人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ゲームビジネス 人材
ドワンゴ
  • ドワンゴ
ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ワタナベアマダクションでは、動画サービス「niconico」で活躍するゲーム実況者をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートを行っていくとのこと。

また、ワタナベエンターテインメント所属タレントの「niconico」を使った新たな企画・制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターのプロデュースも実施されていきます。

■合弁会社の概要
<会社名>株式会社ワタナベアマダクション
<所在地>東京都中央区銀座 4‐12‐15(歌舞伎座タワー内)
<代表者>代表取締役社長:土居大樹(ワタナベエンターテインメント)
<役 員>取締役員:大森健司(ドワンゴ)
     執行役員:加藤永吉(ワタナベエンターテインメント)
     執行役員:青山雄一(ドワンゴ)
<資本金>2000万円/株式会社ワタナベエンターテインメント(50%)、株式会社ドワンゴ(50%)
<設立日>2016年2月12日

<両社について>
●株式会社ドワンゴ
会員数5320万人を抱える日本最大級の動画サービス『niconico』をはじめ、ニコニコ超会議や闘会議などのイベント、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発などを手がけ、多彩なエンターテインメントコンテンツを提供しています。

●株式会社ワタナベエンターテインメント
中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューン、中川翔子、城田優、イモトアヤコ、林修ら多くのアーティストのマネージメントの他、TV番組や舞台などのコンテンツ制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. 任天堂マガジン5月号が公開『FE』と『タワー』

    任天堂マガジン5月号が公開『FE』と『タワー』

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  5. 海外進出を支えるAWSとは?エバンジェリスト堀内氏が徹底紹介

  6. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  7. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  8. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  9. スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

  10. 【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

アクセスランキングをもっと見る