人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】PSVRで『P.T.』をプレイすると、さらに怖くなる…他ゲームでも試してみた

 

ソニー PS4
【レポート】PSVRで『P.T.』をプレイすると、さらに怖くなる…他ゲームでも試してみた
  • 【レポート】PSVRで『P.T.』をプレイすると、さらに怖くなる…他ゲームでも試してみた
  • 【レポート】PSVRで『P.T.』をプレイすると、さらに怖くなる…他ゲームでも試してみた

ついに発売した「PSVR」。『KITCHEN』や『サマーレッスン』といったVRならではのコンテンツが多数配信されていますが、ふとある疑問が過ぎりました。もしPSVRで『P.T.』をプレイしたらどうなるのだろうか――と。

「PSVR」には「シネマティックモード」という機能が搭載されており、既存のPS4タイトルや映像を仮想空間内のスクリーンで楽しむことが可能。最大225インチ(横幅5メートル)のスクリーンが2.5メートル先にあるように感じる仮想スクリーンですので、目の前いっぱいにゲーム画面が広がるのです。


そこで早速『P.T.』を「シネマティックモード」でプレイしてみたところ、かなり面白い体験ができました。当然ながら頭のトラッキングによる視点変更などは行えないものの、画面の見え方はほぼVRゲーム。通常環境のプレイでも十分に怖い本作ですが、「シネマティックモード」でプレイすると格段に没入感が増し、本作における過去最高の恐怖を感じることができました。特に『P.T.』は一人称視点のゲームであり、全体的に画面が暗いため、「シネマティックモード」との相性がいいのでしょう。なお、『P.T.』は小島秀夫監督がコナミ時代に手がけていた『サイレントヒルズ』のプレイアブルティーザーで、現在は配信を停止しています。


この効果は他の一人称視点のゲームでも同様で、『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』などでもVRゲームに近い感覚でプレイすることができました。三人称視点のゲームに関しては、映画館で映画を見ているような感覚です。


また2Dゲームの検証として『ブレイブルー セントラルフィクション』をプレイしてみたところ、ドットで描かれているキャラクターの細やかな動きを確りと見れるように。ガチの対戦環境として適しているとは言えませんが、思わぬ感動がありました。

なお、「シネマティックモード」には小・中・大という3段階のサイズ選択が可能で、大きいほど没入感・臨場感がありますが、その反面酔いやすいというデメリットが。ベストなサイズはコンテンツによって異なりますが、筆者としては中をオススメします。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『JUMP FORCE』ジャンプヒーローが現実でバトル!? コンクリート壁を撃つ“謎の穴”が新宿駅に出現

    『JUMP FORCE』ジャンプヒーローが現実でバトル!? コンクリート壁を撃つ“謎の穴”が新宿駅に出現

  2. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

    『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

  3. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

    『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  4. 『鉄拳7』DLC「ジュリア」とウォーキング・デッド「ニーガン」が2月28日に参戦―PVのラストにはオチも…

  5. 『JUMP FORCE』発売直前ローンチPV公開―ジャンプヒーローたちの必殺技や覚醒技が炸裂!

  6. 『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

  7. 『DEAD OR ALIVE 6』に「不知火 舞」が参戦決定―SNKコラボでさらにもう1人登場予定

  8. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. 『キャサリン・フルボディ』新キャラクター「リン」のエピソード&「ネロメガネ」による衝撃のビジュアルが明らかに!

アクセスランキングをもっと見る