人生にゲームをプラスするメディア

『GUILTY GEAR Xrd』のココが気になる!「購入直前Q&A」や、「ネタバレ自粛」の呼びかけを公開

アークシステムワークスは、PS4/PS3ソフト『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』の、「ココが気になる!購入直前 Q&A!」を公開しました。

ソニー PS4
購入直前Q&A
  • 購入直前Q&A
  • ネタバレ自粛のお願い
  • パッケージ
  • 限定版
アークシステムワークスは、PS4/PS3ソフト『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』の、「ココが気になる!購入直前 Q&A!」を公開しました。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は、個性的なキャラクターと世界観、奥深いバトルシステム、重厚なロックチューンが多くのファンを魅了する対戦格闘ゲーム『ギルティギア』シリーズの完全新作です。 シリーズのプレイ感覚はそのままに、新たなるキャラクターの参戦、システムのシェイプアップと拡張によって、深い駆け引きと戦略性を実現。また、バトルや各種演出は TVアニメのような大迫力の映像美で楽しめます。

◆ココが気になる!購入直前 Q&A!


■Q.格闘ゲームが初めてなんだけど、操作はゲームの中で覚えられる?
対戦を楽しめるようになれるかな……?

A.もちろんです!「チュートリアルモード」で、楽しく基礎から戦い方を覚えられますよ!中級者、上級者へとステップアップするための練習モードも完備してます!

■Q.購入したら、オンライン対戦で、ガンガン対戦したい!プラットフォームごとのプレイ人口が気になるなぁ。
A.PS3とPS4間のクロスプラットフォーム対戦に対応しているので、機種に関わらず、最大規模の対戦を楽しめますよ!コミュニケーション機能も充実してます!

■Q.PS3版とPS4版、どちらを購入するか迷うなぁ。ゲーム内容に違いはあるの?
A.ゲーム内容はどちらも同じなので、安心して好きな方をお選び頂けます! PS3版はアーケード版に準拠した(720p)の映像、PS4版は最高峰の1080p映像やSHARE機能等、次世代機能を堪能できますよ!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、アークシステムワークスからは「ストーリーモード ネタバレ自粛のお願い」も発表されています。キャプチャー・直撮りなどの静止画・動画等の配信・アップロードは禁止とされており、画掲載サイト、生放送動画、およびツイッター等でのネタバレ要素の発信の自粛が呼びかけられています。1人でも多くのユーザーが物語を楽しめるよう是非協力しましょう。

『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』2014年12月4日発売予定で、価格はパッケージ版が7,538円(税込)、ダウンロード版が5,980円(税込)、PS4限定版が10,778円(税込)です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

    PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  2. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

    『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

  3. 『キングダムハーツIII』ソラたちを待ち受ける4ワールドの詳細情報が公開―「100エーカーの森」のキーブレードは辺り一面を蜂蜜まみれに!

    『キングダムハーツIII』ソラたちを待ち受ける4ワールドの詳細情報が公開―「100エーカーの森」のキーブレードは辺り一面を蜂蜜まみれに!

  4. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”ゼノ・ジーヴァ登場のクエストが11月16日より開催決定!重ね着装備「【シーカー】衣装」も入手可能

  5. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』x『名代 富士そば』コラボが実現─スパイスが効いた「赤富士そば」が期間限定で復活!

  8. 発売直前『シェンムー I&II』詳細なゲーム内容が公開―あの名作をもう一度

  9. ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

  10. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る