-Conを使用してアーケードさながらのプレイ感を楽しむことができます。

今や多数のタイトルが乱立し、まさに群雄割拠の様相を見せている音楽ゲーム界隈。その波とリズムに全く乗れていない筆者が、早速本作をプレイしてみましたのでそのレビューをお伝えします!

初心者が初心者なりに味わえる爽快感



『グルーヴコースター』のプレイ内容は至ってシンプル。レールの上を進んでいく自キャラ「アバター」と、レールの先から流れてくる「ターゲット」が重なったときに対応する入力を行う、というもの。入力のタイミングが正確なほどポイントが高く、上から「GREAT」「COOL」「GOOD」、そして失敗の場合は「MISS」判定となります。

ターゲットは通常のヒットのほか、ホールドやスライドなどいくつかの種類が存在。それぞれのアイコン上で、対応する入力をいかにタイミングよく正確に行うかがクリアの鍵となっています。

……とまぁ、ここまでは「普通の音ゲーじゃん!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この時点であらゆるリズムゲームを投げ出した筆者は既に困惑気味でした。音ゲー苦手マンは、とにかく瞬時に複数の処理を求められると混乱してしまうのです。それはもう、「ドン」と「カッ」の基本2つしかない某太鼓ゲームをチュートリアルで断念したほどに。

しかしながら、いざ実際に本作をやってみると割とすんなり楽しめるではないですか。いや、それどころか結構爽快感があって、これはハマる。今までの音ゲーと、何かが違ったのです。

複数の入力と一つのレーン



まず、本作は基本的にコースがシンプル。「コースター」のタイトルが示す通り、ジェットコースターのようにコース上をアバターが進んでいくのですが、当然ながらジェットコースターに道は一本しかないのです。

これはとても重要なことです。なぜなら、音ゲーを苦手としている人が一番混乱しやすいのが「複数レーンを同時に処理するタイプのゲーム」だからです。その点、本作は基本一本のコースを進むだけ。この指のレーンに次に来るのはこのボタンで、あっちのレーンにはこのボタン……などと考えなくても大丈夫。しかも、ある程度は先のコースが長めに表示されているので、突然のターゲット割り込みがあるにしても、タイミングが来るまでにそこそこ心の準備をする時間が与えられています。これも安心ポイントの一つですね。

また、複数種類のターゲットがあるのは他のゲームでも同じなのですが、本作では同一のターゲットに対しても複数の入力方法があります。例えば、「ヒット」一つとってもJoy-Conのボタン、スティック、振り、などあらゆる方法に対応しており、好きな入力を自由なタイミングで行うことができます。つまり、慌てて咄嗟に何らかの入力を行ってところで、ちゃんとヒット扱いになるのです。

これはヒットだけではなく「スライド」でも同じことで、対応する十字キー、スティック、あるいは左右のJoy-Conと、とにかくどれでもいいから方向さえ合っていればOK。入力の種類が「ボタンの位置」ではなく「左右の手」に割り振られているので直感的にわかりすく、混乱し難く感じました。

推しの応援



と、ここまで音ゲーの側面からいろいろと言っては見ましたが、やはり本作最大の特徴はやはり「バーチャルYouTuber」のコラボでしょう。ええ、えぇ、わかっていますとも。

その爆発的ブームから2年以上が経過し、今ではすっかりお馴染みの存在となったバーチャルYouTuber。本作ではその発表当初から、ミライアカリさんや電脳少女シロさん、月ノ美兎さんなど、有名所のVtuberとの全面的コラボが予定されていることが明らかになっており、音ゲー界隈のみならず多くのVtuberファンから注目を集めていました。

収録楽曲のカバーには、ウキウキ殲滅お姉さん神楽すずさんや、にじさんじ所属の清楚オブ清楚シスター・クレアさんなどが参戦。また、歌だけではなく、ゲームプレイ中の自キャラである「アバター」や、「ナビゲーションキャラ」として、キービジュアルに登場する看板Vtuberを設定することも可能になっています。

特にナビゲーションキャラは、ゲーム中の各モード解説の音声や、チュートリアルに至るまで全てのシステムボイスがそのキャラクター仕様になるとあって、ファンにはたまらない仕様。推しのライバーが褒めてくれるとあっちゃ、ゲームにも熱が入ります。放置ボイスやタイトルのメーカー読み上げボイスなど一見気づきにくいところまで収録されているので、是非細かな部分までチェックしてみてください。




収録楽曲は流行のJ-POPや定番のアニメ曲から、マニアックなゲーム音楽のほか、ボカロ曲や東方Projectの楽曲など幅広く収録。音楽には疎い筆者でも知っている曲が多く、楽しくプレイすることができました。コアな音ゲーファンはもちろん、ズブの素人でも楽しめるようにレベルも幅広く設定されているので、筆者のように音ゲーに苦手意識がある方には是非ともプレイしてもらいたい作品ですね。これはかなりオススメです!



グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!』はニンテンドーeショップで配信中。価格は6,500円(税込)です。

(C) AI, Inc. All Rights Reserved.
(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
(C) HH
(C) 2017 Ichikara Inc.
(C) 2019 INTERNET Co., Ltd. All rights reserved.
(C) Kizuna AI
(C) Mirai Akari Project
(C) Siro Channel
(C) VOCALOMAKETS Powered by Bumpy Factory Corporation.
(C) 2019 1st PLACE Co.,Ltd.
(C) 上海アリス幻樂団「メインビジュアル」Art by CHANxCO
(C) TAITO CORPORATION 1978,2019 ALL RIGHTS RESERVED.
(C) OTOIRO Inc.
(C) TAITO CORPORATION 1978,2019 ALL RIGHTS RESERVED.
《ひびき》
ひびき

バーチャル関西の何でも屋さんです ひびき

2012年からインサイドにてゲームライターとして活動して、はや十数年。ちょっと古参気取りの何でも屋。Game*Sparkやアニメ!アニメ!にもたまに顔が出ます。ゲーム・アニメ以外では、ホビーやガジェット、バーチャルYouTuber業界が専門。お仕事お待ちしております。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

    『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  2. 『星のカービィ』とコラボしたグッズ「ぷわぷわシリーズ」が発売!笑顔と寝顔、カービィの可愛らしさを2つの表情でお届け

    『星のカービィ』とコラボしたグッズ「ぷわぷわシリーズ」が発売!笑顔と寝顔、カービィの可愛らしさを2つの表情でお届け

  3. 『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

    『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

  4. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

  5. 『スプラトゥーン3』不具合対処に絞った「更新データVer. 1.1.2」配信!通信問題や一部武器の操作感を修正

  6. 『遊戯王 マスターデュエル』9月30日に「リミットレギュレーション」改訂!ハリファイバーが禁止へ

  7. 『ポケモン』×「エド・シーラン」のコラボMV公開!最新作『スカーレット・バイオレット』の挿入歌にも使用決定

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」の詳細公開!みずタイプの“あなごポケモン”

  10. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

アクセスランキングをもっと見る