人生にゲームをプラスするメディア

『戦国炎舞-KIZNA-』12時間ニコニコ生放送の公式レポート前編

サムザップは、「【12時間耐久】MSSPがお送りする『戦国炎舞-KIZNA-』300万ダウンロード推進番組~ 大合戦~」の番組公式レポート(前編)を公開しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『戦国炎舞-KIZNA-』12時間ニコニコ生放送の公式レポート前編
  • 『戦国炎舞-KIZNA-』12時間ニコニコ生放送の公式レポート前編
  • 『戦国炎舞-KIZNA-』12時間ニコニコ生放送の公式レポート前編
サムザップは、「【12時間耐久】MSSPがお送りする『戦国炎舞-KIZNA-』300万ダウンロード推進番組~ 大合戦~」の番組公式レポート(前編)を公開しました。

12月19日に放送された本番組は、2014年8月から始まった番組の最終回として決定した12時間放送で、ゲーム実況ユニット「M.S.S Project」のFB777さんとKIKKUN-MK-IIさんが『戦国炎舞-KIZNA-』を学びながら、リアルタイム バトルに参戦し、番組MCを担当。また、前半のMCをドグマ風見さんが務めました。ゲストには、名古屋おもてなし武将隊の徳川家康が登場。番組では福岡、広島、大阪、名古屋、宮城、新潟、長野、群馬など、全国各地から中継をする大掛かりな取り組みも行われました。

ユーザーが各地の中継ポイントに来て中継出演するなど、視聴者参加で番組は盛り上がりを見せました。「中継入るのは新鮮で、面白いね!奇跡的にユーザーが来てくれたらいいのになー」とドクマ風見さんがコメントをしていたことが実現した形となりました。また、渋谷からの中継は、名古屋おもてなし武将隊の徳川家康が担当。渋谷では、通行人から写真や声をかけられていました。徳川家康は「400年経った町は変わったの!」と驚きつつも、しっかりと『戦国炎舞』のPRを行っていました。

番組公式レポート後編では、『戦国炎舞』のリアルタイムの最終決戦レポートをお届けする予定です。

(C) Sumzap Inc. All Rights Reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. イオンが『ポケモン GO』から撤退、2月末で全てのジムを消去ー2016年12月から続いたコラボに幕

    イオンが『ポケモン GO』から撤退、2月末で全てのジムを消去ー2016年12月から続いたコラボに幕

  2. 田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

    田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

  3. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

    『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  4. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  5. 圧倒的な3Dグラフィックで魅せる『ウマ娘 プリティーダービー』プレイレポートーウマ娘のレースとライブのギャップにメロメロになりそう

  6. 『ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐』4月27日(火)にサービス終了―3月22日にエンディングシナリオを追加

  7. 『ウマ娘 プリティーダービー』個別の配信ガイドラインが公開!―トレーナーは2018年発信の“モチーフ元の競走馬へのリスペクト”も忘れるなかれ

  8. 『アズレン』「パーミャチ・メルクーリヤ」の改造が追加ボイスありで実装!「指揮官、可愛さだけでなく、わたしの実力も期待してて~!」

  9. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  10. 『モンハンライズ』の新モンスター「ヨツミワドウ」が発売前に『モンハン ライダーズ』へ殴り込み!PVには「ウツシ教官」らしき人物も…

アクセスランキングをもっと見る