人生にゲームをプラスするメディア

初代『脳トレ』を期間限定で無料配信 ― Wii UバーチャルコンソールにニンテンドーDSソフトが登場

任天堂 Wii U

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
  • 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
任天堂は、Wii Uバーチャルコンソール向けに、ニンテンドーDSソフトの配信を開始しました。第1弾となる『脳を鍛える大人のDSトレーニング』は、本日より期間限定無料配信を実施しています。

『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』(以下『脳トレ』)は、2005年に任天堂よりニンテンドーDSソフトとして発売された「脳活性化ソフト」です。「ゲーム人口を拡大する」ことを目標とした「Touch! Generations」のラインナップのひとつとしてニンテンドーDS本体の売上を牽引。日本中に巻き起こった「脳トレ」ブームの火付け役でもあります

今年1月の経営方針説明会にて発表された、Wii UにおけるニンテンドーDSソフトのバーチャルコンソール化が早くもスタート。第1弾は、ニンテンドーDSの代表的なタイトルのひとつでもある初代『脳トレ』です。

『脳トレ』では、「計算」などの簡単なトレーニングを毎日繰り返し行うことで、脳を活性化し、「脳年齢」をチェック。脳年齢はグラフ表示され、実際にどのぐらい効果が表れているのかもチェックすることができます。セーブデータは、Wii Uに登録されたユーザーごとに管理されるほか、1ユーザーにつき4つのセーブデータが作成できます。

また、本作の画面はWii U GamePadを縦持ちのニンテンドーDSに見立て、2画面分を1画面に描写。タッチペンを使用して、縦持ちのニンテンドーDSさながらにプレイすることが可能です。もちろんゲームのプレイ画面はテレビ画面にも表示されます。

尚、本作は6月30日までの期間限定配信となっており、7月1日以降配信停止となるのでご注意ください。

◆無料配信キャンペーン

対象タイトル:『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』
配信期間:2014年6月4日(水)~6月30日(月)
価格:無料

※2014年7月1日(火)以降は配信が停止となります。また現時点での発表では再配信については明らかになっていません。
※本作では、「VCメニュー」「中段ポイント」「まるごとバックアップ」など一部の機能が利用不可となっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ニンテンドーDSでブームを巻き起こした初代『脳トレ』。久しくプレイしていなかった人も、無料配信のこの機会にぜひ「脳年齢」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

今後のWii UバーチャルコンソールにおけるニンテンドーDSソフトのラインナップにも期待です。

『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』は、期間限定配信中で、価格は無料です。

(C)2005 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  2. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  3. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

    「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  4. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  5. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  6. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  7. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  8. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

  9. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  10. ミュウ含む限定ポケモン4種がセブンイレブンでもらえる「ポケモンラリー2017」が開催決定!

アクセスランキングをもっと見る