人生にゲームをプラスするメディア

2013年の国内家庭用ゲーム市場規模は4,095億円に、Wiiは累計1億台を突破

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2014CESAゲーム白書(2014CESA Games White Paper)」を発刊しました。

ゲームビジネス 市場
公式サイトより
  • 公式サイトより
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2014CESAゲーム白書(2014CESA Games White Paper)」を発刊しました。

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は1996年より、コンピュータエンターテインメント産業に関わる各種データを調査・集計し、業界内外に向け情報を発信しています。今回は「メーカー出荷量データ」のほか、「2014CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」よりそれぞれ一部データを抜粋し掲載しています。また、海外市場の紹介として海外の各調査機関の協力の下に推計しています。

2013年度のゲーム市場規模に関する数字は以下のようになります。

■日本国内の家庭用ゲーム市場規模は4,095億円。ダウンロードゲームソフトウェア市場は103億円。
家庭用ゲームの日本国内市場規模は、ハードウェアが1,558億円、ソフトウェア(パッケージ)が2,537億円、合計で4,095億円と判明。ダウンロードゲームソフトウェア市場の推計は103億円に。

■海外の家庭用ゲーム市場規模は2兆8,222億円。
海外市場規模を推計した結果、家庭用ゲームの海外市場規模はハードウェアが1兆1,172億円、ソフトウェアが1兆7,050億円、合計で2兆8,222億円に。

■ハードウェア全世界累計出荷、「Wii」が累計1億台突破。
2013年12月31日までのハードウェア全世界累計出荷を調べたところ、「Wii」が累計1億90万台となり、1億台を超えていたことが判明。

■2013年の国内ミリオン出荷タイトルは全5タイトル。
2013年発売タイトルのうち100万本以上出荷があったタイトルを調査したところ、全5タイトルが該当すると判明。このうち最も多く出荷されたのは「ポケットモンスター X・Y」(ニンテンドー3DS)で、2013年12月31日までに434万本を出荷。

これらのデータ以外にも、昨今のゲーム業界におけるトレンドを代表し、今回は一般社団法人デジタルメディア協会理事長の襟川恵子氏による寄稿「デジタルメディアとともに20年」を収録しているとのこと。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

書籍「2014CESAゲーム白書」は全国の政府刊行物取り扱い書店などで発売中で、価格は7,560円(税込)です。

COPYRIGHT(c) 1996-2014 CESA All rights reserved.
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』のレベルデザイナーを募集中―業界経験不問、ブキや対戦バランスの調整を担当

    『スプラトゥーン3』のレベルデザイナーを募集中―業界経験不問、ブキや対戦バランスの調整を担当

  2. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  3. 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定

    【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定

  4. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  5. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  6. アニメの世界からVRゲームの世界へ―『東京クロノス』『ALTDEUS: Beyond Chronos』開発陣は黎明期のVRゲームに何を見出したのか

  7. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  8. 【週間売上ランキング】 『ドラゴンクエストソード』初週は30万本強(訂正)

  9. テレビゲームミュージアム (東京ゲームショウ10周年企画) 

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る