人生にゲームをプラスするメディア

名作恋愛ADV『CLANNAD』の英語化プロジェクト始動…Key作品を世界の人に届けるために

ゲームビジネス 開発

「Kickstarter」より
  • 「Kickstarter」より
ゲームブランドKeyの恋愛アドベンチャーゲーム『CLANNAD』、そのSteam英語版の開発資金を求めるKickstarterが本日より開始されています。

『CLANNAD』は、2004年に発売された恋愛アドベンチャーゲームです。主人公である岡崎朋也が、古河渚などの少女たちと出会い不思議な幻想的世界を巡る物語に巻き込まれていくという、重厚なストーリーが特徴で、アニメ化も実施されました。

このSteam英語版『CLANNAD』のプロジェクトは、同じくSteam英語版『planetarian~the reverie of a little planet~』を手がけたSekaiProjectによる企画です。『CLANNAD』はかなりの文章量があるゲームのため、高品質で翻訳するための資金を求めてプロジェクトが開始されました。また、今年で本作が10周年を迎えたことも切欠となっている模様。

プロジェクトのページでは、ゲーム概要紹介や、ビジュアルアーツの代表取締役社長 馬場隆博氏からのコメント、そしてTシャツやファンブックなどが付属するリワードも公開されています。

なお、目標金額は140,000ドルとなっていますが、現在(記事執筆時)既に113,182ドルが集まっています。


《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

    コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. 【今どきゲーム事情】中村彰憲:バンダイナムコゲームス郷田努氏が明かしたプロモーション戦略の妙とは

  5. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る