人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ゲームビジネス 人材
ドワンゴ
  • ドワンゴ
ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ワタナベアマダクションでは、動画サービス「niconico」で活躍するゲーム実況者をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートを行っていくとのこと。

また、ワタナベエンターテインメント所属タレントの「niconico」を使った新たな企画・制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターのプロデュースも実施されていきます。

■合弁会社の概要
<会社名>株式会社ワタナベアマダクション
<所在地>東京都中央区銀座 4‐12‐15(歌舞伎座タワー内)
<代表者>代表取締役社長:土居大樹(ワタナベエンターテインメント)
<役 員>取締役員:大森健司(ドワンゴ)
     執行役員:加藤永吉(ワタナベエンターテインメント)
     執行役員:青山雄一(ドワンゴ)
<資本金>2000万円/株式会社ワタナベエンターテインメント(50%)、株式会社ドワンゴ(50%)
<設立日>2016年2月12日

<両社について>
●株式会社ドワンゴ
会員数5320万人を抱える日本最大級の動画サービス『niconico』をはじめ、ニコニコ超会議や闘会議などのイベント、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発などを手がけ、多彩なエンターテインメントコンテンツを提供しています。

●株式会社ワタナベエンターテインメント
中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューン、中川翔子、城田優、イモトアヤコ、林修ら多くのアーティストのマネージメントの他、TV番組や舞台などのコンテンツ制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

    ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

  2. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  3. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

    松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  4. 中部地方の学生に朗報 ― 就職・進学展「中部クリエイティブ業界フェスタ2013」3月25日開催

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  8. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  9. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  10. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

アクセスランキングをもっと見る