人生にゲームをプラスするメディア

米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」

海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。

ソニー PS4
米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
  • 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
  • 米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」
海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。

先日トルネードの被害に見舞われた米国ノースカロライナ州グリーンズボロですが、現地に住むアントン・ウィリアムズさんは、トルネードが猛威を奮っている最中、家でひたすら『フォートナイト』のプレイに興じていたご様子。豪Kotakuによれば、彼は当時を振り返って『フォートナイト』を遊びながら「ただ物凄い騒音を聞いた」「窓を見て、目の前の家の屋根が落ちるのを見た」と証言。そのあとはゲーム内の残り参加者が2人しかいなかったため、「ゲームを終えようとしていた」と述べています。

電線が落ち、トラックが転倒し始めたのが見えたところで彼は妹と甥をバスルームに連れて安全を確保。彼と親族は大きな被害を受けてなかったらしく、現地記者に避難時の心境を尋ねられたウィリアムズさんは、「正直、ゲームのことを考えていただけだった。周りのみんなも大丈夫だろうと思っていた」と語ったということです。

ちなみに『フォートナイト』ゲーム中には、嵐(ストーム)がプレイヤーを苦しめますが、実際の嵐の中でもプレイを続けたウィリアムズさんは、生粋の『フォートナイト』ゲーマーと言えるかもしれません。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  2. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』ローンチトレイラーついに公開!

    『レッド・デッド・リデンプション2』ローンチトレイラーついに公開!

  4. 『バトルフィールドV』シングルモードの登場人物は各国の言語で話すことが明らかに

  5. 『電脳戦機バーチャロン』シリーズ3作品がPS4に移植決定!タニタ製ツインスティックにも対応

  6. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

  7. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』本日10月18日より配信開始

  8. 『CRYSTAR -クライスタ-』本日18日発売─公式サイトにはスタッフ陣からの熱いメッセージが!

  9. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”ゾラ・マグダラオスの開始日が10月19日に決定!重ね着装備「【オリジン】衣装」も入手可能

  10. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

アクセスランキングをもっと見る