人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、今回はフライハイワークスのブースレポートをお届けします。

任天堂 3DS
【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表
  • 【TGS2016】「フライハイワークス」ブースで『魔神少女3』などをプレイ!新作の箱庭系スローライフRPG『ピコンティア』も発表

2016年9月15日~18日に開催される「東京ゲームショウ2016」、今回はフライハイワークスのブースレポートをお届けします。

フライハイワークスは、ニンテンドー3DSなどでDLタイトルを配信しているパブリッシャーです。『魔神少女』『フェアルーン』『魔女と勇者』『ガンマンストーリー』などのシリーズ名を聞けば、ピンと来る方も多いかもしれません。

今年のフライハイワークスは、既に発売中のタイトルはもちろん、なんと7作品もの新作タイトルを出展。この新作タイトルはすべてプレイアブルになっているうえ、さらにここで新規開発タイトルまで発表されるのだから驚きです。

◆発表タイトル『ピコンティア』



さて、まず注目したいのは、ニンテンドー3DS/PS4/PC『ピコンティア(Picontier)』でしょう。東京ゲームショウ2016の初日に発表された本作は、『フェアルーン』シリーズなどを手掛けるSKIPMOREの箱庭系スローライフRPGです。


本作では、ドット絵で描かれた箱庭のような島で自由に生活できます。農作業、クラフト、採取、釣りといった要素のみならず、モンスターと戦ったりダンジョンを探索することも可能。また、住民や不思議な生き物たちとのコミュニケーションで進んでいくストーリーも見所になっているようです。


『ピコンティア』は2017年春配信予定。また、Steam Greenlightにページが登場しています。


同じくSKIPMOREが関わっている『フェアルーン2』が配信されたのは2016年7月13日、そして『ドランシア・サーガ』は2016年9月2日と、かなりのハイペースで新作が登場。実に意欲を感じられます。

◆ブースに展示されたタイトル


続いて、ブースに出展されているタイトルを見ていきましょう。『ドランシア・サーガ』や『クターシリーズ』などの配信中タイトルも登場していましたが、やはり注目はこれから配信される新作タイトルです。

■『アーバントライアル:フリースタイル2』


前作は17万DLを達成したニンテンドー3DS向けのタイトル。オートバイのトライアル競技をゲーム化した作品になっています。どこかで見たこともあるような気もする作品ですが、その低価格ぶりとニンテンドー3DSの市場にはありそうでなかった作品のため、なかなかの人気を博していたようです。

■『スバラシティ』


人気のスマートフォン向けタイトルが3DS向けに登場。隣接した同じ色の街をタッチして合体させ、より大きな都市を作り上げていくパズルゲームです。このようにひそかに需要があるタイトルを出してくれるのもフライハイワークスの良いところでしょう。タッチペン操作は快適で、違和感なくプレイできました。

■『ゲキヤバランナー ハバネロ』


ゲキヤバという名がついているように、難易度が高いオートラン系アクションゲームです。TGS向けの体験版となっていますが、それでもかなりヤバいレベルの難しさ。靴下を集める森の妖精さんは、続編となる今回でもかなりのヤバさに仕上がりそうです。

■『Quest of Dungeons』


スマートフォンやSteam向けに登場しているローグライクゲームで、今回はニンテンドー3DS版が初出展。「ウォーリア」「ウィザード」「アサシン」「シャーマン」といった4種の職業からひとりを選び、自動生成されるダンジョンの攻略に挑みます。


ローカライズもだいぶ進んでいるようで、ゲームオーバーになった時の「よくやった でもシんだ」には思わず笑ってしまいました。

■『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』


また、『魔界村』にそっくりな『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』も展示されていました。本作はレトロスタイルの横スクロールアクションゲームで、フライハイワークスがPS4向けのローカライズを担当します。
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』いよいよ発売!話題の注目作で明らかになっている、新情報まとめ

    『ポケモンレジェンズ アルセウス』いよいよ発売!話題の注目作で明らかになっている、新情報まとめ

  2. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化も異なる姿に!?―新ポケモン&「ヒスイのすがた」情報まとめ

    『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化も異なる姿に!?―新ポケモン&「ヒスイのすがた」情報まとめ

  3. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化にも「ヒスイのすがた」が!? ファイナルPVに一瞬映る、謎のシルエット

    『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化にも「ヒスイのすがた」が!? ファイナルPVに一瞬映る、謎のシルエット

  4. 『遊戯王 マスターデュエル』データ共有するなら「新規ゲーム」を遊ばないで!取り返しのつかない仕様に注意喚起

  5. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』を買うべき3つの理由!アルセウスの活躍や新要素への期待も

  6. 『ポケモン』ヒスイ地方は“ヤバすぎる大地”! 目が赤く光ったヘラクロスにボコられて泣いた「レジェンズ アルセウス」先行プレイレポ

  7. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』新ポケモン「アヤシシ」「イダイトウ」公開! 力業・早業によるバトルの新要素も

  8. 『遊戯王 マスターデュエル』を騒がせる「エルドリッチ」って何!?“黄金卿”人気の秘密を解説

  9. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』新ポケモン&「ヒスイのすがた」まとめー新たな出会いが君を待つ

  10. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』キングとクイーンには、攻撃を避けつつ「シズメダマ」を連投!気合入れて臨むべし

アクセスランキングをもっと見る