人生にゲームをプラスするメディア

サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に

ゲームビジネス その他

サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
  • サイバーエージェント、ゲーム実況専用スタジオを開設・・・実況主の集う場に
サイバーエージェントグループでスマートフォン向け事業を行うCyberZは、ゲーム実況専用スタジオとして都内に「OPENREC STUDIO」をオープンしました。

ある調査ではスマホユーザーの1/3が実況動画を楽しんでいて、うち44%が週一回以上のペースで視聴しているといいます。新しく作られたスタジオは「ゲーム実況主のための新拠点」として異なるタイプの計6つの収録部屋が用意され、ゲーム実況主に取って心強い施設となりそうです。



本格的な収録のコントロールルームもあり、高品質な動画や音声収録にも対応。さらにバーカウンターも用意されていて、ゲーム実況主が集う場としても機能しそうです。機材もゲーミングブランド「Razer」との提携で、高性能なヘッドセットやマイクが用意されています。

登壇したCyberZ取締役の大友真吾氏は現在同社が取り組んでいる「OPENREC」について説明。これはスマホゲームに導入することで、簡単にゲームプレイの配信を可能にするシステムで、現在はサイバーエージェントが運営する『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』に導入されています。

「OPENREC」では簡単にゲームプレイの様子が録画でき、インカメラの映像も取り入れる事が出来るため、ワイプで自身の表情を映しながら、簡単にゲーム実況が可能です。CyberZでは実況主、声優、アイドルなど総勢50名のオフィシャルプレイヤーを結成。「OPENREC」を採用するスマホゲームの支援を行っていくとのこと。「OPENREC」の動画を視聴するためのサイト「OPENREC.tv」も5月にオープン予定だそうです。

OPENRECでは簡単にゲームに実況機能を導入できるゲームUIに合わせたカスタマイズが可能


「OPENREC STUDIO」の利用についてはまずはオフィシャルプレイヤーを中心に案内していくとのことですが、将来的には一般への解放も視野に入れているとのことでした。

市場が広がっているゲーム実況ですが、専用スタジオの登場により、更に人気が加速していきそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

    ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  2. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  5. 今週発売の新作ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』『Nintendo Labo』『METAL MAX Xeno 滅ぼされざる者たち』他

  6. 【CEDEC 2012】IGDA日本がCEDECでスカラーシッププログラムを実施

  7. リーダーは泥まみれになる覚悟をもて!橋本善久氏のプロマネ講座・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  10. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

アクセスランキングをもっと見る