人生にゲームをプラスするメディア

『雪割りの花』本日11月26日で20周年! 嘘から始まる関係に、幸せな結末は訪れるのか─アダルトなビジュアルで雰囲気も一新

「みるドラマからやるドラマへ」を合い言葉に、濃密な物語をフルボイス&フルアニメーションで展開する『やるドラ』シリーズ。1998年6月に登場した『ダブルキャスト』を皮切りに、『季節を抱きしめて』や『サンパギータ』などが続々とリリースされました。

その他 特集
『雪割りの花』本日11月26日で20周年! 嘘から始まる関係に、幸せな結末は訪れるのか─アダルトなビジュアルで雰囲気も一新
  • 『雪割りの花』本日11月26日で20周年! 嘘から始まる関係に、幸せな結末は訪れるのか─アダルトなビジュアルで雰囲気も一新
  • 『雪割りの花』本日11月26日で20周年! 嘘から始まる関係に、幸せな結末は訪れるのか─アダルトなビジュアルで雰囲気も一新
  • 『雪割りの花』本日11月26日で20周年! 嘘から始まる関係に、幸せな結末は訪れるのか─アダルトなビジュアルで雰囲気も一新

「みるドラマからやるドラマへ」を合い言葉に、濃密な物語をフルボイス&フルアニメーションで展開する『やるドラ』シリーズ。1998年6月に登場した『ダブルキャスト』を皮切りに、『季節を抱きしめて』や『サンパギータ』などが続々とリリースされました。

そんな1998年の『やるドラ』展開を締めくくったのが、1998年11月26日に発売された『雪割りの花』です。それまでのADVとは一線を画する魅力を綴ってきた『やるドラ』シリーズですが、そんなシリーズの中でも強い個性を放った『雪割りの花』。衝撃的なシナリオ展開も含め、色濃く記憶に残ったユーザーも多いのではないでしょうか。

本日2018年11月16日に、そんな『雪割りの花』がちょうど20周年を迎えました。このアニバーサリーを記念し、本作の魅力や特徴を振り返ってみたいと思います。

◆『やるドラ』の中でも個性が際立つ『雪割りの花』─大人なドラマはほろ苦い



『ダブルキャスト』から『雪割りの花』まで、いくつか共通するポイントが存在します。例えば、ヒロインが記憶喪失であったり、それぞれの作品ごとに季節がテーマになっている、主人公が大学生などです。ともすれば近しいシチュエーションを招きそうですが、共通項目があると同時に、それぞれ展開が大きく異なる物語を描いているのも、『やるドラ』シリーズの特徴といえます。

そんなシリーズ作の中でも、特に異彩を放っているのが『雪割りの花』です。これまでの3作品は、キャラクターデザインがそれぞれ異なっているとはいえ、いずれもアニメ業界的に見てメジャー路線のデザインでした。ですがこの『雪割りの花』は、一般的なアニメデザインではなく、アダルトな雰囲気すら感じさせるほど。この独特のタッチは、本作の物語と非常にマッチしており、独特の“重み”が主人公とプレイヤーを近づけます。

また、主人公とヒロインの関係にも特色が現れており、前3作は記憶を失った彼女と知り合うことで物語が幕を開けますが、本作では記憶を失う以前から面識があります。ヒロインの桜木花織は、主人公の隣の部屋に住むOLで、主人公が密かに想いを寄せる相手でもありました。しかし、花織には恋人(伊達昂)がいたため、想いを打ち明けることすらできませんでした。

そんな状況が、記憶喪失をきっかけに大きく一転。恋人の死をきっかけに記憶を失った花織は、主人公のことを昂と思い込んでしまいます。秘めた想いも手伝って、昂のフリを始めてしまう主人公。しかし、他人を完璧に演じられるわけもありませんし、自分を通して昂を見る花織とのやり取りは、主人公の心を次第に重くしていきます。

いわゆるゲーム的な派手な展開(殺人事件や謎の組織など)はなく、しかし人の心を描くシナリオは非常に重厚。不安定な関係性ゆえか、バッドエンドに至る道もかなり多く、常に緊張感に溢れたひとときを味わえます。これも、主人公とプレイヤーの感覚が一致する部分なので、没入感も半端ありません。

その“重さ”は、当時のADVはもちろん、『やるドラ』シリーズの中でも屈指と言えるほど。嘘から始まった関係が、どのような結末を迎えるのか。主人公がいかなる代償を払ったのかは、ゲームをクリアした方だけの特権です。気になる方は、今からでも『雪割りの花』をプレイしてみてはいかがでしょうか。

◆『雪割りの花』以降も続いた『やるドラ』シリーズ



切り口や方向性的に、万人にお勧めとは言いにくいものの、ADVとして質の高い一作なのは間違いのない『雪割りの花』。今遊ぶとすれば、オリジナルのPSソフトがあれば、PS3の互換機能でプレイ可能です。また、PSP向けに『やるドラ ポータブル 雪割りの花』がリリースされています。ダウンロード版ならばPS Vitaでも遊べるので、そちらも選択肢の一つと言えるでしょう。

ちなみに『やるドラ』シリーズは、『ダブルキャスト』から『雪割りの花』までの4作品だけではありません。プレステソフトとして発売されたのは全4本ですが、シリーズ第5作目となる『スキャンダル』や、第6作目の『BLOOD THE LAST VAMPIRE』(上下巻)がPS2ソフトとして登場しました。『やるドラ』シリーズに興味が湧いた方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

最近のADVゲームは、インディー市場などで活気を見せているものの、大手によるリリースはかなり少なくなっているのが現状です。また、『やるドラ』のように全編アニメで展開する作品は、インディーでは少々難しいところもあります。かつてのADVゲームの勢いを感じさせる『やるドラ』を遊んで当時を振り返りつつ、新しく刺激的な新作の登場を心待ちにしておきましょう。『やるドラ』の新作なども、是非見てみたいものです。



※画像はすべてPSP版です。

【関連記事】
『R-TYPE Δ』本日11月19日で20周年! 自機の選択やΔ-ウェポンなど、シリーズに新たな魅力を加えた意欲作
『サンパギータ』本日10月15日で20周年! 名台詞も忘れられない「やるドラ」3作目は、エキゾチック・バイオレンスが展開
『御神楽少女探偵団』本日9月17日で20周年─GAMEOVERを「推理トリガー」で乗り越える、美少女+骨太推理ADV! 実は3作品目も展開
『どきどきポヤッチオ』本日9月10日で20周年─“パンの配達”と“ひと夏の恋”に少年は大忙し! notスローライフは眩しく刺激的
『アストロノーカ』本日8月27日で20周年─“宇宙野菜”を育てろ! プレステ時代を代表する「SF+農業」な良作SLG
『ダブルキャスト』発売から今日で20周年! 爽やかな展開から陰惨なバッドエンドまでフルアニメで描く意欲的なADV
『GUILTY GEAR』20周年! 個性を詰め込み2D格闘ゲーを再燃─石渡太輔氏も公式サイトで思いを語る
愛され続けるケモノ系ACT『テイルコンチェルト』が20周年! 世界観を共有する新たな展開にも期待大
PS『パラサイト・イヴ』が20周年! アヤ・ブレアの数奇な運命はここから始まる
サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 台湾人気コスプレイヤーMomoの可愛らしさに胸キュン!台湾コスプレ事情をまるっと訊いた【写真35枚】

  2. 『スマブラSP』の配信が面白いバーチャルYouTuber!ガチ対戦から視聴者との交流までスタイルは様々【特集】

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る