人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲーマーの声】『Call of Duty:Ghosts』PS4とXbox Oneでの売り上げ1位、欧米での反応は

ゲームビジネス 市場

NextGenNoseがCharlie Intelに投稿した画像
  • NextGenNoseがCharlie Intelに投稿した画像
  • Astro0810がIGNに投稿した画像
  • An_Insane_CowがIGNに投稿した画像
Activisionは先日2014年Q1のセールス結果を報告し、PS4とXbox One全タイトル中で『Call of Duty:Ghosts』の売り上げが北米で1位を記録したことを発表しました。同シリーズの首位はこれで5年連続。海外の情報サイトではFPSゲーマーたちが様々な反応を見せています。

最も多く見られたのは信じられないとの声で、従来の作品とは異なる毛色である本作に難色を示したユーザーは少なくないようです。一方で、「鬱だ……」「賢いのはWii Uユーザーだけかよ」「Oh god!!!」という悲観的な意見のほかに、「Ghostsは最高のゲームさ! バンドワゴン効果で次回作が出るまでCoDアンチがホイホイ飛びつくからな。ホントは好きなんだろ!」と好意的な声もありました。

その他、「次世代機のタイトルが過疎ってるんだから別に驚くことじゃない」といった冷静な見方も目立ちます。さらに、「アンチどもには甚だ不思議でならない。どいつもこいつもGhostsはクソって言うけど、実際GTAやTitanfall、BFに勝ってる。俺はGhosts好きだ。ベストじゃないけど、みんなが言うほど悪くない」という肯定的な意見に対して、「嫌いなもんは嫌いなんだよ」とバッサリ切り捨てる声もありました。

各作品の完成度やユーザーの嗜好によって賛否両論ありますが、『Call of Duty』シリーズという長年にわたり築き上げられたブランド価値は非常に大きく、新作をリリースするたびに一定の売り上げを保持していることは事実です。

その知名度は以前紹介したように、米ヒップホップMCのSnoop Doggが作品制作に関わりたいとオファーを快諾するほどで、定期的に開催されるチャンピオンシップでは多額の優勝賞金が用意されています。先日にはシリーズ次回作となる『Call of Duty:Advanced Warfare』に関する情報が次々と飛び出し、CoDブランドのさらなる発展から目が離せません。このシリーズ、どこまで続くのでしょうか。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  2. 【CEDEC 2010】2000万人を魅了するソーシャルゲームの作り方

    【CEDEC 2010】2000万人を魅了するソーシャルゲームの作り方

  3. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

    『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  4. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  5. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  6. 『Mr.インクレディブル』の続編が発売決定

  7. VRコントローラー「Oculus Touch」海外発売日と価格が発表

  8. ジェダイ体験できる「スター・ウォーズ」のVRゲーム『TRIALS ON TATOOINE』映像公開

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

アクセスランキングをもっと見る