人生にゲームをプラスするメディア

『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】

11月23日、『Fate/Grand Order』から第3章の序章である「Lostbelt No.3 - intro -」(以下、イントロ)が配信されました。今回は第2章で明かされたことや、イントロで気になるところをゆるゆると考察していきます。

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】
  • 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】

11月23日、『Fate/Grand Order』から第3章の序章である「Lostbelt No.3 - intro -」(以下、イントロ)が配信されました。27日には生放送も予定されていて、間もなく第3章が開幕するであろうことが予想されます。今回は第2章で明かされたことや、イントロで気になるところをゆるゆると考察していきます。何せ夏以来ですので、たくさん語りますよ~。

以前の考察は「『FGO』「序/2017年12月31日」から考察する第2部のゆくえ【特集】」や「『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】」などをご覧ください。

※本編、真名のネタバレにご注意ください。
※本記事はあくまで当編集部による考察に過ぎません。『Fate/Grand Order』の正式な情報についてはこちらの公式サイトをご覧ください。


◆第2章を思い出そう


まずは7月に配信された第2章の気になる点を思い出してみましょう。既存サーヴァントはブリュンヒルデ、巌窟王らしき夢の中の人物、新規サーヴァントはナポレオン、シトナイ、シグルド、ワルキューレ、スカサハ・スカディと、新規サーヴァントがほとんどでした。巌窟王は1.5部でも暗躍していたので、今後は裏サポート的な立ち位置になるのかもしれませんね。シトナイもハロウィンイベントで活躍していましたが、メインストーリーにもまた現れるかもしれません。


作中ではクリプター円卓会議はありませんでしたが、彼らの目的、キリシュタリアの人となりが分かるようなシーンが多くありました。特にキリシュタリアへの印象が変わった人は多かったのではないでしょうか?荒っぽいカイニスを使役し、ゼウスと盟友であったりと、かなりの強敵であることが分かります。そしてその心が、善ではないものの、悪でもない。言葉にするのが難しいですが、コヤンスカヤが「その根底にあるのは紛れもない人類愛」とキリシュタリアについて語っています。異星の神に従いながらも、人の可能性を信じているようにも感じられます。


そしてまだ謎の多い空想樹。アナスタシアはオロチ、ゲッテルデメルングはソンブレロと、どちらも銀河の名前であることが分かりました。ギリシャは「アトラスの世界樹」とキリシュタリアが話していますが、ゼウスが名づけたと話しています。アトラスという星もありますが、ギリシャ神話のアトラスとアトランティス大陸のトリプルネーミングなのかなと。また、ギリシャの空想樹は他に本当の名前があるのかもと考えています。というのも、スカディがソンブレロの名前の話をした時に、自ら名付けたようには言ってなかったからです。ということは、オロチとソンブレロには名付け親がいる。クリプター、あるいは異星の神の可能性も捨てられません。ただ、どちらの銀河も“人”が付けた名前なので、それを考えると空想樹が銀河の名前であることに、何らかの意図を感じますね。


個人的に一番気になった登場人物はシトナイ。複合された神霊疑似サーヴァントという事もすごいのですが、聖杯戦争についての言及が結構あって驚きました。アインツベルンが聖杯戦争に関わり深い魔術師の家門の名前としてデータベースに記録されていて、ユスティーツァが冬木市の大聖杯を造ったという事実が『FGO』世界にもある。さらに御三家という通称もあるようなので、アインツベルン以外の二つの家も存在することになります。第1部第4章で出たマキリ、イシュタルの肉体の元である遠坂凛の遠坂家という『Fate/stay night』と同じ御三家が存在していた可能性も出てきました。さらにシトナイが「わたしはアインツベルン最後の娘」と言っているので、元となったイリヤが聖杯戦争に参加している可能性があるんですよね。そうすると2004年の聖杯戦争がどんなものだったのか、マリスビリーがどんな人物だったのか等をシトナイは知っているかもしれません。今後もメインストーリーに出るのではと思った理由はそこなんですが、疑似サーヴァントだからあまり語らないかも……。


次のページでは「コヤンスカヤ」について考察!
《タカロク》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  2. 炎竜レシラム、ハイパーリーグでの運用法!強くてコスパ抜群、今のうちに厳選しとけ【ポケモンGO 秋田局】

    炎竜レシラム、ハイパーリーグでの運用法!強くてコスパ抜群、今のうちに厳選しとけ【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

    『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  4. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『ロマサガRS』お勧めの育成キャラ結果発表!評価基準は耐久力と火力…1位はあの大剣使い【読者アンケート】

  7. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  8. 『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

  9. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  10. 『アークナイツ』紙幣や理性、足りてますか?イベント周回に役立つ4つの心構え

アクセスランキングをもっと見る