人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く

7月13日、任天堂から発表された代表取締役社長・岩田聡氏の訃報。胆管腫瘍のために55歳で亡くなった同氏に向けて、海外在住のゲーマーから多くの追悼の声が寄せられています。

ゲームビジネス 人材
(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く
  • 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く
  • 【海外ゲーマーの声】任天堂・岩田聡が逝去 ― ユーザーフォーラムに多数の追悼コメント届く
7月13日、任天堂から発表された代表取締役社長・岩田聡氏の訃報。胆管腫瘍のために55歳で亡くなった同氏に向けて、海外在住のゲーマーから多くの追悼の声が寄せられています。



名刺の上では私は“社長”。頭の中では“ゲーム開発者”。心の中では“ゲーマー”です

企業の社長であり、ゲーム開発者であり、そして何よりもゲーマーであり続けた岩田聡氏。彼の発言の引用によって始動した海外フォーラムスレッド「Satoru Iwata Has Passed Away」では、多数のゲーマーからその死を悼むコメントが投稿されています。海外では深夜0時ほどの時刻でありながらも、「ご冥福をお祈りします。あなたは本当に伝説的な開発者、そしてCEOでした」「安らかに眠ってください。素晴らしい思い出やタイトル、ゲーム機を作ってくれてありがとう。思い出に残るキャラクター達を生み出してくれてありがとう」と言ったコメントが6時間の間に6,500件ほど届いており、スレッド閲覧者の大多数が追悼のメッセージを投稿していることも明らかになっていました。



一部ユーザーの間では、特別に制作された追悼用アイコン画像が利用されていました。これは「Iwata」と書かれた黒いリボンの透過PNGイメージを利用したもので、任天堂ファンや岩田聡氏の逝去を悼むユーザーによって制作・配布されています。また、ゲームバラエティー番組「ゲームセンターCX(Retro Game Master)」の思い出や「Nintendo Direct」、公式インタビュー企画「社長が訊く(Iwata Asks)」を振り返るユーザーも多数見られています。とあるユーザーからは「(ゲーム業界の)多くの偉大な人物は今も生きている。しかし、過去数年間にわたってゲーム黎明期からの開発者は亡くなりつつある」「今後10年、彼らのような人間がどのようにその人生を称えられ、業界に影響をあたえるのか、一見の価値がある」といったような、今後の展開を思慮するコメントも投稿されていました。


更に別スレッド「How to revisit Iwata's legacy?」では、岩田聡氏の軌跡を辿りつつ、名作ゲームについて語る書き込みも。HAL研究所で生み出された『星のカービィ』『MOTHER』、そして『バルーンファイト』『カードマスター リムサリアの封印(Arcana)』などのタイトルを挙げながら、岩田聡氏やHAL研究所、任天堂が築き上げたひとつの時代を振り返っています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

    「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  4. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  5. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  6. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  7. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  8. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

アクセスランキングをもっと見る