人生にゲームをプラスするメディア

【Unite Japan 2014】「Project Morpheus」もUnityに対応へ!国内初披露のデモも

ソニー PS4

Unity for PSMでユニティちゃんを表示したデモ。SCE多田浩二氏
  • Unity for PSMでユニティちゃんを表示したデモ。SCE多田浩二氏
  • Unity for PS4のデモ
  • PS4でもスムーズに動作していた
  • Project Morpheusにも対応予定
  • SCEの秋山氏
  • Project Morphuesを装着した様子
  • スクリプトを組み込むことで簡単に対応が可能という
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、Unite Japan 2014の二日目「Unityで開発するPlayStationプラットフォーム向けゲームタイトル」と題した講演を行い、直近での取り組みや各種デモの紹介を行いました。先日のGDCで発表されたばかりのProject Morpheusも日本で初めてお披露目されました。

SCEとUnityではグローバルパートナーシップを結び、現行の全プラットフォームでUnity対応が順次進められています。PS4/PS3/PSVitaでは法人契約が必要ですが、PS Mobileでは個人でも開発が可能です。最近ではVitaやVita TVでのプレイにも対応し、ゲーム機上でも個人が制作したゲームが提供できる環境が整ってきました。

「Unity for PSM」は先日終了したクローズドβに続いて、パブリックプレビューが本日から全デベロッパーを対象に開始。残念ながら現時点ではマスター提出はできませんが、夏頃には正式版がリリースされる予定。こちらで制作されたタイトルはAndroidでは動作せず、PS Vita/Vita TVのPS Store限定となります。また、Unityのライセンスを既に取得しているデベロッパーは実質的に無償で利用ができる形になります。

セッションの後半では複数のデモが実施されました。先日のGDCで公開されたVRヘッドセット「Project Morpheus」も日本国内で初披露。まずはPS4向けのUnityを使ってSCEとNASAが共同で開発したという『"The Mars"』。これは火星探査機によってもたらされた表面データを使い、火星を歩く体験ができるというもの。



また、Project Morpheusではデモ用のFPSをVR対応したデモも紹介。同社の秋山賢成氏によれば、ゲームに僅かなスクリプトを組み込むだけでProject Morpheusへの対応ができるとのこと。「SCEもVRの世界に飛び込んで、皆さんと一緒に新しい世界を作っていきたいと思っています」と話していました。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』お気に入りの“報酬画面”、見せてください!

    『モンハン:ワールド』お気に入りの“報酬画面”、見せてください!

  2. 『モンハン:ワールド』武器・アイテムのアイコンをイメージしたグッズが2月22日発売!

    『モンハン:ワールド』武器・アイテムのアイコンをイメージしたグッズが2月22日発売!

  3. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

    「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  4. 『北斗が如く』秘孔を突きまくり、バギーで爆走!でかいババアにも会える体験版をプレイ

  5. 狩りが捗るかも!『モンハン:ワールド』全ハンターに知ってほしい10の豆知識

  6. 時間帯で印象も違う?『モンハン:ワールド』の絶景・名所ー「陸珊瑚の台地/瘴気の谷」編

  7. 『モンハン:ワールド』の絶景・名所―「調査拠点/古代樹の森/大蟻塚の荒地」編

  8. 『CODE VEIN』重要キャラクター「クイーン」の詳細や主人公の過去などが判明!

  9. もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾

  10. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る