人生にゲームをプラスするメディア

『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか

力尽くで世界を統一しようとする敵陣には、凶暴なグエル、マッドサイエンティストのコンラート、権力と金に執着するログリード、プロの傭兵として対価分の働きをするジュリエスなど、一癖も二癖もあるような連中が集まっていますが、一人だけどこか場違いな男がいます。

モバイル・スマートフォン iPhone
『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
  • 『アークR』の謎を解くキーマン!?『アークIII』主人公・アレクとヒロイン・シェリルとは何者なのか
『アークザラッド R』において、主人公・ハルトやヒロイン・ミズハの前に立ち塞がるアルディア帝国。力尽くで世界を統一しようとする敵陣には、凶暴なグエル、マッドサイエンティストのコンラート、権力と金に執着するログリード、プロの傭兵として対価分の働きをするジュリエスなど、一癖も二癖もあるような連中が集まっていますが、一人だけどこか場違いな男がいます。


「……僕は兵士だから、軍の命令には従うし、戦うことを否定するつもりはない」「でも、1つ1つの作戦、関わる連中を見ていると今回の開戦が本当に正しい事だと信じられなくなってくる……」。アルディア帝国軍少尉で、20代前半だと思われる男性アレクは、軍人としての責務と己の良心の狭間で揺らいでいました。


そして、アレクには赤髪の女性シェリルが付き添っています。「もろバレよ。何年一緒に行動してると思ってるのさ」という口調からは、単なる同僚の枠を越えた関係性がうかがえます。

アレクとシェリルの登場



8月23日から配信したスマートフォン向け光と音のRPG『アークザラッド R』。『アークザラッドI・II』の正当続編である本作は、かつての主人公や仲間たちが登場することで往年のファンに喜ばれています。

『I・II』から10年後の復興しつつある世界を描いた本作に登場するキャラクターは、かつて世界を救った『I・II』の英雄達、ハルトやミズハたち新世代、アルディア帝国の大きく3つに分かれています。しかし、その中でもイレギュラーなのがアレクとシェリルです。なぜなら、2人は『アークザラッドIII』(1999年発売)の主人公とヒロインだからです。


『アークザラッドIII』とは?


実は『I・II』から3年後の世界を舞台にしたのが『III』です。アークとククルの犠牲によって闇の支配者が封印されるも、人類と大陸の半分が失われた「大災害」発生時、名前も知らないハンターに命を救われたアレクは自分もハンターになりたいと思うように。『III』では、そんなアレクの活躍が描かれています。

もちろん、『II』とも繋がっており、前作のキャラクターも登場します。本来は繋がっているはずなのですが、『R』は『I・II』から10年後と言っている部分に大きな謎が秘められています。まずは、『III』でのアレクとシェリルが、どんなキャラクターだったかを見ていきましょう。

『III』のアレク




「大災害」で両親を失ったアレクは、同様の被害に遭った人たちが寄り添いながら暮らすサシャ村で親友のルッツと一緒に暮らしていました。しかし、アレクが14歳になった時、ならず者に村が襲われ、アレクとルッツは助けを求めてハンターギルドに駆け込みます。

アレクたちの依頼を受けたハンター・リーグルは、たった一撃でならず者を倒してしまいます。二度もハンターに助けられたアレクは、自身もハンターになって人々を助けたい決意して、ルッツと一緒に旅立つのでした。そして、ハンターとして成長していく中で、世界に歪みを生みだす超エネルギー計画を進める科学者集団「アカデミー」と戦うことになります。

勇者の宿命を背負った『I』のアーク、一族を殺された重い過去を持つ『II』のエルクとは違い、アレクは大災害の被害者であれども「憧れのハンターになる」という思いのまま生きていく自由がありました。

『III』のシェリル




法も秩序もない荒廃したギスレムの町でたった一人、生き抜いてきた赤毛の少女シェリル。銃士であり、天才的な銃の合成能力を持つがゆえに「アカデミー」に狙われていました。誰にも心を開かなかったのですが、自分を救ってくれたアレクとの出会いを通して仲間に加わります。

アレクたちとの初対面では、いきなり発砲するといった苛烈さも秘めています。行動や口調も男勝りで自分以外の誰も信用しておらず、善意で差し伸べられる手も「ほうっといて!」「どっか行ってよ!」と突き放していました。しかし、アレクに助けられた際、「シェリルは僕たちの『仲間』だからさ」という言葉が彼女の心に届きます。

「行くよ、いっしょに」「だってあんたたちみたいなあまい性格じゃ、あたしがついててあげないとどんなドジふむかわからないからね」と答えたシェリルは、まさにツンデレ女子の可愛さがありました。『R』で露出が一気に増えたので、個人的にはどういった心境の変化があったのか気になります。

『R』と『III』はどのように繋がっているのか?


『III』からおよそ7年後が『R』。ハンターとして活躍したアレクやシェリルが、アルディア帝国の軍人になった経緯は気になりますが、そもそも同じ時系列なのか?という謎が残ります。なぜなら、『III』と『R』では世界地図の地形に違いがあり、例えば『R』でハルトがいるミルマーナは、『III』では大陸ごと沈んで消滅しています。


また、『R』ではシリーズに登場したキャラクターは、★3である当時の姿から現在の★5の姿となるとされています。そこで実装されたアレクとシェリルの★3プロフィールを見てみると、アレクは「野盗に襲われているところをアルディア軍将兵であるグレーゴルに命を救われて、彼に憧れて軍を目指す決意をする」とあります。恐らく『III』でならず者から救ってくれた2度目のハンターとの出会いはなかったことになり、別ルートを歩んだのだと推測します。


ただ、シェリルを見てみると「ある事件を切っ掛けに、軍人であるアレクと出会い彼に生き方に興味を持ち始める」とあるので、大筋の部分では大きなズレはないのが見て取れます。

そこには、オープニングにあった「その生まれ変わる世界の歴史 我らが求めるものに作り変えさせてもらおう」という何者かの思惑が介在しているのは間違いありません。今後の『R』において、アレクとシェリルがキーパーソンとなってくる気がします。


アレクとシェリルを使ってみた


アレクは物理や魔法での高い攻撃を持つアタッカー、シェリルは敵を弱体化させる能力を持つデバッファーです。


アレクはアタッカーの中でもオールラウンダー型と言えると思います。ただ、本作では敵が反撃するため、「インパルスソード」の正面からの攻撃時だと30%ダメージ追加は、確実にとどめを刺せるもしくは味方キャラクターがデバフをかけている状態など、使用タイミングの見極めが必要です。


現状、回復能力を持つのは主にヒーラーのキャラクターで、しかも自身の回復はできません。なので、ヒーラーの回復としても期待が持てるのが「フォースエイド」です。ただし、最もHP割合が低い味方とあるので、狙ったキャラクターを回復させるには注意が必要です。


シェリルはデバッファーでありながら、高火力が期待できるキャラクターです。範囲内の敵の攻撃力を45%低下させるオートスキルは、範囲が前方のみに限定されるので配置に注意が必要ですが、味方支援としては十分に機能します。一人で囮役もしくは盾役にはできないので気をつけましょう。


背面からの攻撃時に50%ダメージが増加する「アサルト」は、シェリルの真骨頂だと言えますし、80%の確率で反撃不可の「ダブルショット」も反撃が当たり前の本作では嬉しいですね。


ストーリーにおいて、この世界の謎を解く鍵となるのがアレクとシェリルの立ち位置です。さらに、今後はアレクとの対決がありそうですから、歴代主人公同士の戦いも見られる熱い展開が待っているかもしれません。胸が高鳴ります。

残念なことに、アレクとシェリルを対象にしたピックアップガチャは10月31日23:59まで。しかし、これまでのケースから見ても再度実地される、もしくはレアガチャに追加されるのではないかと思います。今回入手できなかった人は、その機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?★3さえ引き当てることができれば、★5まで育成できるのでおすすめしたいです。



『アークザラッド R』は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C)Sony Interactive Entertainment Inc. (C)2018 ForwardWorks Corporation.
Developed by AltPlus Inc.
《乃木章》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「『FGO』1500万DL突破キャンペーンで貰う★4サーヴァントは?」結果発表―強力な周回力の3騎が争う接戦に!決め手はその特異性

    「『FGO』1500万DL突破キャンペーンで貰う★4サーヴァントは?」結果発表―強力な周回力の3騎が争う接戦に!決め手はその特異性

  2. Cygames、『リトルノア』のサービス終了を発表―運営・ユーザー共に感謝の気持ちを伝え合う

    Cygames、『リトルノア』のサービス終了を発表―運営・ユーザー共に感謝の気持ちを伝え合う

  3. コナミ、『ときめきアイドル』のサービス終了を発表―引き続きゲームを楽しめる「オフライン版ver.2.0」が配信予定

    コナミ、『ときめきアイドル』のサービス終了を発表―引き続きゲームを楽しめる「オフライン版ver.2.0」が配信予定

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 『ポケモンGO』で『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開催決定!―カントー地方のポケモンが大量出現

  6. 『ドラガリアロスト』施設イベント「天つ風に願いを」開催―レジェンド召喚には補助タイプの弓使い「ルイーゼ」が登場!

  7. 驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  8. 『龍が如く ONLINE』事前登録者数が40万人を突破!SSR「澤村遥」などを全員にプレゼント

  9. 『ぷよクエ』「ぐぐぐぐアルル」が登場する“第1回プワープチャレンジ”開催中!

  10. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

アクセスランキングをもっと見る