人生にゲームをプラスするメディア

日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

6月29日、日本テレビが会見を開き、eスポーツ事業への参入を表明しました。そこで発表された、日本テレビ傘下となるプロゲーミングチーム「AXIS」と、eスポーツ専門番組「eGG」に関する情報をお届けします。

ゲームビジネス その他
日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始
  • 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

6月29日、日本テレビは日テレホールにて会見を開き、e-Sports事業に参入することを発表しました。また、e-Sports事業に特化した子会社アックスエンターテイメント株式会社を設立し、プロチーム「AXIZ(アクシズ)」を結成してe-Sportsシーンに参入します。

会見では、アックスエンターテイメント代表取締役の小林大祐氏が登壇。今回の参入は、日本テレビグループの新規事業提案制度で、テレビゲームやe-Sportsを愛好する18名の社員によって提案され、実現した事業であると設立の経緯を明かしました。

アックスエンターテイメントの理念は、誰もが気軽にできるe-Sportsの楽しさを広く伝えること。そのために、一般にはネガティブに見られることすらあるゲームの印象をポジティブなものに変え、試合観戦を楽しむシーンを作り上げていきたいと意気込みを語っています。


「AXIZ」の具体的な活動としては、プロ大会への出場、選手の練習風景などのWeb実況配信、そして、e-Sportsに関連するイベントや番組への出演という三本の柱を掲げました。また、『シャドウバース』の「RAGE Shadowverse Pro League」への参戦も表明。7月7日に開催されるRAGE主催の説明会を経て、同リーグの規定に則って所属選手の募集が同日より開始されるとのことです。


また、e-Sports界の最新ニュースや、プロゲーマーたちの姿を追うe-Sports専門番組「eGG(エッグ)」が、7月19日24時59分より、月1回の50分番組としてスタートします。DAIGOさんと生駒里奈さんがMCを務め、ゲームキャスターの岸大河さんがレギュラーとして出演予定。「AXIZ」結成までのドキュメンタリーのほか、今活躍しているさまざまなプロチームに出演を依頼し、プロのゲームプレイを実演してもらったり、DAIGOさんたちが実際にゲームを体験するような企画を予定しているとのことです。

写真左から、「eGG」でMCを務める生駒里奈さんとDAIGOさん、同番組にレギュラー出演するゲームキャスターの岸大河さん

「初回放送分の収録は5時間の特番にしてもいいくらいの濃密さでした」とDAIGOさん

最後に番組への意気込みを求められると、DAIGOさんは「番組でどんなゲームが取り上げられるか、楽しみにしていてください。e-Sportsの魅力を日本に広めていきます」、生駒さんは「e-Sportsを初めて知った方にも、その楽しさを伝えられるようがんばります」、岸さんは「実況として、キャスターとして、(e-Sportsと)みなさんの橋渡しになれればと思います」とそれぞれに思いを語りました。


◆日本テレビ、およびアックスエンターテイメントの描く未来は?


会見終了後に行われた、アックスエンターテイメントの代表取締役・小林氏と、「eGG」と「AXIZ」のプロデューサーを務める日本テレビの佐々木まりな氏へのメディア合同インタビューで分かったこともお伝えします。

まず、7月19日から放送開始となる「eGG」は、あくまでe-Sportsそのものの楽しさや魅力を発信する番組。「AXIZ」を特別扱いすることはなく、さまざまなプロチームに出演を依頼していくとのこと。

「AXIZ」所属のプロゲーマーは、参戦する「RAGE Shadowverse Pro League」の規定に則り、まずは4名からスタート。「AXIZ」は日本テレビ傘下のプロチームとなりますが、あくまでプロゲーマーとして所属してもらうのであって、今のところはセカンドキャリアの支援などは予定にないそうです。

アックスエンターテイメントのスポンサーには、オールアバウトナビとティップネスが名を連ねます。オールアバウトナビにはショート動画メディア「チルテレ」を通じて「AXIZ」所属選手やe-Sportsのニュースを発信してもらい、ティップネスは専属トレーナーが(長丁場の)試合に向けた体力づくりや適切な食事、休息の取り方などをサポートするとのこと。

「テレビ局が今、e-Sports事業に乗り出す意義は」という質問には、「e-Sports界で活躍するプロ選手や視聴者には10代、20代の方が多く、インターネットに親しんで育った世代。その中には、テレビとあまり縁がない方もいらっしゃいます。AXIZとしてシーンに参戦しつつ、プロ選手のみなさんやシーンを応援することで、私たち(日本テレビ)のこともアピールできれば」と佐々木氏。

小林氏は「私たち一人ひとりが、ゲームを楽しむプレイヤーでもありますので、ゆくゆくは、プレイヤーのみなさんのコミュニティに何らかの形で接触させていただくこともあるかもしれません」と将来の可能性に言及しました。

テレビ局の参入はe-Sports界にどのような風を吹かせるでしょうか? e-Sports専門番組「eGG」は、7月19日24時59分より放送されます。

(C)AX-E,Inc.
(C)NTV
《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】

    【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  2. これが“遊び心と技術力”を掲げる「トイロジック」だ! 自社エンジンへのこだわりから開発環境まで、岳洋一氏と社員に直撃―社長へのダメ出しも!?

    これが“遊び心と技術力”を掲げる「トイロジック」だ! 自社エンジンへのこだわりから開発環境まで、岳洋一氏と社員に直撃―社長へのダメ出しも!?

  3. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

    PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  4. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  5. 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. 世界初、“寝ながら”に特化したVRデバイス「HalfDive」発表!クラウドファンディングで支援者を募集

  8. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

  9. 中裕司氏がスクウェア・エニックスを退職していたと明かす―『ソニック』を生み出したゲームクリエイター、同社では『バラン ワンダーワールド』を手掛ける

  10. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

アクセスランキングをもっと見る