人生にゲームをプラスするメディア

海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定

ソニー PS3

『Rainbow Moon(レインボームーン)』
  • 『Rainbow Moon(レインボームーン)』
  • 海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定
  • 海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定
  • 海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定
  • 海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定
  • 海外で人気のオープンワールドSRPG『レインボームーン』日本発売決定
海外で人気のオープンワールドタイプのシミュレーションRPG『Rainbow Moon(レインボームーン)』の日本版発売が決定しました。対応機種はPS3、PS Vitaとなります。

―ライバルの呪いにより、未知の惑星・レインボームーンへ飛ばされてしまったバルドレン。モンスターの侵入を許す扉・ポータルまで開いてしまったことで、今まで平和だった世界は間もなく戦場に変わってしまう……。バルドレンに残された選択肢はただ一つ。ポータルを封鎖し、故郷へ帰る方法を見つける事―

海外で高い評価を得たシミュレーションRPG『Rainbow Moon(レインボームーン)』は、日本産タイトル風の親しみやすいキャラクターデザイン、ゲーム音楽らしいメロディラインが美しいBGM。そして、自由度の高い、オープンワールドなフィールドとキャラクタービルド、ド派手なバトルエフェクトやターン式バトルを中心とする戦略性の高い戦闘システムなどが魅力のタイトルです。

6人のプレイアブルキャラクターの武器と装備は全てアップグレード可能で、アンロック出来るスペシャルスキルは120個以上。実力を試せる20のダンジョン、全50のトロフィー、サブクエストをコンプリートすればプレイ時間は100時間を超えるというヤリコミ系ゲームでもあります。

さらに、PS3とPS Vita間でのクロスセーブ機能に対応するうえ、1度の購入でPS3版とPS ita版の両方が遊べるクロスバイにも対応します。プレイヤーの生活スタイルに合わせたプレイが可能であるのは嬉しいところですね。

配信は4月3日が予定されています。トレイラー映像とあわせてチェックしてみてください。



(C) 2011-2013 Eastasiasoft Limited. All Rights Reserved.
《Ami》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明が描いた「人造人間21号」をお披露目! CVに桑島法子を起用─映像&実機プレイで綴るステージをレポート

    【TGS2017】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明が描いた「人造人間21号」をお披露目! CVに桑島法子を起用─映像&実機プレイで綴るステージをレポート

  2. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

    【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  3. 『仁王』有料DLC第三弾「元和偃武」配信開始!ゲーム本編が40%OFFになる記念セールも

    『仁王』有料DLC第三弾「元和偃武」配信開始!ゲーム本編が40%OFFになる記念セールも

  4. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  5. 【TGS2017】石川界人や開発陣が『CODE VEIN』を実演プレイ! 白熱バトルや細かすぎるキャラメイクなどをたっぷりお披露目─今後の試遊予定も発表

  6. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

  7. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  8. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  9. 『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

  10. 『ドラゴンボール ファイターズ』公式HPに各キャラクターの性能や特徴などをまとめた、紹介ページがオープン

アクセスランキングをもっと見る