人生にゲームをプラスするメディア

狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

ゲームビジネス 開発

狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
  • 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ
UPDATE(2017/1/20) :本作の開発中止が発表されたため、記事内容を変更しました。


独特の世界観や狂気に満ちたビジュアルから、ネット上でゲームファンからかつてない注目を集めていた、インディーデベロッパーMint Mentis開発のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』。未だ謎多きタイトルですが、2017年1月19日に開発中止が発表されました。本記事では、これまでに公開された情報を掲載しています。

■ストーリー/コンセプト
    ・2020年のカナダにある架空の都市Oakwoodで、不気味な生き物が跋扈する病院Glenroseの謎に挑むというもの
    ・物語のプロローグは公式サイトにて公開されている
    ・主人公は連続殺人犯という設定
    ・スーツに盆栽が乗っている「ボンサイマン」や、可愛らしい外見を持つが自分の顎を引き裂く「プリティ・ノモさん」などプレイヤーの精神を削るような不気味なキャラクター


■ゲームシステム
    ・TPSスタイル
    ・戦闘はメレーアクションでコンボシステム搭載
    ・攻撃時は通常と異なるパターンと組み合わせられる
    ・フィニッシュムーブあり
    ・近接武器が主流、遠距離武器はハンドガンと釘打ち機が存在
    ・武器のアップグレード要素あり
    ・武器と弾薬の入手が非常に困難
    ・難解な謎解きもあり、その謎を解くことでストーリーの内容を把握できるようになっている
    ・謎解きはプレイヤーを混乱させるような作りにしていない


■発売日
    ・未発表(開発中止)


■対応機種
    ・未発表(開発中止)


■開発状況
    ・デベロッパーへの企画売り込み段階であったが、開発者の意志を捉えることに失敗し開発中止
    ・ファンからのラブレターは多くあった
    ・アイデア自体は2009年から存在
    ・開発者は、コンセプトアーティストのDave Kang氏とチェインマネージャーのSean Lee氏の2人
    ・ストーリーは完成済み
    ・本作をAAAタイトルにするための十分なゲームプランを持っている


■コンセプトアート











※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートしていく予定です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. 外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

    外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

  4. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  5. 面白いゲーム作りには絶対に妥協しないサムザップ・・・Social Top Runner Vol.2(4)

  6. 【CEDEC 2010】「悩みを捨てよ、行動に出よう」スクエニ流社内交流のススメ!

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. Unityで広がる個人制作者の世界・・・人気アプリ開発者二名によるトーク

  9. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  10. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

アクセスランキングをもっと見る