人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売

ゲームビジネス VR

【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売
  • 【特集】「期待のVRタイトル」10選 ― PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売
2016年は、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRなど数々の新型VRデバイスがいよいよ一般向けに販売される、“VR元年”とも言える年です。そこで、Game*Spark編集部が期待のVR対応タイトルを10本、独断と偏見でピックアップして、それぞれ動画付きでご紹介したいと思います。なお、2016年に発売が決まっていない作品も一部含まれるのでご了承ください。

◆EVE: Valkyrie


『EVE: Valkyrie』は、2013年より開発が進められているCCP Games開発のマルチプレイスペースコンバットシューティングゲーム。開発の途中にゲームエンジンがUnity 3Dエンジンから、Unreal Engine 4へと移行しています。同社のSF-MMORPG『EVE Online』のスピンオフとして制作されており、プレイヤーは戦闘艇を操って敵を倒すというもの。対応VRデバイスは、Oculus RiftとPlayStation VR。2016年Q1に発売を控えるOculus Riftのローンチタイトルとしてリリースが予定されています。

◆Rez Infinite


『Rez Infinite』は、サンフランシスコのPlayStation Experience 2015で発表された、ゲームクリエイター水口哲也氏率いるEnhance Games開発のサイケデリックレールシューター。2001年にドリームキャストでリリースされた『Rez』をVR向けに改良と進化を施したタイトルです。PS4/PlayStation VR専用で、発売時期は2016年Q2予定です。

◆Battlezone


Rebellionが開発を進めている『Battlezone』は、元々1980年にアーケードで、1998年にPCで発売された戦車ゲームを現行機向けにリメイクした、次世代ゲームエンジンAzura採用タイトルです。青や赤で構成されたボクセル調のグラフィックが特徴ゲームで、プレイヤーは人類最後の希望となり敵と戦います。対応VRデバイスは、PlayStation VRだけでなく、Oculus Riftも予定。本作は2016年のPSVRローンチタイトルとして開発が進められています。

◆The Gallery: Call of the Starseed


『The Gallery: Call of the Starseed』は、Cloudhead Games開発のファンタジーアドベンチャーゲーム。VRコントローラーを使用した謎解きが特徴のタイトルで、プレイヤーは失踪した妹のアレックスを探すために旅へ出るというものです。対応VRデバイスは、PlayStation VRやOculus Rift、そしてHTC Vive。リリースに関しては、HTC Vive版の発売が先行して販売される予定です。

◆Robinson: The Journey


『Robinson: The Journey』は、2015年10月末に発表されたCrytek開発のVRゲーム。同社のCRYENGINEを採用したタイトルで、プレイヤーは少年となり不時着した恐竜巣食う謎の惑星で探索をするというもの。現時点での対応プラットフォームはPlayStation VR(PS4)。発売時期は未発表です。

次ページ: PS VR専用の注目作から、あの国産シリーズ最新作まで!

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

    スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. 【GDC08】ラフ・コスター氏による「理想のMMO論」

  7. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  8. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  9. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  10. 「支払いたいだけ支払う」Pay What You Want: 欧米で広がる新たなゲーム販売・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第21回

アクセスランキングをもっと見る