人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!

ソニー PS4

【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!
  • 【プレイレポ】『スカルガールズ 2ndアンコール』適当に技を出すだけでも底抜けに気持ち良い、異色の2D格闘アクション!

Youtube :https://youtu.be/cF7GtfSDvqg

2017年9月のPS Plusフリープレイソフトして配信されているPS4/PS Vita『スカルガールズ 2ndアンコール』。本作は「暴力的でダークな世界観」&「カートゥン調で描かれた可愛らしいキャラクター」という、異色の組み合わせが独特の魅力を生み出している2D対戦格闘ゲームです。キャラクターの動きはどれもコミカルで、想像の斜め上を行くものばかり。格闘ゲームと聞くと「難しい」「怖い(?)」といったイメージを持つ方も多いかもしれませんが、本作は適当にボタンを押して技を繰り出すだけでも相当に気持ち良く、あまり格ゲーを遊ばない人にこそ触ってもらいたい作品です。

今回は、そんな『スカルガールズ 2ndアンコール』のプレイレビューをお届けします。

◆世界を破滅に導く「スカルガール」との壮絶な戦い



まずは『スカルガールズ 2ndアンコール』の魅力を語る上では欠かせない、本作の世界観からご紹介しましょう。

若い女性の願いを叶えてくれると言われている伝説のアーティファクト「スカルハート」。多くの人々がスカルハートを求めますが、心が汚れた者の願いは歪んだ形で叶えられ、願った本人も世界を破滅に導く存在「スカルガール」へと変えられてしまうという、恐ろしい呪いが隠されていました。

そしてまた、新たなスカルガールが出現します。世界が大混乱に陥る中、ある者は失った記憶を取り戻すため、またある者はスカルガールに協力するため、壮絶な戦いの中へと足を踏み入れていくのです。



登場キャラクターは、謎の生物に寄生された女子高生、頭に2本の腕を付けたサーカス団のスター、スカルガール用生体兵器に改造された小生意気な少女、様々な医療器具を使って殺戮を重ねるナースなど、一癖も二癖もあるキャラばかり。“個性豊か”という言葉では収まりきらないほど、エキセントリックでぶっ飛んでます。

ストーリーモードでは、彼女たちがなぜ戦いに身を投じていくのか、その詳細が語られます。中には「誘拐」「人体実験」など、壮絶な言葉が飛び交う話も多く、ポップでキュートな見た目とは裏腹に、かなりヘビーな話が展開することも…!



◆格闘ゲームの常識を覆す、型破りな技こそが本作の真骨頂!


『スカルガールズ 2ndアンコール』最大の見所は、格闘ゲームの常識を鼻で笑い飛ばすほど型破りな必殺技の数々。自らの首を飛ばして敵を追い詰める、点滴に使う器具を槍のように振り回して相手を突き刺すなど、これまでの格闘ゲームでは見たこともない技が、画面狭しと飛び交います。

本作の生みの親であり、クリエイティブディレクターを担当したAlex Ahad氏は、大の日本ゲームファンであり、作中にはそれらを連想させるようなオマージュが満載。キャラクターの必殺技を見ているだけで、思わずニヤリと笑ってしまう瞬間に出会えることでしょう。




奇抜な見た目とは異なり、操作方法はいたってシンプル。複雑なコマンド入力は一切必要ありません。ボタンを順番に押していくだけでも連続技が繋がっていくので、ほかの格闘ゲームを遊んだことがあれば、初日からそれっぽく動かせるかと思います。

トレーニングモードには、操作キャラクターや各種設定を自由に決められる一般的な「トレーニングルーム」に加えて、本作の基本が学べる「チュートリアル」、様々な条件の中でCPUと対戦する「チャレンジ」、各キャラクターのコンボが練習できる「トライアル」が用意されています。

そのなかでも「トレーニングルーム」の充実っぷりが半端ではなく、ゲームスピードにスローをかけたり、キャラクターや技の当たり判定を表示できたりするほど。本作はいわゆる“コンボゲー”に属しており、練習すれば“永久コンボ”を成立させることも可能です。トップを目指すプレイヤーが、集中してやり込める環境が整えられているのも嬉しいですね。(なお、永久コンボから抜け出すシステムもちゃんとあります。一方的に倒されることはないのでご安心を。)



筆者はゲームセンターで本作を見かけた際、見た目のインパクトに大きな衝撃を受け、キャラクターの技モーションを見るためだけにコインを入れ続けた経験があります。もちろん、ガチガチに練習して対戦に明け暮れるのも一つの遊び方です。しかし、適当にボタンを押すガチャプレイでキャラクターの動きを堪能し、偶然に連続技を成功させて「おっ、10ヒットもいった」なんて小さな幸せに浸るのもまた、格闘ゲームの楽しみ方のひとつではないでしょうか。

動かすだけで気持ち良いという、アクションゲームの根幹ともいえる魅力が存分に詰まった『スカルガールズ 2ndアンコール』。気になった方はぜひ一度、気楽にペチペチとボタンを押してみてください。その操作にきっと、キャラクターたちは人知を超えた技の数々で応えてくれることでしょう。
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PS4/PS Vita『スカルガールズ 2ndアンコール』は、通常版が4,800円(税抜)、ダウンロード版が4,200円(税抜)にて発売中。また、2017年9月6日から10月3日まで、PS Plusのフリープレイソフトとして配信されています。

(C)2016 AUTUMN GAMES LLC. ALL RIGHTS RESERVED. Published in Japan by ARC SYSTEM WORKS
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  2. 『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

    『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

  3. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

    PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  4. 【TGS2017】人狼ゲーム+サスペンスドラマが楽しめる『Hidden Agenda』、駆け引きの果てに待つものは

  5. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

  6. 【PS4 DL販売ランキング】『ウイイレ2018 バルセロナエディション』初登場首位、『アサシン クリード 自由の叫び』は2位へ(9/21)

  7. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』DLC「モンスターハンター」トレイラー!【UPDATE】

  8. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

  9. 【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

  10. 『ぎゃる☆がん2』製作決定─「TGS2017」体験ブースでは制服コンパニオンがお出迎え!

アクセスランキングをもっと見る