人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】宮本氏が手がける監視カメラディフェンス? 『Project: Guard』で焦り体験

今回のE3では宮本茂氏が研究を進めているという幾つかのプロジェクトについても発表が行われました。その1つが『Project: Guard』(仮称)で、ブース会場でも展示が行われていました。

任天堂 Wii U
Project: Guard
  • Project: Guard
  • 12の監視カメラの映像を切り替えながら遊ぶ
  • 監視カメラは建物にこうした形で置かれている
  • リザルト画面ではどういう風に敵が侵入してきたか分かる
今回のE3では宮本茂氏が研究を進めているという幾つかのプロジェクトについても発表が行われました。その1つが『Project: Guard』(仮称)で、ブース会場でも展示が行われていました。

『Project: Guard』ではプレイヤーは基地の監視員として、12台の監視カメラで基地に迫ってくるロボットたちを見つけ、レーザービームで攻撃。侵略者を撃退していきます。テレビ画面では全カメラの映像が見られますが、攻撃するためには、GamePadで特定のカメラを選択してズームアップし、GamePadを動かして照準を当て、レーザービームを発射しなくてはなりません。

一度に沢山の画面を同時にこなすディフェンスゲームでしょうか。注意深く監視カメラを見て、適切なカメラを選択、攻撃するだけですから、文字にするとシンプルです。しかし敵は徐々に部隊を増援して、慌ただしくなっていきます。冷静に、冷静に、と思うのですが筆者は無理でした。

このゲームのポイントとして、大画面のテレビには全カメラの映像が流れているため、後ろでゲームを見ている観衆のサポートが得られるということがあります。「いま2番にきてる」「5番が危ないぞ」「あ、11番!」というように、今回のE3でも係員のお姉さんが上手く観衆を盛り上げて、プレイヤーのサポートを行ってくれていました。しかしその掛け声も、色々な声が重なっていき、難易度を下げる一方、というわけでもなさそうでした。「一緒にやる仲間との信頼関係が大事」と宮本氏もコメントしていました。

シンプルなゲーム性ではありますが、テレビとGamePadの組み合わせは秀逸で、観衆と一緒に遊ぶというのも任天堂らしいアプローチを感じました。焦りや、混乱がゲームプレイと上手く融け合っていて秀逸です。皆さんも機会がありましたら、ぜひ仲の良い(悪い)友達と遊んでみてください。

『Project: Guard』は2015年発売予定とのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

    『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  3. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. PS4/スイッチ新作『スーパーロボット大戦T』2019年3月20日に発売決定!【UPDATE】

  9. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  10. 『スマブラSP』パッケージ版はなるべく早くのネット接続を―調整差分のDLが適用されるため

アクセスランキングをもっと見る