人生にゲームをプラスするメディア

米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」

ソニー PS4

米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
  • 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
  • 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。

先日トルネードの被害に見舞われた米国ノースカロライナ州グリーンズボロですが、現地に住むアントン・ウィリアムズさんは、トルネードが猛威を奮っている最中、家でひたすら『フォートナイト』のプレイに興じていたご様子。豪Kotakuによれば、彼は当時を振り返って『フォートナイト』を遊びながら「ただ物凄い騒音を聞いた」「窓を見て、目の前の家の屋根が落ちるのを見た」と証言。そのあとはゲーム内の残り参加者が2人しかいなかったため、「ゲームを終えようとしていた」と述べています。

電線が落ち、トラックが転倒し始めたのが見えたところで彼は妹と甥をバスルームに連れて安全を確保。彼と親族は大きな被害を受けてなかったらしく、現地記者に避難時の心境を尋ねられたウィリアムズさんは、「正直、ゲームのことを考えていただけだった。周りのみんなも大丈夫だろうと思っていた」と語ったということです。

ちなみに『フォートナイト』ゲーム中には、嵐(ストーム)がプレイヤーを苦しめますが、実際の嵐の中でもプレイを続けたウィリアムズさんは、生粋の『フォートナイト』ゲーマーと言えるかもしれません。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  5. 「君は、あの物語を覚えている?」─『キングダム ハーツ』最新作に繋がる物語を特別編集! おさらいに最適な映像をお披露目

  6. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  9. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  10. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

アクセスランキングをもっと見る