人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?

28日~1日の日程で開催されている台北ゲームショウ2015。平日にも関わらず、学生のような参加者も多数見られるのが気がかりではありますが、ともかく、盛況なスタートを切っています。

ゲームビジネス その他
【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
28日~1日の日程で開催されている台北ゲームショウ2015。平日にも関わらず、学生のような参加者も多数見られるのが気がかりではありますが、ともかく、盛況なスタートを切っています。

今回の台北ゲームショウでは中央付近に巨大なブースを構えているソニー・コンピュータエンタテインメントとバンダイナムコゲームスが目立っていますが、現地メーカーも負けてはいません。ここではそうしたメーカーを一挙に紹介します。

ブースマップはこちら(pdf)。

■madhead (香港)

ブースマップを見る限り、今回最も広いブースを確保していたmadheadは香港のスマホゲームパブリッシャー。『神魔之塔』という『パズドラ』そっくりのパズルRPGを提供しています。台湾では『パズドラ』を遥かに凌ぐ(現地では『パズドラ』がパクリだと思われているとの説も)、大人気のゲームとなっていて、広大なブースには幾つものステージが用意され、同時に複数のイベントが実施され、それぞれに多くのユーザーが集まっていました。スコアアタックやコスプレコンテストなど華やかで楽しげな雰囲気でしたね。











《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

    ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

  2. 「ゲーム機は次の世代で最後になる」-次に来るのは果たして?

    「ゲーム機は次の世代で最後になる」-次に来るのは果たして?

  3. 今週発売の新作ゲーム『BIOHAZARD RE:2』『KINGDOM HEARTS III』『ひぐらしのなく頃に奉』他

    今週発売の新作ゲーム『BIOHAZARD RE:2』『KINGDOM HEARTS III』『ひぐらしのなく頃に奉』他

  4. 今週発売の新作ゲーム『ドンキーコング トロピカルフリーズ』『幻想郷ディフェンダーズ』『Killing Floor: Incursion』他

  5. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  6. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  7. 中部地方の学生に朗報 ― 就職・進学展「中部クリエイティブ業界フェスタ2013」3月25日開催

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

アクセスランキングをもっと見る