人生にゲームをプラスするメディア

衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」

フォワードワークスは7月30日、「アークザラッド」シリーズ最新作となるスマホ向けRPG『アークザラッド R』を発表しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
  • 衝撃の結末の後を描いた『アークザラッド R』最速試遊レポ─土田氏「ユーザーに新たな思い出を提供したい」
フォワードワークスは7月30日、「アークザラッド」シリーズ最新作となるスマホ向けRPG『アークザラッド R』を発表しました。あまりにも衝撃的なラストが語りぐさとなった第2作から10年後の世界を描く完全新作は新主人公の視点から描かれ、過去の英雄達もプレイアブルキャラクターとして登場します。


同シリーズは第1作が1995年にプレイステーション向けに発売されて以来、全世界累計実売本数370万本以上を記録し、「光と音のRPG」のキャッチフレーズの通り、ハイクオリティな映像演出、物語に深みを与える重厚なサウンド、圧倒的なやり込み要素からユーザーの支持を集めてきました。


新作開発ではシリーズ第1作・第2作を手がけたスタッフが再集結。企画・原案・ゲームデザインを土田俊郎氏、シナリオに米坂典彦氏、アートの原案・監修に小山英二氏、国末竜一氏、はやしひろし氏、サウンドにはT-SQUAREの安藤正容氏らが携わり、物語の続きを描きます。7月17日の発表予告の際は、「アークザラッド」がTwitterトレンド1位になるなど、ファンからも大きな反響がありました。

発表会の司会進行を務めた川口智基氏(株式会社フォワードワークス エグゼクティブディレクター)

■土田俊郎氏「新作をプレイしたユーザーに新たな思い出を提供したい」


同日の発表会では土田氏が登壇。シリーズ最高傑作とも言われる第2作の続編ということで、ファンの期待が大きくて裏切ってはいけないとプレッシャーがありながらも、ようやく発表を迎えられてホッとしていると吐露しました。

土田俊郎氏

「ファンの思い出を大事にしつつも、新作を作らせていただくうえで話のスケールを大きくしたい。予想できるものではなく、話の先が見たくなるようなものを作りたい。新作をプレイしたユーザーに新たな思い出を提供したいと思いました」と語った土田氏。


新作のRに込められた思いには、「リボーン(再生)であったり、リブート(再起動)であったり、いくつかの思いが込められています。あとはストーリーに関わるキーワードにもなっていて、それはプレイをしてもらうことで分かって来るので楽しみにしていてください」とのことです。

勇者アークと聖女ククル

最後は「新しい主人公とヒロインによるオリジナルストーリーでありながら、第2作の続きの物語でもあるという両立ができたと思っています。ファンの皆様にはあの物語の続きをスマートフォンで手軽に始めていただきたいです。また、ストーリーとバトルにしっかりとしたプレイ体験ができるゲームに作り込んでいますので、シリーズを体験したことが無い方でもぜひこの機会に手に取っていただけると嬉しいです」と呼びかけました。

空から舞い降りたミズハ

■“それは終わりから始まる物語”『アークザラッド R』ストーリー



勇者アークと聖女ククルが命と引き換えに魔王を封印するも、星全体を揺るがす大災害が発生し、世界の人口と大陸の半分を失った「大崩壊」から10年。復興を押し進める国の1つ、水上都市国家・ミルマーナでは聖櫃(せいひつ)戦争の英雄の1人でもあるサニア公女が国の代表として復興を指揮していた。


ミルマーナ自警団に所属する主人公のハルトは、付近の村を襲った大国アルディアの戦艦から、ハルトが謎の少女ミズハを救出したことで、止まっていた運命の歯車が再び動き始める。


世界崩壊前の文明レベルにまで急激に復興した軍事国家アルディアが世界征服のために動き出す中、ハルトたちは対抗するために他の国々を回って行くというのが当面の流れになるとのことです。シナリオはメインストーリーのほかに、キャラクターを掘り下げるキャラクターストーリーがあります。


■直感的に片手でも操作できる縦画面


左から新川はるか氏、佐藤悠平氏

開発スタッフの新川はるか氏(株式会社オルトプラス 第3スタジオ スタジオ長)と佐藤悠平氏(株式会社オルトプラス 第3スタジオ)からは、開発中のバトルについて説明がありました。


シリーズの特徴である戦略性を重視したシミュレーションバトルは、新作でも活かされています。敵味方の位置取りが戦局を左右するため、準備画面では敵全体の位置取りを確認して自分のユニットを配置可能。基本操作は移動したい場所をタッチするか、指をスワイプさせることでキャラクターを縦横無尽に移動させることができます。

移動後にキャラクターの位置を変えずに方向転換する場合、キャラクター自身をタップすることで90度ずつ変えることができ、攻撃する際は赤く表示されたターゲットを敵に合わせて、攻撃ボタンを押すことで攻撃を実行。正面から攻撃すると反撃を受けてしまうので、いかに敵の背後を取りつつ、自分の背後を見せないかが重要なポイントになります。

また、一部キャラクターには色々なオートスキルが実装されており、緑色で表示されている枠の中にいるキャラクターに自動で影響を及ぼします。新作で登場するミズハに関しては、味方ユニットのHPを回復させるオートスキルを持っているそうです。


アクティブスキル(必殺技)の発動にはMPを溜める必要があり、キャラクターごとに設定されたロールによって溜まり方が違うとのこと。アタッカーであるトッシュであれば、敵を攻撃することでMPがどんどん溜まるようになっています。


実際の試遊会でも、縦画面での操作を試してみましたが、レスポンスが早いのでマップ全体確認やキャラクターの移動などサクサク進められました。従来のファンは「ああ、あのアークが帰って来た!」的な感慨深さを覚えるのは間違いないですし、新しくプレイする方も新感覚のバトルを楽しめる仕上がりになっています。

■やり込み要素も充実


シリーズ第1作・第2作において、隠しキャラクターが仲間になるなどのやり込み要素が充実していた地下遺跡やハンターギルドの依頼は新作でもあるほか、プレイヤー同士がユニットを組んで戦うアリーナも実装されます。

シリーズおなじみの要素・地下遺跡

目指せ最高のハンター!ハンターズギルド

対人戦が楽しめるアリーナ

■ガチャでお目当てのユニットを仲間にしよう


屈指の攻撃力を誇るシリーズ人気キャラのトッシュ(★5)

勇者アークの幼なじみ・ポコ(★5)

シリーズ第2作のヒロイン・リーザ(★5)

新作は基本プレイ無料のゲーム内課金ありで、ユニットを引き当てるガチャがあります。精霊石を溜めることでガチャが引けるそうで、現在確認されている限り、同一ユニットでも★3~5までバージョン違いがありました。ユニットを育てる中でレベル上限が解放されるのか、始めから全く違う性能に分けられているのか、続報が待ち遠しいところです。

■キャラクター強化と装備強化



ユニットは戦闘で得る経験値のほか、強化素材によってもレベルを上げられます。さらに能力解放することで、キャラクターはどんどん強くなっていきます。装備も同様に強化素材で強化でき、さらには生成ができます。


■事前登録キャンペーンとTwitterキャンペーンの報酬


7月30日12:00からアプリ配信まで事前登録キャンペーンとTwitterキャンペーンが開催されます。

<事前登録キャンペーン報酬>
1万人突破:精霊石100個
3万人突破:ゴッズ(キャラクターや武器強化アイテム)50,000G
5万人突破:精霊石200個
7万人突破:虹の大結晶5個
10万人突破:精霊石300個
20万人突破:トッシュ(★4)


<Twitterキャンペーン報酬>
期間中に『アークザラッド R』公式Twitter(@arcthelad_r)をフォローし、キャンペーン対象のツイートをリツイートした人の中から抽選で20人に、プレイステーションソフト復刻仕様『アークザラッド R』インフォメーションキットなどが抽選で当たります。




今から楽しみで仕方がない『アークザラッド R』。こうなると気になるのが、新作のキービジュアルに後ろ姿が映っているキャラクターです。同日の発表会で土田氏は明言を避けましたが、今後の物語に大きく関わって来るのかもしれません。トレードマークのバンダナや鎧姿から想像するに、アークだと思えるのですが果たしてどうなるのか。もしもアークやククルをユニットで使うことができたら、本当に泣きそう。

予告された際のキービジュアル

※ゲーム内の画像は全て開発中のものです

(C)Sony Interactive Entertainment Inc. (C)ForwardWorks Corporation.
Developed by AltPlus Inc.
《乃木章》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』第2部第4章「創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ」開始はこの後21時から!「ラクシュミー」など新サーヴァント3騎もお披露目

    『FGO』第2部第4章「創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ」開始はこの後21時から!「ラクシュミー」など新サーヴァント3騎もお披露目

  2. ジバコイルMAX強化で徹底検証!痺れる電気タイプの革命を見たか【ポケモンGO 秋田局】

    ジバコイルMAX強化で徹底検証!痺れる電気タイプの革命を見たか【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

    『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  4. 『FGO』第2部 第4章やコラボに携わったクリエイター陣がTwitterを賑わせる! 貴重な設定画や想いなどをお披露目

  5. 『ロマサガRS』お勧めの育成キャラ結果発表!評価基準は耐久力と火力…1位はあの大剣使い【読者アンケート】

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 「FGO Fes. 2019」の詳細発表!「酒呑童子」「ロビンフッド」「マルタ」の描きおろしイラストやタイムテーブルなどを公開

  8. G123『ビビッドアーミー』個性豊かな18人の英雄を追加!陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けろ

  9. 誰も行かない雪山のてっぺんなら、金ジム楽勝なんじゃね?約1ヶ月にも及んだ涙のドキュメント【ポケモンGO 秋田局】

  10. 攻めて良し、守って良しな「のしかかり」ケッキング!ジム戦にて徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る

1