人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

ゲームビジネス 人材

ドワンゴ
  • ドワンゴ
ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ワタナベアマダクションでは、動画サービス「niconico」で活躍するゲーム実況者をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートを行っていくとのこと。

また、ワタナベエンターテインメント所属タレントの「niconico」を使った新たな企画・制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターのプロデュースも実施されていきます。

■合弁会社の概要
<会社名>株式会社ワタナベアマダクション
<所在地>東京都中央区銀座 4‐12‐15(歌舞伎座タワー内)
<代表者>代表取締役社長:土居大樹(ワタナベエンターテインメント)
<役 員>取締役員:大森健司(ドワンゴ)
     執行役員:加藤永吉(ワタナベエンターテインメント)
     執行役員:青山雄一(ドワンゴ)
<資本金>2000万円/株式会社ワタナベエンターテインメント(50%)、株式会社ドワンゴ(50%)
<設立日>2016年2月12日

<両社について>
●株式会社ドワンゴ
会員数5320万人を抱える日本最大級の動画サービス『niconico』をはじめ、ニコニコ超会議や闘会議などのイベント、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発などを手がけ、多彩なエンターテインメントコンテンツを提供しています。

●株式会社ワタナベエンターテインメント
中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューン、中川翔子、城田優、イモトアヤコ、林修ら多くのアーティストのマネージメントの他、TV番組や舞台などのコンテンツ制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  5. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  6. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  10. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

アクセスランキングをもっと見る