人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本

『モンハン:ワールド』に登場するモンスターたちの“尻尾”を集めてみました。ハンターならみんな大好きな部位。じっくり見ていきましょう。

ソニー PS4
『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本
  • 『モンハン:ワールド』みんな大好き“モンスターの尻尾”―プケプケからイビルジョーまで11本

『モンスターハンター:ワールド』のみならずシリーズ通して、狩りの重要なファクターとなっている“部位破壊”。その中でも「尻尾の切断」というのは、実質的に剥ぎ取り回数がプラスされるので、優先されることの多い要素となっています。

「尻尾の切断」は、近接武器―特に、大剣・太刀・スラッシュアックス・チャージアックス―にとって、もはや“使命”といっても過言ではありません。近接ハンターたちが、「俺が切るんだ!」と尻尾に群がる光景を見ることも多いでしょう。

今回は、そうして切断された尻尾たちを見ていきましょう。ピックアップするモンスターは11体。断面図までリアルになった尻尾たちをお楽しみください。



◆プケプケ




順当にストーリーを進めた場合、狩猟対象としては一番最初に出会う“尻尾切断”が可能なモンスターです。はじめての尻尾切りはプケプケだった、という方も多いかと思います。中々見る機会はありませんが、尻尾から毒霧を吹き出したりします。切断された尻尾は、見た目は若干気持ち悪い気もしますが、見方によってはカラフルでカワイイと思えるかもしれません。

◆ドドガマル




装備は中々優秀ですが、本人は微妙に影が薄いドドガマルくん。ドスジャグラス・ドスギルオスとともに、ドドド三兄弟の一角を担うモンスターです(その節はお世話になりました)。中型モンスターですが、ドスギルオスと同じく尻尾の切断が可能。きれいな桃色の尻尾で、形はいかにもトカゲという感じ。断面は妙にみずみずしく、骨が通ってないようにも見えます。

◆ボルボロス




先端の甲殻部分が切れるボルボロス。どことなくエビとか虫っぽい見た目をしています。このままシャコシャコ動き出してもあまり違和感がありません。断面からは、一本の太い骨と強靭そうな筋肉、その周りを囲む硬そうな甲殻を見て取れます。でも肉質的には柔らかめ。泥さえ取ってしまえば切断は容易です。

◆ウラガンキン




同じく獣竜種からコチラもご紹介。ごっつい尻尾を持ってますが、切り落とせるのは先端ちょびっとだけ。金色の突起とタール状部分にくっついた火薬岩から、断面さえ見なければ鉱石の塊のようにも見えます。タール状の粘着物に覆われた尻尾ですが、断面を見てみると結構特徴的な形をしていることがわかります。筋肉・甲殻もさすがのゴツさです。

◆オドガロン




鱗や毛が見当たらず、まるで筋肉丸出しのようにも見えるオドガロン。全体的に柔らかくしなやかそうな体をしていますが、尻尾の切断可能部位は(肉質は柔らかめですが)まるで石のような見た目をしています。バックジャンプしながら繰り出す尻尾攻撃が威力高めなのもうなずけます(直撃することはあまりありませんが)。断面を見る限り、この部分には骨が通ってないように見えます。

次のページ:個性豊かな尻尾は、まだまだあります!
すえなが
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PlayStation期間限定セール「Days of Play」開催!『Ghostwire: Tokyo』や『サイバーパンク2077』も半額

    PlayStation期間限定セール「Days of Play」開催!『Ghostwire: Tokyo』や『サイバーパンク2077』も半額

  2. 「PlayStation Plus」大幅リニューアルは6月1日!PS Nowとの統合やPS/PS2/PS3タイトルのフリープレイに対応する上位プランも登場

    「PlayStation Plus」大幅リニューアルは6月1日!PS Nowとの統合やPS/PS2/PS3タイトルのフリープレイに対応する上位プランも登場

  3. PS Plus向けサブスク「Ubisoft+ Classics」5月24日より27タイトルの提供開始―『Far Cry』シリーズや『アサシン クリード ヴァルハラ』など

    PS Plus向けサブスク「Ubisoft+ Classics」5月24日より27タイトルの提供開始―『Far Cry』シリーズや『アサシン クリード ヴァルハラ』など

  4. 【Amazon】PS5の純正コントローラーやヘッドセットが1,000円以上お得になるセール「Days of Play 2022」開催中!

  5. クイックセーブ&巻き戻しでクラシックタイトルがさらに楽しく?新生PS Plusの更なる追加機能が明らかに

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【5月25日】─「ノジマオンライン」「古本市場」で受付が継続中

  7. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  8. 新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

  9. 「誓って殺しはやってません」桐生一馬、参戦!『レインボーシックス シージ』×『龍が如く』コラボスキンまもなく販売!

  10. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

アクセスランキングをもっと見る