人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か

ディースリー・パブリッシャーが2015年6月4日に発売する、PS4/PS3ソフト『夏色ハイスクル★青春白書(略)』。本作における、写真撮影のテクニックの一端を紹介します。

ソニー PS4
【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
  • 【レポート】『夏色ハイスクル★青春白書(略)』パンチラ激写テクを直伝!スライディングからの“尻もちショット”が最強か
ディースリー・パブリッシャーが2015年6月4日に発売する、PS4/PS3ソフト『夏色ハイスクル★青春白書(略)』。オープンワールドと恋愛要素を融合させた、これまでにありそうでなかったゲームジャンル、そしてビックリするほど長い正式タイトルと、発表当初から話題を集めていた作品です。



本作でプレイヤーは、日本のどこかにある小さな島「夢ヶ島」にある学園「夢ヶ島高等学校」へ転校してきた主人公となり、既に決まっている次の転校までの3ヶ月間を過ごすことになります。そこで主人公は、成長した幼馴染「三日月めぐ」との予期せぬ再会を果たすと、彼女が在籍する報道部に入部することとなるのです。



報道部における主人公の役割はズバリ、カメラマン。学園生活の中では、恋愛と友情とスクープと不思議な出来事に満ち溢れています。プレイヤーはクエストやイベント、そしてファインダーを通して、多彩なヒロインとの恋愛模様を満喫していきます。



一体プレイヤーは何をすればいいのか分からない、という人もいるかと思います。しかし本作、ヒロインを始めとした登場人物には好感度が設定されており、選択肢で適切な内容を選んだり、2人きりで取材活動に興じたりすることで、その後の展開にも影響を及ぼす…そんなシンプルで分かりやすいシステムになっています。言わば、PS4で描かれる最先端のギャルゲーと言えるでしょう。

◆カメラでは、あれもこれも撮り放題…かも!?




ヒロインと主人公の恋愛模様も気になるところですが、本作の大きな魅力として忘れてはいけないことがあります。カメラによる写真撮影です。舞台となる夢ヶ島には学園以外にも、人々が行き交う商店街や古びた神社、美しい海岸に、ひっそりと佇む喫茶店と、撮影スポットはたくさんあります。あ、これ全部オープンワールドでシームレスです!



そしてもうひとつ、本作にはなくてはならない被写体があります。そう、パンチラです!やはりカメラを持った以上、シャッターチャンスは逃したくないもの。というわけで、筆者もせっせと撮影に興じてみたので、そのコツをお伝えしていこうと思います。



まず基本的な操作ですが、島内を散策中にR2ボタンを押すことでカメラを構えます。この時、カメラのファインダー越しの、いわゆる一人称視点になり、このままの状態で移動することも可能です。シャッターチャンスを逃したくないときは、この状態で散策するのもいいかもしれません。そして、さらにR1ボタンを押すことで撮影、ある程度はズームイン/アウトもできるようになっています。



風景や人物の表情を撮るだけならこれだけで充分ですが、パンツとなるとそうはいきません。まず方向キー下でしゃがみ、さらにもう1回下を押すとうつ伏せに寝転ぶことができます。この角度なら、スカートの中だっていとも簡単に撮影することができるのです。



ただ、寝転んだ状態でカメラを構えていれば、どう考えても怪しいものです。そんなところを人に見られたら、当然警戒されてしまいます。周囲からどれだけ警戒されているかは、画面右上の「不審者ゲージ」で確認可能。このゲージが最大にならないよう注意しましょう。



この不審者ゲージですが、やはり人が多い場所では不審な行動が見つかりやすいため、上がりやすい傾向にあります。また、人数が少なくても、視線に入ればやはりゲージは上がっていきます。なので基本は、1人でいて、さらに壁を向いている女の子が狙い目。具体的には、廊下の掲示板や、図書室の本棚などがおすすめです。



ベンチに座っている女の子は、意外と警戒心が薄かったりします。

また、うつ伏せ中に方向キー左右を押せば、体勢を変えて仰向けになることだって可能です。角度が変わって、また違った世界が見えてくるのも魅力…なんですが、怪しさがより一層増しているので、使うときには周囲の警戒を怠らないように。

どう見ても怪しい。

道の真ん中で待ちぶせ…。しかし、これをやっても避けられるだけなので、使いどころが重要。

《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』危険地帯を行くNPCポーターを追う

    密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』危険地帯を行くNPCポーターを追う

  2. PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

    PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

  3. 密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』のNPCポーターたちに同行してみる

    密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』のNPCポーターたちに同行してみる

  4. 『アズレン クロスウェーブ』DLC追加キャラクターが第5弾まで制作決定!第2弾では「フォーミダブル」が登場

  5. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』プレイレポ―良作ARPGの要素を融合させた、スター・ウォーズの枠に留まらない作品

  6. 新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

  7. 【吉田輝和の絵日記】HDリマスター版『ロマサガ3』解雇不可の仲間、技閃き道場、物件買収…あの思い出が蘇る

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  9. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  10. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

アクセスランキングをもっと見る

1