人生にゲームをプラスするメディア

【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

ゲームビジネス VR

【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』
  • 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

今回プレイするのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』。本作は、あの『ICO』や『ワンダと巨像』を手がけた上田文人氏がおくる『人喰いの大鷲トリコ』のVR版です。

本作は、トリコとコミュニケーションを取りつつ遺跡を探索するVRゲームなのですが、残念ながらトリコ本編は未プレイなので「何かでっかい変な動物が出てくるんやろな~」程度の浅い知識でプレイしてみました。


いきなり遺跡の中からゲームスタート。

あ、こういう雰囲気のゲーム好きだな。遺跡探索するゲームもっと出ねえかなあ」と周りを見回していると


なんかおる!猫ちゃんやんけ!

猫ちゃんおいでおいで~!と呼んでみると




うわ~、くそでっけ……超怖いんですけど……


ビビってヘコヘコしながらも(さぞかしでっかいウンコするんやろな~)などと最低な事を考えていたら


全てを見透かしたかのように近寄ってきた。


ビックリしすぎてお嬢ちゃんみたいな声を出すおじさん。

そもそもこのゲーム何をしたらいいんだろうと思っていると


トリコ先輩が「背中登れよ」と言わんばかりのポーズを取ったので、恐る恐る登ると次の部屋に辿り着く。

そうか、これはトリコ先輩と協力して先に進んで行くゲームなのか。どんどん協力して先に進んで行きましょ……


おじさんに対して友好的な態度を取っているトリコ先輩であるが、目の前まで近づいてくるとやっぱり怖い。もしかして食われるんじゃないかと恐怖してしまう。


トリコ先輩と遺跡の外に出ると、そこには壮大な景色が広がっていた。この景色をただ眺めるだけでも楽しい。心が洗われる。


下を見てみると……うわっ高ぇ~……(おじさんのきんのたまがキュンとした)


うーむ。どうやら次の場所に進むには、この橋を渡らなければならないのだが……橋が途中で壊れて渡れないみたいだ。




そんな時、トリコ先輩が宙を舞い、橋の上まで回り込んできた。

トリコ先輩は「ほらジャンプしろよ!お口でキャッチしてやるからさ!でも間違って飲み込んだらごめんな!」と言っているようだった。


おじさんはトリコ先輩に見事キャッチされ、背中に乗って次の遺跡の中へと進む。

しかし、そこでゲームは突然終了。本作は、あくまで『人喰いの大鷲トリコ』の世界を体験するデモ作品なので、だいたい10分程で終了する。2周目は落ち着いた気持ちでプレイ出来たので、トリコ先輩のどアップを堪能したり


耳の中に入ったりもした。


むやみにリアルな動物の耳。



ゲーム中にプレイヤーが出来る事は「移動する」「呼ぶ」「タルを投げる」などあまり多くはありませんが、十分トリコの反応を楽しむ事が出来ます。無料の作品なので1プレイはすぐ終わってしまいますが、トリコに会うために2度3度とプレイしたくなります。また、『人喰いの大鷲トリコ』の幻想的な空気感を味わえるので、同作をプレイした人は感動するでしょうし、未プレイの人もどんな雰囲気のゲームなのか肌で感じ取れるはずです。

あと「小さくなってうちの飼い猫の背中に乗って遊びたいなあ」などとメルヘンチックな事も考えていたのですが



まあこうなるだろうなという事を、本作をプレイしてしみじみ思いました。

『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』はPlayStation4を対象に無料配信中です。

吉田輝和のプロフィール:17年以上にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」をはじめとした人気漫画のモブキャラとして登場しており、日々その存在感が高まっている。ちなみに、巨大な食べ物を作っていく企画でカルト的な人気を誇る個人ホームページ「吉田が巨大な物を作ってますよ」も運営中。
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  4. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

アクセスランキングをもっと見る