人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える

「E3 2015」のSCEブースにて出展されていたProject Morpheus向け技術デモ『サマーレッスン E3 2015 DEMO』のプレイレポートをお届けします。

ソニー PS4
【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
  • 【E3 2015】新しい『サマーレッスン』を早速プレイ!新キャラは金髪で、片言の日本語で、下の服が透けて見える
「E3 2015」のSCEブースにて出展されていたProject Morpheus向け技術デモ『サマーレッスン E3 2015 DEMO』のプレイレポートをお届けします。

『サマーレッスン』は、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏率いるTEKKEN Projectが研究開発している技術デモンストレーション・ソフトです。初登場は2014年9月で、家庭教師として女子高生とコミュニケーションを取るのが目的でした。最大の特徴は“ゲーム内のキャラクターがプレイヤーを認識していること”で、リアルな環境作りが徹底されており、こちらの世界に帰りたくなくなるほどの魅力があります。

前バージョンの画像を見る

詳しくはプレイレポート&開発者インタビュー記事を公開していますので、そちらをご覧ください。

◆サマーレッスンに新キャラクター登場


他の画像を見る

さて、そんな『サマーレッスン』の新バージョン『サマーレッスン E3 2015 DEMO』が「E3 2015」にプレイアブル出展されました。基本的なシステムは前バージョンとほぼ同じですが、なんと新キャラクターが登場。今回は日本の田舎に住んでいる家庭教師となり、”アメリカから旅行に来たミュージシャンの金髪美女に日本語を教える”というシチュエーションです

◆下の服が透けて見える……だと




会場では複数のProject Morpheus作品が出展されており、『サマーレッスン E3 2015 DEMO』もそのうちの一つ。ただ体験できるタイトルは選べないため、筆者が本作の体験を引き当てた時は思わずガッツポーズをしてしまいました。その興奮状況のまま体験スペースへと移動すると、現地のスタッフから「これは……日本で生まれた非常にユニークな作品です!」という意味深な説明を受け、ついにゲームプレイが開始。



今回の舞台は鮮やかな海辺を望む日本の古民家で、開放的な空間が広がっています。細かく見ていくと、海の表現から蚊取り線香の質感まで非常によくできており、前バージョンと比べて没入感の向上を感じました。



その空間の奥には、ホームステイしている金髪美女の姿が。これは主観になりますが、キャラクター表現のクオリティが上がっているようで、特に顔の造形や表情に拘りを感じました。そして、個人的にもっとも伝えたいのが、“ニットのサマーセーターの下に着ているオレンジ色の服が、網目の間から透けて見えるようなテクスチャになっている”ということ。下がショートパンツなのもナイスです。



そんな彼女とコミュニケーションを取っていくわけですが、片言の日本語がまた熱い。「センセイ」と呼んでくれます。もちろんドキッとする演出も満載で、前バージョン同様に「近い!近い!」という感覚は健在。特に“自分から覗き込む”というアクションはかなりドキドキしました。



また新要素として、「風鈴」や「花壇」といった複数のアイコンが一斉に表示されるようになり、選択するアイコンによって会話が変化します。

◆夢の時間はあっという間




金髪、下の服が透けて見える、ショーパン、片言の日本語……今回も素晴らしいことをやってくれた『サマーレッスン』ですが、夢のような時間はあっという間に終了。ゲーム画面にはなぜか原田氏が登場し、現実を突きつけられました。



なお、『サマーレッスン E3 2015 DEMO』の国内出展や、『サマーレッスン』自体の商品化などは未定。原田氏いわく「以前、エンジン上ではあらゆるキャラをシミュレート可能と言ったのを証明しました。」とのことで、今後の展開に注目が集まります。

【修正 6/18 18:00】
掲載当初「下着が透けている」と記述していましたが、透けていたのは下着ではなく、下に着ていたオレンジ色の服でしたので、修正すると共にお詫びいたします。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

    『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

  2. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

    『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  4. 『マキオン』ランクマッチ(チームシャッフル)を少将☆1までプレイして痛感した5つのポイント─対戦に向かう自分のメンタルケアもお忘れなく!

  5. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  6. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  7. 『FF14』パッチ5.35新コンテンツ「南方ボズヤ戦線」プレイレポ―戦場が舞台の最大72人大規模コンテンツ!ソロ&サブリガ装備でも問題ないよ

  8. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  9. 『モンハン:アイスボーン』めざせ究極の筋肉! 「マッスルγ」を求めて“激昂ラージャン2頭狩り”に挑んだハンターたちの初戦結果を紹介【アンケート】

  10. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

アクセスランキングをもっと見る