人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

ゲームビジネス VR

【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
あの『サマーレッスン』を手がけたバンダイナムコエンターテインメント原田勝弘氏の新作VRゲーム『アーガイルシフト』がまもなく一般公開されます。

『アーガイルシフト』はHTC Viveを使用したロボットシューティングゲームで、原案・監修は原田勝弘氏、世界観設定・シナリオはProduction I.G、監督はSOLA DIGITAL ARTSの荒牧伸志氏、メカニックデザインは柳瀬敬之氏、キャラクターデザインはバンダイナムコスタジオの川野琢嗣氏が担当。4月15日から期間限定でオープンするVRエンターテイメント施設「VR ZONE Project i Can」で実際にプレイすることができます。

本稿では、そんな『アーガイルシフト』のレポートをお届けします。なお、施設全体のレポートはこちらをご覧ください。

◆『サマーレッスン』のドキドキ、再び

筐体を別の角度から見る

巨大ロボットに乗って戦いたい――それは男の子が一度は夢見ることであり、大人にとってもロマンですが、『アーガイルシフト』はまさしくロボットに乗って戦うゲームです。プレイヤーは最新有人兵器「ルシファー」のテストパイロットという設定で、VRゴーグルを装着するとパイロット認証が開始。いきなり戦場に放り込まれるのではなく、ゲーム開始から没入感を高める演出が展開されます。


ルシファー

無事に認証が終了すると、格納庫と思われる場所に出ました。どうやら操縦席は「ルシファー」本体から切り離されているらしく、コックピット部分にドッキングするために上昇を開始。この時座っている筐体がブルブルと振動しており、“実際に上がっている”ような感覚を楽しむことができます。

キャラクターイラストはこちら

振動に感動していると、「マスター、出発準備はいいですか?」という声と共にAIヒューマノイド「アイネ」が登場。“可愛い女の子がニコニコ笑顔で話しかけてくる”という『サマーレッスン』で味わったドキドキが蘇りました。

◆「コックピット視点」というロマン



「アイネ」の話によると、彼女は「ルシファー」の操縦をサポートしてくれるパートナーの様な存在で、これから多数機の「ルシファー」による同時降下試験が行われるとのこと。この試験は機体を制御する「ヴァルコム・システム」の最終評価試験として実施されるもので、プレイヤーが被ったVRゴーグルが同システムの要である高機能視覚コミュニケーションデバイス「エクス・ギア」という設定です。

このシステムは、コックピット部分に到着すると起動。ARの様な近未来的な起動シーケンスとインターフェイスが目の前に展開され、いよいよ降下準備が完了です。因みに「アイネ」はコックピット左側の席に座っています。



降下後は実際に操作できるようになり、頭の向きでターゲットマーカーを移動させ、2本のスティック型コントローラーで射撃。現れる敵ロボットをガンシューティングゲームの様に撃破していきます。

なお、演出やプレイヤーの操作によって筐体が振動するのはもちろんのこと、コントローラーを動かすとコックピット内のレバーや機体の腕が連動して動作。左右や上を見れば機体の動きを確認することもできるため、“本当にロボットのコックピットの中に居る”という感覚も楽しむことができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



「搭乗シーンの体験」「可愛いパートナー」「コックピット視点」「近未来的なインターフェイス」といった想像するだけで熱くなる要素を詰め込んだ『アーガイルシフト』。イメージとしては同社が手がけるアーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』に近いですが、もっとも違うのは“VRゴーグルを前提に機体や世界観が作られている”ということ。特に振動する筐体による演出や、視野角を意識した画面構成により没入感はかなりのもので、体験前の想像をはるかに超えていました。

『アーガイルシフト』は4月15日から10月中旬までダイバーシティ東京プラザにオープンしている「VR ZONE Project i Can」でプレイ可能。価格は700円(651バナコイン)で、公式サイトにて予約受付が行われています。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  8. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

アクセスランキングをもっと見る