人生にゲームをプラスするメディア

2013年の国内家庭用ゲーム市場規模は4,095億円に、Wiiは累計1億台を突破

ゲームビジネス 市場

公式サイトより
  • 公式サイトより
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、家庭用ゲーム産業の年次報告書「2014CESAゲーム白書(2014CESA Games White Paper)」を発刊しました。

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は1996年より、コンピュータエンターテインメント産業に関わる各種データを調査・集計し、業界内外に向け情報を発信しています。今回は「メーカー出荷量データ」のほか、「2014CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」よりそれぞれ一部データを抜粋し掲載しています。また、海外市場の紹介として海外の各調査機関の協力の下に推計しています。

2013年度のゲーム市場規模に関する数字は以下のようになります。

■日本国内の家庭用ゲーム市場規模は4,095億円。ダウンロードゲームソフトウェア市場は103億円。
家庭用ゲームの日本国内市場規模は、ハードウェアが1,558億円、ソフトウェア(パッケージ)が2,537億円、合計で4,095億円と判明。ダウンロードゲームソフトウェア市場の推計は103億円に。

■海外の家庭用ゲーム市場規模は2兆8,222億円。
海外市場規模を推計した結果、家庭用ゲームの海外市場規模はハードウェアが1兆1,172億円、ソフトウェアが1兆7,050億円、合計で2兆8,222億円に。

■ハードウェア全世界累計出荷、「Wii」が累計1億台突破。
2013年12月31日までのハードウェア全世界累計出荷を調べたところ、「Wii」が累計1億90万台となり、1億台を超えていたことが判明。

■2013年の国内ミリオン出荷タイトルは全5タイトル。
2013年発売タイトルのうち100万本以上出荷があったタイトルを調査したところ、全5タイトルが該当すると判明。このうち最も多く出荷されたのは「ポケットモンスター X・Y」(ニンテンドー3DS)で、2013年12月31日までに434万本を出荷。

これらのデータ以外にも、昨今のゲーム業界におけるトレンドを代表し、今回は一般社団法人デジタルメディア協会理事長の襟川恵子氏による寄稿「デジタルメディアとともに20年」を収録しているとのこと。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

書籍「2014CESAゲーム白書」は全国の政府刊行物取り扱い書店などで発売中で、価格は7,560円(税込)です。

COPYRIGHT(c) 1996-2014 CESA All rights reserved.
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. 【CEDEC2012】ゲームを作るのに、ゲームなんてやらなくてもいい ― 「もしドラ」作者岩崎夏海氏講演レポート

    【CEDEC2012】ゲームを作るのに、ゲームなんてやらなくてもいい ― 「もしドラ」作者岩崎夏海氏講演レポート

  4. スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

  5. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その2「メッセサンオー カオス館」

  6. 【今どきゲーム事情】『テイルズ オブ ヴェスペリア』樋口義人プロデューサーと、郷田努プロデューサーが開発秘話を徹底披露!

  7. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  8. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  9. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る