人生にゲームをプラスするメディア

データホテルとスクエニHDが新クラウドゲーム技術活用の共同研究を開始、本格的なクラウドゲーム配信の時代到来を見据え

データホテルは、スクウェア・エニックス・ホールディングが開発した新クラウドゲーム技術を活用した共同研究を開始したと発表しました。

ゲームビジネス 開発
スクウェア・エニックスが開発するクラウドゲーム技術「Project FLARE」
  • スクウェア・エニックスが開発するクラウドゲーム技術「Project FLARE」
データホテルは、スクウェア・エニックス・ホールディングが開発した新クラウドゲーム技術を活用した共同研究を開始したと発表しました。

クラウドゲーミング分野におけるインターネットインフラへの取り組みにも注力しているデータホテル。今回、スクウェア・エニックス・ホールディングスのインフラパートナーとして、新クラウドゲーム技術を国内で初めて実装し、ゲーム配信に最適なインフラ環境を開発する共同研究が開始されました。

今回実装される新クラウドゲーム技術は、昨年「Project FLARE」という名前で発表されたプロジェクト。特許技術によりクラウドをユニークな構造で構築することで処理効率を向上させ、スーパーコンピューター並みのゲーム体験を可能にする技術、とのことです。この技術を駆使してゲームを配信する際には、高度なビジュアル表現を可能にするクラウドサーバ側のハードウェアリソースの配備と、そのサーバで描画した高画質なゲーム映像を安定した品質で配信するネットワークおよび運営ノウハウが必須となり、両社の得意とする分野が上手く噛み合った形となっています。

今回の新クラウドゲーム技術によるパブリックインターネット上での配信検証は、世界初のこととなります。両社は、制作した高画質ゲームが日本国内のインターネット環境で提供可能なことをいち早く検証・証明したいとしています。

この共同研究にて得られた成果で、クラウドの特性を最大限に活かしたゲーム制作が可能になると期待され、今後の展開に注目が集まりそうです。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

    『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

  2. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

    【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  3. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  4. 800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 和田洋一氏、スクウェア・エニックスとの契約を終えシンラ・テクノロジーでクラウドゲームに専念

  7. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  8. 『塊魂』の高橋氏がゲーム業界を去る ― 「悲しい」「好きなことをして欲しい」と海外の声

  9. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  10. ユーリの騎士団時代を描く『テイルズ オブ ヴェスペリア』劇場用アニメ

アクセスランキングをもっと見る