人生にゲームをプラスするメディア

『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

リーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版をプレイした読者の感想は?

ソニー PS4
『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】
  • 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

セガゲームスが12月13日に発売を予定している、俳優・アーティストの木村拓哉さんが主役を演じるリーガルサスペンスアクション『JUDGE EYES:死神の遺言』

『龍が如く』シリーズを生み出した、セガゲームス取締役CPO・名越稔洋氏率いる「龍が如くスタジオ」が開発を担当する本作は、序盤の物語や新感覚調査アクションの一端を体験することができる先行体験版の配信を、発表と同日にスタートしていました。

インサイドでは読者アンケートを実施し、この先行体験版をプレイした感想を9月11日~9月18日の期間募集。今回は、そのアンケートで寄せられた感想を一挙公開していきます。

◆『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想


■キムタクが如くと言われていたが正しくその通り。しかしながら、探偵ってことなので主要人物の顔や周りの状況を確認する調査や、QTEの多いチェイス、複数の敵を巻き込む円舞、タイマンで確実にダメージを与える一閃の戦闘モード。龍が如く6,極2での桐生さんの戦闘スタイルは正直好きではなかったので、主人公が木村拓哉さん演じる八神になったこともあり、しっくりと馴染んでいる気がします。カッコよく魅せるアクションが多くても違和感がないのは、流石は木村拓哉さんと言えるのではないだろうか?12月には欲しいゲームがあったが、ジャッジアイズを優先しようかな???と思わせてくれるゲームでした。

■龍が如くとはまた違ったアクションや、追跡モード、探索モードにチェイスと、新鮮な物が多くてすごく面白かったです。キムタクが気功拳使いみたいなのは笑ってしまいましたがw 今回龍が如くシリーズとは違い、体験版ではスクリーンショットや録画が可能でしたが、本編でも可能にしてほしいなと思っております。

■尾行や追跡が、アクション性を伴わない見栄え重視のミニゲームになっているところは、良くも悪くもセガらしいと思った。その一方でキムタクを動かせることはとにかく楽しく、体験版が終わった時に自然に「もっとやりたい」と思えた。

■オモロかったですよ。オモロかったけど・・・如くスタジオ制作やから、当たり前っちゃ当たり前やけど、良くも悪くも龍が如くシリーズ以外で、神室町で好き放題出来る前例を作ったって考えると、う~ん??とはなるかな。

■正直、龍が如くで新しい主人公置くよりこっちのほうが好印象。ファンとしては安心のいつものシステム操作性なので迷わず買う。

■まさにキムタクが如く!でも極2に比べると戦闘や通常の歩行やダッシュの操作性がやりづらいと感じる。

■戦闘の1コンボが、龍が如くより長くなっていて爽快だった!折角の新作なので、神室町以外の町が出てくれれば嬉しいけど、難しいだろうなぁ。

■新感覚な感じ。龍が如くぽいけどちょっと違う。楽しみです。

■昔から変わらないが、相変わらず龍が如くスタジオが作るゲームは顔の表情が固く、口の動きがぎこちない。マネキンが無理やりしゃべっているかのようだ。

先行体験版をプレイした読者からは、以上のような感想をいただきました。主人公が探偵ということで登場した「サーチモード」「尾行」「チェイス」などの「調査アクション」については、面白かったという意見が多かったです。

また、木村拓哉さんが主人公というところもやはり注目されています。あの「キムタク」を自由に操作できるという体験は中々に得難いもの。まさにPS4のキャッチコピーである「できないことが、できるって、最高だ。」がぴったり当てはまる作品かもしれません。



『JUDGE EYES:死神の遺言』は、PS4向けに2018年12月13日発売予定。価格は、8,290円+税です。

■『JUDGE EYES:死神の遺言』公式サイトはこちら
URL:http://ryu-ga-gotoku.com/judgeeyes/

©SEGA
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

    『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

  2. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

    『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  4. 『マキオン』ランクマッチ(チームシャッフル)を少将☆1までプレイして痛感した5つのポイント─対戦に向かう自分のメンタルケアもお忘れなく!

  5. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  6. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  7. 『FF14』パッチ5.35新コンテンツ「南方ボズヤ戦線」プレイレポ―戦場が舞台の最大72人大規模コンテンツ!ソロ&サブリガ装備でも問題ないよ

  8. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  9. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  10. 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本

アクセスランキングをもっと見る