人生にゲームをプラスするメディア

『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け

モバイル・スマートフォン iPhone

『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け
  • 『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け
  • 『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け
  • 『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け
  • 『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け
  • 『サカつく RTW』“セガフェス 2018”生放送にて元日本代表の久保が登場!イベントレポートをお届け

セガゲームスは、4月14日・15日に開催されたイベント「セガフェス 2018」にて、iOS/Androidアプリ『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』の生放送を行いました。

今回の生放送では、ゲストとしてサッカー元日本代表の久保竜彦さんが登場。山田プロデューサーと、熱いサッカートークを繰り広げました。

以下、リリースより引用

■イベントレポート

4月14日15日の2日間にわたり開催された“セガフェス 2018”にて、現在事前登録実施中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!』 (以下 サカつく)のスマートフォン向け完全新作『プロサッカークラブをつくろう! ロー ド・トゥ・ワールド』(以下 サカつく RTW)の生放送が行われました。

生放送には、サッカー元日本代表の久保竜彦さんがゲスト登場! 「この日をずっと楽 しみにしていた」という山田プロデューサーと、熱いサッカートークを繰り広げました。

山田プロデューサーは、久保さんのプレイを見て広島サポーターになった大の久保さんファン。初めて久保さんのプレイを見た時の感想を「すごい選手がいるぞ、どういう選手なんだろうと思い、どんどんのめり込んでいった。」と熱く語りつつ、当時のサッカーはどうだったのかと質問。久保さんは「なかなかボールが来なくて。でも、その1個、2個のチャンスを決められるようにと意識して練習を積んでいました」と真摯に答えていました。

「サカつく RTW」は、プレイヤーが財政難により解体が決まった地元チームのクラブ経営を引き継ぐところからストーリーがスタートします。久保さんは、解体寸前の地元チームを支えるベテラン選手としてゲーム内に登場します。自身のゲームキャラクター画像を見た久保さんが「ぼく、こんな顔ですかねえ」とつぶやくと、まわりからは「似ている」との声が。

山田プロデューサーは「アンダーでもサッカーを続けられ、長くサッカーに携わってきた久保さんの姿をいいな、と思っていました。このゲームは一からクラブを作っていくのですが、その過程に久保さんがいたらロマンがあるなと思ったんです。」と久保さん起用の理由を語りました。

話は、久保さんの現在の指導者としてキャリアの話に。司会者からの「お子さんに教える時は何を心がけているのか」との質問に対し、久保さんは「今の子供は、子供の頃からしっかり教えられすぎていて、いっぱい情報を持っているんです。そんな中で「こうやりたい!」「こう考えているんだ!」という自分の発想を出していけるような雰囲気作りを考えています」と答えました。

ここで、新作のプロモーションムービーが流れると、話は「サカつく」のキーワードのひとつである「地元」へ。

実際に広島サポーターでもある山田プロデューサーから「サポーターの声は力になるのか」と問われると、「スタジアムの声っていうのは、やらなきゃいかん。きついけど、もう一個やれる、そう思わせるパワーがあります」と久保さんは力強く答えました。その言葉に、山田プロデューサーは「ゲームでもサポーターを増やすという事を取り入れていって、それが選手に力を与える、というところまでやっていきたい」と意気込みを語りました。


続いて話は、新機能であるオリジナル選手作成機能「フォトつく」へ。「フォトつく」は、画像認識機能により作成時のキャラクターのレアリティやポジション、能力値がそれぞれ異なるため、ここでは、山田プロデューサーが司会者を被写体に選手作りに挑戦。司会者から作成されたキャラクターは、レアリティは★3、右のサイドハーフという結果になりました。ここからは久保さんの代表時代の話へ。監督が実際に指導する時に見せてくれたトラップやキックのうまさに感動したことや、苦労話などを懐かしそうに語りました。


生放送最後のコーナーでは、実際にゲーム内で活躍する久保選手の動画を初公開! 山田プロデューサーが「あの広島時代のあの試合のロングシュートじゃなければ意味がない」とシチュエーションにまでこだわって作成した「サカつく」でお馴染みのスーパープレイの特殊演出「光プレイ」で再現されたロングシュートを見た久保さんは、その時のゴールを思い出し「嬉しいですね。あれは、本当に気持ちよかったです」とコメント。これからも実際の選手たちにあわせたプレイを入れていきたいという山田プロデューサーに「記憶に残ったライバル、チームメイトのプレイは」と聞かれると「小野くん。小野くんのトラップはやっぱりすごかった」と答えていました。最後に「間もなく配信予定ですのでぜひお待ちください」とゲームをアピールする山田プロデューサーを久保さんも「僕もやってみたいです」と後押ししていました。

久保竜彦さんも登場する「サカつく RTW」にご期待ください!

■“セガフェス 2018”生放送アーカイブ DAY1:
https://www.youtube.com/watch?v=9eS77uJ4SFY
(「サカつく RTW」は 2:01:23 頃から放送)

■『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』公式サイト:
https://sakatsuku-rtw.sega.com

■事前登録はこちら:
https://sakatsuku-rtw.sega.com/pre-registration/

(C)SEGA
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ハリー・ポッター:ホグワーツの謎』国内モバイル配信開始ーホグワーツの生徒になって魔法界を楽しめる!

    『ハリー・ポッター:ホグワーツの謎』国内モバイル配信開始ーホグワーツの生徒になって魔法界を楽しめる!

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『世紀末デイズ』プレイレポ―『不思議のダンジョン』チームの最新探索型RPGをいち早く体験!

    『世紀末デイズ』プレイレポ―『不思議のダンジョン』チームの最新探索型RPGをいち早く体験!

  4. 今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

  5. iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より国内配信開始!事前登録でゲーム内アイテムが貰える

  6. 『PUBG MOBILE』事前登録ユーザー数が開始初日で25万人突破、新たなプレゼントアイテム追加へ

  7. 『サカつく RTW』GW特別イベント開催―「フォトつく」選手をシェアして賞品をゲットしよう!

  8. 『アズールレーン』が新宿メトロプロムナードをジャック!期間限定で「明石の誤発注マスク」も配布

  9. 『オルサガ』3周年記念生放送で「UR カティア」を発表! 今後の展開や最新情報を披露─新章の配信時期も判明

  10. 『アズールレーン』綾波にロックな新着せ替え衣装が追加!指揮官、一緒に音楽を聞くのはどうですか?

アクセスランキングをもっと見る