人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?

28日~1日の日程で開催されている台北ゲームショウ2015。平日にも関わらず、学生のような参加者も多数見られるのが気がかりではありますが、ともかく、盛況なスタートを切っています。

ゲームビジネス その他
【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
  • 【台北ゲームショウ2015】現地メーカーのブースをぐるっと紹介、主役はスマホ勢に?
28日~1日の日程で開催されている台北ゲームショウ2015。平日にも関わらず、学生のような参加者も多数見られるのが気がかりではありますが、ともかく、盛況なスタートを切っています。

今回の台北ゲームショウでは中央付近に巨大なブースを構えているソニー・コンピュータエンタテインメントとバンダイナムコゲームスが目立っていますが、現地メーカーも負けてはいません。ここではそうしたメーカーを一挙に紹介します。

ブースマップはこちら(pdf)。

■madhead (香港)

ブースマップを見る限り、今回最も広いブースを確保していたmadheadは香港のスマホゲームパブリッシャー。『神魔之塔』という『パズドラ』そっくりのパズルRPGを提供しています。台湾では『パズドラ』を遥かに凌ぐ(現地では『パズドラ』がパクリだと思われているとの説も)、大人気のゲームとなっていて、広大なブースには幾つものステージが用意され、同時に複数のイベントが実施され、それぞれに多くのユーザーが集まっていました。スコアアタックやコスプレコンテストなど華やかで楽しげな雰囲気でしたね。











《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

    今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

  2. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  3. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

    チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  4. 【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

  5. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  6. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  7. 【GDC2011】大盛況のUnityパーティでは自作ゲームを見せ合う光景も(パーティ報告Vol.1)

  8. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  9. CESA、次期会長にセガの岡村社長を内定

  10. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

アクセスランキングをもっと見る