人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】新たに実装される「やわらかエンジン」で人肌が進化!『DOA5 Last Round』早矢仕プロデューサーインタビュー

ソニー PS4

【TGS 2014】新たに実装される「やわらかエンジン」で人肌が進化!『DOA5 Last Round』早矢仕プロデューサーインタビュー
  • 【TGS 2014】新たに実装される「やわらかエンジン」で人肌が進化!『DOA5 Last Round』早矢仕プロデューサーインタビュー
  • 【TGS 2014】新たに実装される「やわらかエンジン」で人肌が進化!『DOA5 Last Round』早矢仕プロデューサーインタビュー
  • 【TGS 2014】新たに実装される「やわらかエンジン」で人肌が進化!『DOA5 Last Round』早矢仕プロデューサーインタビュー


東京ゲームショウ2014のコーエーテクモゲームスにてプレイアブル出展中の『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』。PS4やXBOX Oneに移行するにあたりコスチュームはどうなるのか?グラフィックはどのように進化するのか?Team NINJA 早矢仕洋介開発プロデューサーにインタビューを行いました。

■『DEAD OR ALIVE 5』の歩みと今後について

――DOA5が発売されてから2年の間、+、Ultimate、Ultimate基本無料版、 Ultimate Arcade、そして最新作Last Roundとさまざまなタイトルが発売されてきましたが、ここ2年間で感じた手ごたえを教えてください。

早矢仕:『DEAD OR ALIVE 5』をアップデートしていくことでユーザー層の規模が小さくなってしまうのではないかと思っていたのですが、Ultimateで基本無料版を配信したところより多くの皆様に遊んでいただき、Ultimateが発売されて一年以上経った今でもオンライン含めて活発な状況となっています。その中で「PS4やXBOx Oneで遊びたい」という要望が強かったので、Last Roundを発表させていただきました。

――気になるのはコスチュームの数ですが、Last Roundにはデフォルトでどの程度入っているのでしょうか?

早矢仕:Last Roundにはいろいろなものを詰め込もうということで、これまでDLCとして配信したコスチュームもなるべく多くパッケージしようと思っています。これまで購入されたものはPS3版からPS4版へ、XBOX版からXBOX One版へと引き継げるようにしています。

――PS4のシェア機能は本作でどのように活かされるでしょうか?

早矢仕:シェア機能が発表されたとき、「格闘ゲームとの相性がいい」という意見が多かったのでここはしっかりとお応えしていきたいと思っています。格闘ゲームはニコニコ動画でも人気のコンテンツで、「見る遊び」の部分も多いと思うのです。PS4を持っている皆さんが参加できるような形でいろいろと仕掛けていきたです。

――『DEAD OR ALIVE』シリーズは「見る側のお楽しみ」も多いのでシェア機能が活性化するのではないでしょうか?

早矢仕:そうですね。格闘ゲームはよく「敷居が高い」と言われるのですが、基本はパンチやキックで敵を倒せばいいというシンプルなものだと思っています。プレイヤー全員がプロ野球のようにトップ選手を目指すのではなく、草野球でもそれは「野球」の一部であって、格闘ゲームもそういうものだと思うのです。上手い人たちのシェア動画を見る楽しみもあるし、実際に触ってみる楽しみもある。『DEAD OR ALIVE』シリーズに関しては「女の子を見る」というプレイしない側の楽しみ方をしてもらってもいいと思っています。


■よりリアルな人肌表現が可能な「やわらかエンジン」について

早矢仕氏の胸には「やわらかエンジン」のバッジが…!

――試遊台でプレイしてみたところうっかり敗北してしまったのですが、使用していた新キャラクター、女天狗の胸の動きがプルプルしていて感動しました。Last Roundで搭載される「やわらかエンジン」についてお聞かせください。

早矢仕:マシンスペックがあがった時に『DEAD OR ALIVE』シリーズでやっていかなければならないことってやっぱり「女の子をかわいくみせる」という部分だと思うのです。試行錯誤をし、やっと開発陣からも「かわいい」と思えるものができてきたなと思っています。今回出展したのはバージョン0.65と言っているものなので、ここから更に磨きをかけてPS4ならではのグラフィックに仕上げていきたいと思っています。ちなみに「やわらかエンジン」はPS4/Xbox Oneのみに実装される予定です。

――それは重要ですね(笑) ちなみにLast Roundというからには、これが『DEAD OR ALIVE5』のラスト作となり、次回作は『DEAD OR ALIVE6』になるのでしょうか?

早矢仕:Last Roundと名づけたのは開発の意思でもあるので、5としてはこれを最後と思って作っています。次回作はPS4へとよりフォーカスした形で展開していく予定です。

――最後に、ファンの皆さんに一言お願いいたします。

早矢仕:『DEAD OR ALIVE』シリーズは多くのユーザーの皆様に楽しんでいただけるものを次世代機に展開していきたいと思っています。また、PS3で遊びたい方にもアップデート版をご用意する予定です。『DEAD OR ALIVE5』という世界に好きなハードで好きな入り方をしていただければと思っています。Last Roundは来年の春発売なので、楽しみにお待ちください!



――ありがとうございました。

【訂正】
「やわらかエンジン」がPS4のみに対応するという回答を掲載致しましたが、同社担当者に確認したところ、PS4とXbox Oneの両機種に対応することが確認できました。

訂正と共にお詫びいたします。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS3 DL販売ランキング】『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』首位獲得、『Minecraft』は2位へ(7/25)

    【PS3 DL販売ランキング】『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』首位獲得、『Minecraft』は2位へ(7/25)

  2. PSユーザーよ、ショベルを抜け! PS4/PS Vita版『ショベルナイト』7月24日に配信開始─「クレイトス」がボスとして登場

    PSユーザーよ、ショベルを抜け! PS4/PS Vita版『ショベルナイト』7月24日に配信開始─「クレイトス」がボスとして登場

  3. 【レポート】『PSO2』EP5にて行われるバランス調整に迫る! 気になる上級クラス「ヒーロー」になる条件とは(後編)

    【レポート】『PSO2』EP5にて行われるバランス調整に迫る! 気になる上級クラス「ヒーロー」になる条件とは(後編)

  4. 『仁王』追加コンテンツ「義の後継者」を7月25日に配信開始! 無料アップデートも合わせて実施

  5. 【インタビュー】5周年の先に待つのは「ルツ」に「アリサ」!? 『PSO2』EPISODE5の魅力や“これから”に迫る

  6. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  7. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  8. 【特集】オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』12選【7/22更新】

  9. PS4/PS Vita『銀魂 PROJECT Last Game』発表! 初の本格ACTに─毒気たっぷりなティザーPVもお披露目

  10. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

アクセスランキングをもっと見る