人生にゲームをプラスするメディア

【Unite Japan 2014】「Project Morpheus」もUnityに対応へ!国内初披露のデモも

ソニー PS4

Unity for PSMでユニティちゃんを表示したデモ。SCE多田浩二氏
  • Unity for PSMでユニティちゃんを表示したデモ。SCE多田浩二氏
  • Unity for PS4のデモ
  • PS4でもスムーズに動作していた
  • Project Morpheusにも対応予定
  • SCEの秋山氏
  • Project Morphuesを装着した様子
  • スクリプトを組み込むことで簡単に対応が可能という
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、Unite Japan 2014の二日目「Unityで開発するPlayStationプラットフォーム向けゲームタイトル」と題した講演を行い、直近での取り組みや各種デモの紹介を行いました。先日のGDCで発表されたばかりのProject Morpheusも日本で初めてお披露目されました。

SCEとUnityではグローバルパートナーシップを結び、現行の全プラットフォームでUnity対応が順次進められています。PS4/PS3/PSVitaでは法人契約が必要ですが、PS Mobileでは個人でも開発が可能です。最近ではVitaやVita TVでのプレイにも対応し、ゲーム機上でも個人が制作したゲームが提供できる環境が整ってきました。

「Unity for PSM」は先日終了したクローズドβに続いて、パブリックプレビューが本日から全デベロッパーを対象に開始。残念ながら現時点ではマスター提出はできませんが、夏頃には正式版がリリースされる予定。こちらで制作されたタイトルはAndroidでは動作せず、PS Vita/Vita TVのPS Store限定となります。また、Unityのライセンスを既に取得しているデベロッパーは実質的に無償で利用ができる形になります。

セッションの後半では複数のデモが実施されました。先日のGDCで公開されたVRヘッドセット「Project Morpheus」も日本国内で初披露。まずはPS4向けのUnityを使ってSCEとNASAが共同で開発したという『"The Mars"』。これは火星探査機によってもたらされた表面データを使い、火星を歩く体験ができるというもの。



また、Project Morpheusではデモ用のFPSをVR対応したデモも紹介。同社の秋山賢成氏によれば、ゲームに僅かなスクリプトを組み込むだけでProject Morpheusへの対応ができるとのこと。「SCEもVRの世界に飛び込んで、皆さんと一緒に新しい世界を作っていきたいと思っています」と話していました。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』×『ストV』コラボ第三弾決定! 「殺意の波動に目覚めた龍」で新防具をゲット

    『モンハン:ワールド』×『ストV』コラボ第三弾決定! 「殺意の波動に目覚めた龍」で新防具をゲット

  2. 『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

    『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

  3. 『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

    『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

  4. 『モンハン:ワールド』×『デビルメイクライ』コラボDLC配信日が決定!受付嬢の「春麗コスチューム」も紹介

  5. PS4DL版『ニーア:オートマタ』も50%オフ!Steam版に続きシリーズ8周年記念セール開始

  6. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  7. 『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

  8. PS4『Detroit: Become Human』無料体験版が配信―プレミアムエディションの情報も

  9. 『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』重要なキーワードやメンバーのプロフィールを一挙公開

  10. 『ニーア オートマタ』発売1周年記念―ストーリーもキャラもバトルもBGMもいくらでも語り合いたい座談会【ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る