人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

ゲームビジネス VR

【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
  • 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います
あの『サマーレッスン』を手がけたバンダイナムコエンターテインメント原田勝弘氏の新作VRゲーム『アーガイルシフト』がまもなく一般公開されます。

『アーガイルシフト』はHTC Viveを使用したロボットシューティングゲームで、原案・監修は原田勝弘氏、世界観設定・シナリオはProduction I.G、監督はSOLA DIGITAL ARTSの荒牧伸志氏、メカニックデザインは柳瀬敬之氏、キャラクターデザインはバンダイナムコスタジオの川野琢嗣氏が担当。4月15日から期間限定でオープンするVRエンターテイメント施設「VR ZONE Project i Can」で実際にプレイすることができます。

本稿では、そんな『アーガイルシフト』のレポートをお届けします。なお、施設全体のレポートはこちらをご覧ください。

◆『サマーレッスン』のドキドキ、再び

筐体を別の角度から見る

巨大ロボットに乗って戦いたい――それは男の子が一度は夢見ることであり、大人にとってもロマンですが、『アーガイルシフト』はまさしくロボットに乗って戦うゲームです。プレイヤーは最新有人兵器「ルシファー」のテストパイロットという設定で、VRゴーグルを装着するとパイロット認証が開始。いきなり戦場に放り込まれるのではなく、ゲーム開始から没入感を高める演出が展開されます。


ルシファー

無事に認証が終了すると、格納庫と思われる場所に出ました。どうやら操縦席は「ルシファー」本体から切り離されているらしく、コックピット部分にドッキングするために上昇を開始。この時座っている筐体がブルブルと振動しており、“実際に上がっている”ような感覚を楽しむことができます。

キャラクターイラストはこちら

振動に感動していると、「マスター、出発準備はいいですか?」という声と共にAIヒューマノイド「アイネ」が登場。“可愛い女の子がニコニコ笑顔で話しかけてくる”という『サマーレッスン』で味わったドキドキが蘇りました。

◆「コックピット視点」というロマン



「アイネ」の話によると、彼女は「ルシファー」の操縦をサポートしてくれるパートナーの様な存在で、これから多数機の「ルシファー」による同時降下試験が行われるとのこと。この試験は機体を制御する「ヴァルコム・システム」の最終評価試験として実施されるもので、プレイヤーが被ったVRゴーグルが同システムの要である高機能視覚コミュニケーションデバイス「エクス・ギア」という設定です。

このシステムは、コックピット部分に到着すると起動。ARの様な近未来的な起動シーケンスとインターフェイスが目の前に展開され、いよいよ降下準備が完了です。因みに「アイネ」はコックピット左側の席に座っています。



降下後は実際に操作できるようになり、頭の向きでターゲットマーカーを移動させ、2本のスティック型コントローラーで射撃。現れる敵ロボットをガンシューティングゲームの様に撃破していきます。

なお、演出やプレイヤーの操作によって筐体が振動するのはもちろんのこと、コントローラーを動かすとコックピット内のレバーや機体の腕が連動して動作。左右や上を見れば機体の動きを確認することもできるため、“本当にロボットのコックピットの中に居る”という感覚も楽しむことができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



「搭乗シーンの体験」「可愛いパートナー」「コックピット視点」「近未来的なインターフェイス」といった想像するだけで熱くなる要素を詰め込んだ『アーガイルシフト』。イメージとしては同社が手がけるアーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』に近いですが、もっとも違うのは“VRゴーグルを前提に機体や世界観が作られている”ということ。特に振動する筐体による演出や、視野角を意識した画面構成により没入感はかなりのもので、体験前の想像をはるかに超えていました。

『アーガイルシフト』は4月15日から10月中旬までダイバーシティ東京プラザにオープンしている「VR ZONE Project i Can」でプレイ可能。価格は700円(651バナコイン)で、公式サイトにて予約受付が行われています。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《栗本 浩大》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  10. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

アクセスランキングをもっと見る