人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、今回はフライハイワークスのブースレポートをお届けします。

任天堂 3DS
【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

◆プレイレポート


さて、簡単に新作タイトルを紹介しましたが、これらはあくまでも移植やローカライズタイトルです。しかしフライハイワークスのブースには、完全新作のタイトルも登場しています。

■『魔神少女エピソード3 -勇者と愚者-』


『魔神少女エピソード3 -勇者と愚者-』は、『魔神少女』シリーズの最新作となるタイトル。主人公である魔神「ジズー」を操作し、魔法を産む鉱石「シェガー」を巡る冒険を繰り広げる横スクロールアクションゲームとなっています。


今回は試遊台が登場していたのですが、そのタイトル画面のコピーライトを見てびっくり。なんと、『セガ3D復刻アーカイブス』シリーズなどで有名な有限会社M2(エムツー)の名前が記載されているのです。実はこの日、本作の開発をM2が担当すると発表されていました。


もちろん、ディレクターはシリーズ生みの親である「INSIDE SYSTEM」のNAN-A氏が担当。さまざまな美少女キャラクターやかわいい敵キャラクターがドット絵で登場し、『ロックマン』のような操作性で『グラディウス』のようなパワーアップ要素があるという基礎は変わりません。


とはいえ、プレイするといくらか違う点も見受けられました。まず、敵を倒して手に入る「トレース」による強化システム(画面下のSPEED、WING、POWERといったゲージ)の項目が減りシンプルになっていました。前作は要素が増えすぎてやや複雑になった嫌いがあるためか、調整されている模様です。


また、チェックポイントが可視化されるようになったり、ボスの攻撃における事前動作がよりわかりやすくなっていることも感じられました。前作でもだいぶ親切にはなりましたが、よりユーザーフレンドリーになろうとしているようです。

本作はNewニンテンドー3DSで試遊できたのですが、それでもところどころ処理落ちしていたのは気になるところ。とはいえ、まだ開発中のバージョンなので今後に期待といったところでしょうか。

“低価格で大ボリューム、さらにはかわいい美少女も古きよき2Dアクションも用意されている”といった点は前作でほとんど完成していました。新作ではそれをどのように超えてくるのか気になるところです。

■『ブレイブダンジョン』


また、『魔神少女』シリーズの派生タイトルである『ブレイブダンジョン』も出展されていました。こちらのジャンルはクロニクル2D RPG。シリーズに登場するキャラクター「アル」が主人公となっており、マジックアイテムを手に入れるためダンジョンを攻略していきます。


原作シリーズの2Dイラストを活かしたRPGとなっており、ドット絵のかわいいキャラクターがグリグリと動くことが特徴。『魔神少女』シリーズは本当にたくさんのキャラクターが存在するため、それらが仲間として登場するというのは良いアイデアでしょう。


ダンジョン探索場面はローグライクのような見た目ですが、シンボルエンカウント形式。フロアボスを倒して鍵を手に入れ、次へと進もうとしたところで体験版は終了となりました。


戦闘はテンポが良く、いくつかのスキルを使ったり敵のドロップアイテムを集めたり、さらにはクラスチェンジといった要素も存在し、シンプルながらダンジョンRPGとして必要なものは揃っているようです。「リベンジマジック」という原作要素も取り込まれており、特にキャラクターものとして見ると期待に応えられそうな印象を受けました。

◆終わりに


東京ゲームショウというと大きなブースばかりが目立ちますが、フライハイワークスのように規模は小さくとも見所がたくさんあるブースも存在します。目立たないところにも良作あり、ということで、ぜひ気になったブースはチェックしてみてください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C) SKIPMORE
(C) Kan-Kikuchi
(C) Flyhigh Works
(C) CIRCLE Ent.
(C)INSIDE SYSTEM (C)M2 Co., Ltd. (C)Flyhigh Works
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  3. これから始める『スプラトゥーン2』! 3月26日から遊べる無料体験版を最大限楽しむ6つのコツ

    これから始める『スプラトゥーン2』! 3月26日から遊べる無料体験版を最大限楽しむ6つのコツ

  4. 「どの『モンハン』が一番好き? 携帯機編」結果発表─1位は4割超えの票を獲得! 圧倒的支持を得たタイトルは…

  5. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!アグレッシブ編

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

アクセスランキングをもっと見る

1