人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、今回はフライハイワークスのブースレポートをお届けします。

任天堂 3DS
【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、今回はフライハイワークスのブースレポートをお届けします。

フライハイワークスは、ニンテンドー3DSなどでDLタイトルを配信しているパブリッシャーです。『魔神少女』『フェアルーン』『魔女と勇者』『ガンマンストーリー』などのシリーズ名を聞けば、ピンと来る方も多いかもしれません。

今年のフライハイワークスは、既に発売中のタイトルはもちろん、なんと7作品もの新作タイトルを出展。この新作タイトルはすべてプレイアブルになっているうえ、さらにここで新規開発タイトルまで発表されるのだから驚きです。

◆発表タイトル『ピコンティア』



さて、まず注目したいのは、ニンテンドー3DS/PS4/PC『ピコンティア(Picontier)』でしょう。東京ゲームショウ2016の初日に発表された本作は、『フェアルーン』シリーズなどを手掛けるSKIPMOREの箱庭系スローライフRPGです。


本作では、ドット絵で描かれた箱庭のような島で自由に生活できます。農作業、クラフト、採取、釣りといった要素のみならず、モンスターと戦ったりダンジョンを探索することも可能。また、住民や不思議な生き物たちとのコミュニケーションで進んでいくストーリーも見所になっているようです。


『ピコンティア』は2017年春配信予定。また、Steam Greenlightにページが登場しています。


同じくSKIPMOREが関わっている『フェアルーン2』が配信されたのは2016年7月13日、そして『ドランシア・サーガ』は2016年9月2日と、かなりのハイペースで新作が登場。実に意欲を感じられます。

◆ブースに展示されたタイトル


続いて、ブースに出展されているタイトルを見ていきましょう。『ドランシア・サーガ』や『クターシリーズ』などの配信中タイトルも登場していましたが、やはり注目はこれから配信される新作タイトルです。

■『アーバントライアル:フリースタイル2』


前作は17万DLを達成したニンテンドー3DS向けのタイトル。オートバイのトライアル競技をゲーム化した作品になっています。どこかで見たこともあるような気もする作品ですが、その低価格ぶりとニンテンドー3DSの市場にはありそうでなかった作品のため、なかなかの人気を博していたようです。

■『スバラシティ』


人気のスマートフォン向けタイトルが3DS向けに登場。隣接した同じ色の街をタッチして合体させ、より大きな都市を作り上げていくパズルゲームです。このようにひそかに需要があるタイトルを出してくれるのもフライハイワークスの良いところでしょう。タッチペン操作は快適で、違和感なくプレイできました。

■『ゲキヤバランナー ハバネロ』


ゲキヤバという名がついているように、難易度が高いオートラン系アクションゲームです。TGS向けの体験版となっていますが、それでもかなりヤバいレベルの難しさ。靴下を集める森の妖精さんは、続編となる今回でもかなりのヤバさに仕上がりそうです。

■『Quest of Dungeons』


スマートフォンやSteam向けに登場しているローグライクゲームで、今回はニンテンドー3DS版が初出展。「ウォーリア」「ウィザード」「アサシン」「シャーマン」といった4種の職業からひとりを選び、自動生成されるダンジョンの攻略に挑みます。


ローカライズもだいぶ進んでいるようで、ゲームオーバーになった時の「よくやった でもシんだ」には思わず笑ってしまいました。

■『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』


また、『魔界村』にそっくりな『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』も展示されていました。本作はレトロスタイルの横スクロールアクションゲームで、フライハイワークスがPS4向けのローカライズを担当します。
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  8. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  9. misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が語る「名探偵コナン」!GBの隠れた名作『疑惑の豪華列車』って知ってる?懐かしのレトログッズも紹介

  10. 『スーパーマリオサンシャイン』大人になった今なら、あの「トラウマンタ」も余裕? そんな気持ちで挑む約20年ぶりのマンタ戦

アクセスランキングをもっと見る