人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、昨年に引き続きChina Joyにブースを構え、ここ中国でも発売が待ち望まれるプレイステーション4を体験できるスペースを設けました。ブースには来場者が詰めかけ、熱気に包まれました。

ソニー PS4
【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
  • 【China Joy 2014】PS4を中国ユーザーにお披露目、複数の中文ローカライズ済みタイトルも
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、昨年に引き続きChina Joyにブースを構え、ここ中国でも発売が待ち望まれるプレイステーション4を体験できるスペースを設けました。ブースには来場者が詰めかけ、熱気に包まれました。

なお、今回のChina Joyではソニーやマイクロソフトが出展しているエリアを「ACH / Next-gen Arcade, Console and Home Entertainment Expo」と名付けていて、テレビで遊ぶゲームに関する企業が他にも見られました。

これまで中国では正規の流通が行えなかった家庭用ゲーム機ですが、今年に入り政府が方針転換。上海の自由貿易試験区において試験的に規制が撤廃され、ソニー、マイクロソフト、任天堂の3社は取り組みを進める意向を明らかにしていました。

ソニーはテレビ局などを運営するメディア・コングロマリットのShanghai Media Group傘下の、上海東方明珠集団と提携し、プレイステーション4の中国展開を行うことを明らかにしています。両社で合弁会社を2社立ち上げ、進めていく方針。ただし、具体的な発売スケジュールなどは明らかにされておらず、今回のChina Joyでも、そうした点の新情報はありませんでした。

関係者によれば、今回はあくまでもお披露目の意味での出展だとのことですが、出展されていた『KNACK』『真・三國無双7 with 猛将伝』『NBA 2K14』などはいずれも中文版のローカライズが行われたビルドで、着々と準備が進んでいることを伺わせました。

PS Vitaについても、『ファイナルファンタジーX HD リマスター』『ワンピース 海賊無双2』『英雄伝説 閃の軌跡』『TEARAWAY』『ソードアート・オンライン』などのタイトルが中文版で用意されていて、実際にプレイして確かめているユーザーが見られました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

    『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

  2. 『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

    『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

  3. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

    『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  4. 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版を7月18日に発売!ピエール瀧氏のキャラクターモデル・音声は差替えに【UPDATE】

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』販売本数1,000万本突破!

  8. 『JUDGE EYES:死神の遺言』をゆるゆる楽しめる10のポイント

  9. 『FF7』リメイク版のPVで気になる10のポイント!バトルはどう進化するのか、原作再現要素など注目すべき点をチェック

  10. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

アクセスランキングをもっと見る

1