人生にゲームをプラスするメディア

『人喰いの大鷲トリコ』は現在も開発中、商標放棄にソニーが回答

先日に米国での商標が2月16日付けで放棄状態にあることが伝えられていたPS3タイトル『The Last Guardian(人喰いの大鷲トリコ)』ですが、ソニーは本作が現在も開発中であることを海外ゲーム情報サイトのGameSpotに報告しています。

ソニー その他
『人喰いの大鷲トリコ』は現在も開発中、商標放棄にソニーが回答
  • 『人喰いの大鷲トリコ』は現在も開発中、商標放棄にソニーが回答
米国での商標が2月16日付けで放棄状態にあることが伝えられていたPS3タイトル『The Last Guardian人喰いの大鷲トリコ)』ですが、ソニーは海外ゲームメディアGameSpotに対し、本作が現在も開発中であることを報告しています。

開発が長期化している事も重なり、今回の一件でプロジェクト存続が不安視されていた本作ですが、ひとまずは無事が確かめられたと言えそうです。前回の記事でお伝えしたとおり、『The Last Guardian』の米国商標が放棄状態になるのは2度目の事で、過去と同様に近いうちに再申請が行われるかもしれません。

尚、米国特許商標庁(USPTO)の資料によると、昨年7月に同庁よりソニーに向けて商標の更新が必要である旨を通知していた模様です。

『人喰いの大鷲トリコ』は現在も開発中―米国での商標放棄にソニーが回答

《Round.D》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

    PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

  2. 『デビル メイ クライ 5』ダンテの本格レプリカコスセットはお値段90万円!イーカプコン限定版の詳細が明らかに

    『デビル メイ クライ 5』ダンテの本格レプリカコスセットはお値段90万円!イーカプコン限定版の詳細が明らかに

  3. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  4. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  5. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  6. 『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  7. 海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」

  8. 4K PC版『ソウルキャリバーVI』のゲームプレイ映像が公開―美しくも激しい戦いを目の前に

  9. PS4/スイッチ『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー UE』5月31日国内発売決定―日本語版限定特典多数!

  10. 少女と魔導書の異世界脱出ハクスラ『RemiLore』発表!―『Subterrain』開発元新作

アクセスランキングをもっと見る