人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

任天堂は、平成29年3月期決算を発表。売上高4,890億円(内、海外売上高3,590億円、海外売上高比率73.4%)、営業利益293億円、経常利益503億円、当期純利益1025億円と、今年1月に発表した業績予想を上回る連結経営成績となりました。

任天堂 その他
任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売
  • 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売
  • 任天堂ロゴ
任天堂ロゴ
任天堂は、平成29年3月期決算を発表。売上高4,890億円(内、海外売上高3,590億円、海外売上高比率73.4%)、営業利益293億円、経常利益503億円、当期純利益1025億円と、今年1月に発表した業績予想を上回る連結経営成績となりました。

この決算短信の中で、当期の経営成績の概況にも触れており、今年3月に発売されたニンテンドースイッチ関連についても言及。まず、同時に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は世界中で人気を博しており、ニンテンドースイッチ版を276万本(Wii U版を含めると、合計384万本)を販売したと明かします。また、ニンテンドースイッチ本体の販売台数は274万台にのぼり、ソフトウェアの販売本数は546万本と発表。新ハードのスタートは、全体的に好調な出足と言えそうです。

3DS関連では、『ポケットモンスター サン・ムーン』が1,544万本の大ヒットを記録。さらに、『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』が234万本、『星のカービィ ロボボプラネット』が136万本と、いずれも順調に販売本数を伸ばしたとのこと。こちらのハードウェアの販売台数は727万台、ソフトウェアの販売本数は5,508万本と、いずれも前年同期比増となりました。

一方、Wii Uは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がミリオンを記録したものの、ソフト・ハードともに前年同期と比べ大きく減少。ニンテンドースイッチに、据え置き機としての役割を渡す形となりました。

■任天堂 平成29年3月期 決算短信
URL:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/170427.pdf
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. マリオになれるマスクやまさにそのまま「ヨッシーのクッキー」─会場で販売する限定品や先行品をいち早く披露

  5. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  9. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る