人生にゲームをプラスするメディア

「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

ゲームビジネス 開発

東京商工リサーチより
  • 東京商工リサーチより
東京商工リサーチより、スマートフォン向けソーシャルゲームの企画・開発・運営を行ってきたネクストリーの破産開始決定が報じられています。

ネクストリーは、「青の祓魔師」「魔法少女まどか☆マギカ」「ビビッドレッド・オペレーション」といったアニメ・マンガの版権を用いたソーシャルゲームの開発を行っていた会社です。近年はヒット作に恵まれず、開発費の負担から資金繰りが悪化。2015年9月に預金が差し押さえられ立ち行かなくなり、事業継続を断念したとのこと。

なお、負債はネクストリーが債権者67名に対して3億5451万円で、関連2社との合計が8億8399万円となっています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  5. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 【TGS2017】『HordeZ Arcade』ミニプレイレポ―ビジネスデー限定の台湾のVRアトラクション

  8. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る