人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売

ゲームビジネス VR

【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売
  • 【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売
2016年は、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRなど数々の新型VRデバイスがいよいよ一般向けに販売される、“VR元年”とも言える年です。そこで、Game*Spark編集部が期待のVR対応タイトルを10本、独断と偏見でピックアップして、それぞれ動画付きでご紹介したいと思います。なお、2016年に発売が決まっていない作品も一部含まれるのでご了承ください。

◆EVE: Valkyrie


『EVE: Valkyrie』は、2013年より開発が進められているCCP Games開発のマルチプレイスペースコンバットシューティングゲーム。開発の途中にゲームエンジンがUnity 3Dエンジンから、Unreal Engine 4へと移行しています。同社のSF-MMORPG『EVE Online』のスピンオフとして制作されており、プレイヤーは戦闘艇を操って敵を倒すというもの。対応VRデバイスは、Oculus RiftとPlayStation VR。2016年Q1に発売を控えるOculus Riftのローンチタイトルとしてリリースが予定されています。

◆Rez Infinite


『Rez Infinite』は、サンフランシスコのPlayStation Experience 2015で発表された、ゲームクリエイター水口哲也氏率いるEnhance Games開発のサイケデリックレールシューター。2001年にドリームキャストでリリースされた『Rez』をVR向けに改良と進化を施したタイトルです。PS4/PlayStation VR専用で、発売時期は2016年Q2予定です。

◆Battlezone


Rebellionが開発を進めている『Battlezone』は、元々1980年にアーケードで、1998年にPCで発売された戦車ゲームを現行機向けにリメイクした、次世代ゲームエンジンAzura採用タイトルです。青や赤で構成されたボクセル調のグラフィックが特徴ゲームで、プレイヤーは人類最後の希望となり敵と戦います。対応VRデバイスは、PlayStation VRだけでなく、Oculus Riftも予定。本作は2016年のPSVRローンチタイトルとして開発が進められています。

◆The Gallery: Call of the Starseed


『The Gallery: Call of the Starseed』は、Cloudhead Games開発のファンタジーアドベンチャーゲーム。VRコントローラーを使用した謎解きが特徴のタイトルで、プレイヤーは失踪した妹のアレックスを探すために旅へ出るというものです。対応VRデバイスは、PlayStation VRやOculus Rift、そしてHTC Vive。リリースに関しては、HTC Vive版の発売が先行して販売される予定です。

◆Robinson: The Journey


『Robinson: The Journey』は、2015年10月末に発表されたCrytek開発のVRゲーム。同社のCRYENGINEを採用したタイトルで、プレイヤーは少年となり不時着した恐竜巣食う謎の惑星で探索をするというもの。現時点での対応プラットフォームはPlayStation VR(PS4)。発売時期は未発表です。

次ページ: PS VR専用の注目作から、あの国産シリーズ最新作まで!

《Game*Spark》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  2. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  3. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  8. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  9. 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論

  10. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

アクセスランキングをもっと見る