人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった

その他 オリジナル

【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった
  • 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった

現実世界でゲームの登場人物となってフィールド内を歩きまわり、会話や戦いなどを行いながらストーリーを楽しむ体験型ゲーム「LARP」(Live Action Role-Playing)。例えるならばリアルTRPGのようなもので、いわゆるリアルゲームの一種だと言えます。欧米では大規模なイベントが開催され、盛り上がってきているLARPですが、日本では注目度が高まっている一方で、遊ばれている場所がまだまだ少ないのが現状です。


そんな中、ホラーイベントを多数手がける「方南町お化け屋敷オバケン」は、2016年12月23日に阿佐ヶ谷のTRPGカフェ「DARKGAME」で、クトゥルフ神話をモチーフとしたLARP「生贄たちの挑戦~狂気の館から脱出せよ~」を開催しました。

このイベントは「オバケン」と国内でのLARP普及活動を展開する団体「CLOSS」とのコラボレーションによって誕生したもの。日本にてLARPが商業店舗で開催されるのは今回が初めてで、その注目度の高さと1日限定の特別開催ということもあって、告知すぐさまチケットは完売。今回はその現場を実施に取材してきましたので、体験レポートをお届けします。

■関連記事
クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン
TRPGの始め方…体験方法からオススメのタイトルまで
中世クトゥルフ神話TRPG『クトゥルフ・ダークエイジ』初心者向けプレイレポ

取材・文:傭兵ペンギン(@Sir_Motor
企画・編集:栗本浩大(@koudai5511

◆表の顔と真の目的



まずは参加者全員にゲームマスター(以下、GM)からルールの書かれたハンドブックと、ロールプレイをするプレイヤー・キャラクター(以下、PC)の情報が書かれたカードが渡され、基本的な設定とゲームのルールが説明されました。ルールはオリジナルのもので、全体的には親戚であるTRPGのルールに近い印象。テーマ的にも「クトゥルフ神話TRPG」の影響が感じられ、同作に親しんでいる人であればそのイメージで遊べるようになっています。

なお、各キャラクターにはクラスが割り当てられており、チケット購入時にクラスを選択するという仕組み。各クラスに設定されているスキルは、特殊な行動をするために使用します。例えば宝箱を空けるには「鍵開け」のスキルが必要ですが、その宝箱の中にあった古い地図の内容を解読するには「考古学」のスキルが必要になるため、ゲームを上手く進めて行くためには連携が重要になるのです。

■クラス
●学生(スキル:隠す、科学)
あなたは、都内大学に通う大学生だ。1年前にこの館の近辺に家族旅行に来たことがある。あなたは誰かを探していた。大切なあの人は、きっとこの館の近くにいる───目撃情報をもとに、この地へと足を踏み入れるあなたの決意は、決して揺らがない。

●探偵(スキル:鍵開け、鋭敏感覚)
あなたは、新宿に探偵社を構える探偵だ。過去にいくつもの難事件を次々と解決して来たあなただったが、1年前からほとんどの仕事を断り、ただひとつの事件を追い続けている。その形相はまさに、鬼の如く───

●刑事(スキル:鋭敏感覚、科学)
あなたは、都内外れの署に勤務するしがない刑事だ。しかし2年前、幼馴染の友人が突然と姿を消した。幼馴染の書き置き、その胸騒ぎに、刑事としてのカンが「危険」を伝える───あなたは長期休暇届けを出し、幼馴染の捜索に乗り出した。

●考古学者(スキル:考古学、オカルト)
あなたは、学会ではまだまだ無名の考古学者だ。様々な分野の中でも「宇宙的生物の存在」について研究を進めるものの、決定的な証拠は未だ見つからず苦戦している。学会に認めてもらうためには、様々な調査が必要だ。あなたは調査の末、この館の付近へと足を伸ばした。

●軍人(スキル:機械、隠す)
あなたは、世界各国で傭兵家業を請け負う機械対応専門の傭兵だ。2年前までアフリカで仕事をしていたが、とある事件をきっかけに部隊は解体され、呆然としながら母国である日本へと戻ってきていた。しかし忘れようとすればするほど、あの事件の悪夢はあなたを夜毎悩ます。2年の月日が経ち、あなたはようやく「ある決意」をする。手がかりを掴むため向かった先は、この館だった───

●犯罪者(スキル:オカルト、鍵開け)
あなたは、古道具屋を営む店主だ。細々と稼ぎながらも、様々な買い付けを行うため日本全国を転々と動いている。そこへ、なんとも奇妙な話を聞いた。「あの館には、非常に歴史的な価値のある家具があるらしい」……おやおや、面白い。あなたは新たな商いのため、この地へと足を踏み入れた。

●占い師(スキル:占い、オカルト)
あなたは、水晶によって過去と未来を占うことができる占い師だ。その力は確かで、昨今少しずつ名が売れ始めている。たまたまこの近辺に旅に出ていたが、ふと、視界に入った大きく古い屋敷が気になった。そして気がつけば、その足は館へと向かっていたのだ───

●医者(スキル:医術、科学)
あなたは医者だ。今までに何人もの命を救い、感謝されてきた名医である。しかし気がつくと、あなたはこの館の中に立っていた。そして7名の「訪問者たち」が入り込み、ドヤドヤと部屋を勝手にいじり始めた。どうにも不愉快だが、自分も協力した方が良さそうだ。

さらに、本作には「マスカレイドシステム」と呼ばれるルールがあり、各PCには「表」と「裏」の顔が設定されています。例えば表向きは「会計士」というクラスだが、実は凄腕の「暗殺者」で、今はターゲットを追っているところである――といった感じで、どのPCも2つの顔を持っています。

実はゲームの目的にも表裏があり、表の目的は「死なずに洋館から脱出すること」、そして裏の目的は「マスカレイドシステムに書かれている真の目的を達成すること」なのです。裏の設定・目的は明かしても明かさなくてもOK。中には個人での達成は難しそうなものもあり、このシステムからも自然と協力が生まれるようになっています。


続けてプレイする上での注意事項の説明が行われました。LARPはTRPGとは異なり、実際に体を動かしてロールプレイをする必要がある関係で、安全対策が必要不可欠。今回のイベントではPCもNPCも一切接触禁止となっており、非常に丁寧な説明で安全に気を配っていることが伝わってきました。

そして説明の後は、いよいよゲーム開始。GMに連れられ、一同は会場内へ移動します。(ストーリーのネタバレを防ぐために一部内容を変更しています。)
《傭兵ペンギン》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選、『FGO』今年のサンタは「★4アルテラ」、『きららファンタジア』19時のサービス再開が不可能に…など(12/13)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選、『FGO』今年のサンタは「★4アルテラ」、『きららファンタジア』19時のサービス再開が不可能に…など(12/13)

  3. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

    【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

  4. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

  5. 日本初のプロライセンス発行e-Sports大会は「闘会議2018」で開催ー『ストV』から『モンスト』まで

  6. ド迫力のネルギガンテがメインに!『モンスターハンター:ワールド』サウンドトラックのジャケットが公開

  7. 『FGO アーケード』筐体細部&実物カードを写真で紹介!アルトリアが出なくてすまない…

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る