人生にゲームをプラスするメディア

これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

Youtubeにて、「Yugioh For HoloLens」のデモ動画が公開されています。

ゲームビジネス VR
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Youtubeにて、「Yugioh For HoloLens」のデモ動画が公開されています。

「Yugioh For HoloLens」は、マイクロソフトのデバイス「HoloLens」を利用したツールで、アニメ「遊☆戯☆王」シリーズのようなカード召喚を再現することが可能となっています。なお、制作者はGeneral Heed氏で、現在はプレアルファ版の様子が公開されています。

現実世界にホログラムのカードが大きく表示されるのみならず、そこから召喚するカードを選択すると、3Dモデルのモンスターが登場。まさしくモンスター名を叫びながら召喚するような状況になっており、これで対戦を楽しめるようになれば盛り上がることでしょう。



なお、General Heed氏は開発を続けるための資金提供の呼びかけや、ソフトウェア開発会社や3Dモデラーの協力を募集しています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

    教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

  4. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  5. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  6. カナダゲーム市場の現状とビジネスチャンスを探る・・・「第二回 日本・カナダ ゲームサミット」

  7. VR『ぶちカラ』TGS2018で爆誕─歌いながら、ポーズをキメて板をぶち抜け!

  8. ディライトワークス、デバッグ専門スタジオを新設―自社ゲームの更なる品質向上を目指す

  9. 【BitSummit 14】シンプルな2D弾幕ゲームからハードコアなTPSまで!KCGブースには学生のハイクオリティな作品が多数出展中

  10. 今週発売の新作ゲーム『Days Gone』『Mortal Kombat 11』『スターリンク バトル・フォー・アトラス』『Dreams Universe アーリーアクセス版』他

アクセスランキングをもっと見る

1