人生にゲームをプラスするメディア

狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

ゲームビジネス インディ

狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…
  • 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…
  • 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…
  • 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

インディーデベロッパーMint Mentisが開発している『Year Of The Ladybug』。公開が延期されていた本作初のトレイラーが遂に披露されました。

今回、満を持して公開されたトレイラーは、以前、伝えられていたようにゲームプレイデモを含めておらず、コンセプトアートなどから構成されています。序盤には、子どもが描いたような可愛らしい絵柄の家族が登場していますが、不穏な何かに包まれるシーンが展開。本作に込められた狂気が十二分に感じ取れる内容になっています。


後半には、開発元Mint Mentisのアートディレクターを務めるDave Kang氏が本作について語っており、Pitch(宣伝)トレイラーと題されているように、『Year Of The Ladybug』に登場する印象的な敵を始め、今作にまつわる様々な部分をアピールしているようです。


実際のゲームプレイ映像も気になる『Year Of The Ladybug』は、現在開発中。対象機種や発売日は不明となっています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  5. 「小型家電リサイクル法」がスタート・・・ゲーム機、デジカメ、携帯端末が対象

  6. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  7. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 「トイザらス エクスプレス」全国6店舗オープン ― クリスマスシーズン向けに期間限定で

  10. 5歳の少年、ゲームでパニックに−母親はゲーム機を返品

アクセスランキングをもっと見る